『クレしん』映画最新作が完全マンガ化!『爆睡!ユメミ―ワールド大突撃』

『クレしん』映画最新作が完全マンガ化!『爆睡!ユメミ―ワールド大突撃』

2016年5月31日

2016053001
※画像はamazon商品ページより

 2016年4月16日より絶賛公開されている『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミ―ワールド大突撃』が、映画公開と同時にコミック化されている。映画の面白さと勢いがそのままつまった1冊になっている。

今回の話は、夢がテーマで、野原一家がそれぞれ幸せな夢を見ているところから始まる。
野原ひろしの夢は、スーパーCEOマンになって「銀座のホステス名刺手裏剣」を投げて悪いやつを倒すというものであり、まあ、毎夜楽しい夢が見られる。ところが、そんな素晴らしい夢は突如現れた巨大な魚に食われてしまう。朝の食卓で一家全員が、みんなで同じ夢を見ていたということに気づくのだ。そして、しんのすけがふたば幼稚園にいくと風間くん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんらも同じ夢を見たという。そこへ突如、入園してきたのが貫庭玉(ぬばたま)サキだった…。

カラフル&ポップな夢の世界の中に潜むどこか不気味な世界観“ユメミワールド”。いつも以上にオバカながらも、どこか感動的なファンタジックなアドベンチャー活劇な『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミワールド大突撃』。
公開している映画館は減ってきたが、コミックならいつでも、電子コミックならどこでも楽しめる!

また、2016年4月にテレビアニメ25年目に突入した『クレヨンしんちゃん』はこれを機に伝説のキャラクター「ぶりざえもん」が、16年ぶりに復活することが決定。
ぶりぶりざえもんは、『クレヨンしんちゃん』の主人公・野原しんのすけのお絵描きから生まれた“救いのヒーロー”。
しかし、ヒーローでありながらたった3時間しか稼働できない上に高額なおたすけ料を請求し、「私は常に強い者の味方だ」と言ってあっけなく敵に寝返ってしまう、清々しいほどの卑怯者だ。そのナンセンスさから人気を博し“クレヨンしんちゃん外伝”ともいえる『ぶりぶりざえもんのぼうけん』シリーズができてしまうほどの名物キャラクターである。
2000年、声優を務めていた塩沢兼人さんが不慮の事故により他界。以降、ぶりぶりざえもんがアニメに登場することはあってもセリフなしの出演となっていたが今回25周年を機に復活し、新声優は神谷浩史に決定した。

映画公開に名物キャラクターの復活と何かに話題の『クレヨンしんちゃん』の今後の展開に注目だ。

<書籍詳細>
■映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃[電子版]
■著= 臼井儀人 , 高田ミレイ
■Kindleリンク:http://amzn.to/1TRT0Ci
■楽天kobo:http://bit.ly/27YCQNv
■Yahooブックストア:http://bit.ly/1sGxVQH

<内容紹介>
2016年4月公開の映画クレヨンしんちゃんをマンガ化!
夜眠ると、誰もが「みたい夢をみられる」不思議な現象がカスカベで起こる。
ワクワク楽しい夢の世界で、野原一家もカスカベ防衛隊もハイテンション!
しかし、徐々に恐ろしい「悪夢」しか見れなくなる人が増えていき…!?
みんなの夢を、そして大切な人を守るため、しんのすけが立ちあがる!

【参照】
yahooニュース:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160527-00010710-davinci-ent
animate times:http://bit.ly/1U6RXu5





» page top