【訃報】作家の野坂昭如さん死去 最期まで平和への強い思いを貫く

【訃報】作家の野坂昭如さん死去 最期まで平和への強い思いを貫く

2015年12月11日

51PNXH89K8L._SX356_BO1,204,203,200_
書影:Amazon.co.jp

作家の野坂昭如(のさか・あきゆき)さんが12月9日夜、心不全のため死去した。85歳だった。

野坂昭如さんは、63年に「エロ事師たち」で文壇デビュー。68年には「アメリカひじき」「火垂るの墓」で第58回直木賞を受賞した。また、作家だけでなく、政治家、歌手としてとしても活躍。多彩な顔を持ち合わせていた。

新潮社によれば、野坂さんは新潮社の月刊誌「新潮45」に平成19年から100回以上に渡って連載を続けており、最新号のための原稿が9日午後3時半ごろ、ファックスで編集部に届いていたという。

野坂さんは平成15年に脳梗塞で倒れ、体が不自由になってからは、口述した原稿を家族が文字に起こす形で執筆活動を継続。原稿は日記形式で、野坂さん自身の近況のほか、12月8日の太平洋戦争の開戦の日にちなんで戦争や平和について書かれ、亡くなる直前まで、平和への強い思いを持ち続けていたことがうかがえたという。

Amazon.co.jp: 野坂 昭如:作品一覧、著者略歴

引用元:NHKニュース





» page top