「楽天いどうとしょかん」北海道で運行をスタート。本と電子書籍を貸し出し

「楽天いどうとしょかん」北海道で運行をスタート。本と電子書籍を貸し出し

2015年10月27日

 小学生の時に移動図書館で本を借りた経験のある人は多いのではないだろうか
今月28日より、ネット通販大手の楽天がその移動図書館サービスを北海道で開始する。

楽天が福島や群馬など4県ですでに展開している「楽天いどうとしょかん」事業を北海道で拡大する形となる。移動図書車は、「ITを活用した地域活性」をテーマに運行に取り組み、北海道全土を巡回。車内に絵本や児童書、図鑑や小説、レシピ本など約1200冊を並べるほか、漫画や図鑑など40冊分の電子書籍がダウンロードされている端末20台も貸し出す。

一度貸し出しを行った地域は、原則2週間後に再度訪問し、返却してもらう仕組み。巡回時に利用者登録すれば、自宅のパソコンやモバイル端末から電子書籍を借りることもできるという。

本事業は、地域に密着型で子どもたちに喜ばれる本と同時に、電子書籍も貸し出すという、楽天らしさと強みを活かした事業といえるだろう。電子書籍の競合Amazonには真似できない方法で電子書籍の普及を目指す同社の今後に注目したい。

引用元:北海道新聞WEB:http://bit.ly/1kKwnl7
楽天HP「楽天いどうとしょかん」 http://bit.ly/1LZ0jEj





» page top