81z-NrAT4EL._SL1500_

スティーブ・ジョブズの言葉―愛について、仕事について、インスピレーションについて、そして死について【電子書籍】

スティーブ・ジョブズの言葉―愛について、仕事について、インスピレーションについて、そして死について【電子書籍】

著者 ページ数 クチコミ評判
国際文化研究室 128ページ ★★★★★

スティーブ・ジョブズの名言の数々から学べる1冊

1976年、21歳の若さで自作のコンピュータ、「AppleⅠ」を開発したスティーブ・ジョブズ。自宅のガレージからわずか2人でアップルコンピュータを設立し、アメリカでトップクラスの一流企業にのし上がっていく。
順調だった人生が一転、自らがスカウトした共同経営者に会社を乗っ取られ、アップルを追い出されてしまう。
しかし、決して挫折をすることなく、アニメーション会社ピクサーの設立など、精力的に働き続け、再びアップルのCEOとして復帰。
iMacという新たなコンピュータを提案し、またipodとiTunesというサービスによって新たな音楽の市場を確立し、iPhoneという携帯端末によって我々の生活に大きな変化をもたらしたのである。
栄光と挫折、そして再び立ち上がり、全世界に名を馳せる経営者となった人生は、正にアメリカンドリームを象徴するサクセスストーリーだ。
経営者として、また一人の技術者として、人生における成功や失敗の中で、独特な発想から生まれた名言の数々。日々の中で抱える様々な問題や、うまく行かない自分に悩んでいる読者に、現状を打破する気づきを与える一冊。

電子書籍ランキング.com 編集部T

『スティーブ・ジョブズの言葉―愛について、仕事について、インスピレーションについて、そして死について』みんなの感想

◆自信に満ち溢れる言葉の数々

テーマ別に分かれていて、様々なシーンでの名言とその背景が書かれていて、抽象的な表現になっているものについてもわかりやすく解説されている。紹介されている言葉に共通して感じるのは、圧倒的な自信だ。それは自分の考え方の通りに行動し、成功を収めてきたという実績であり、失敗をしても自分を曲げずにベストを尽くしたという満足感でもあると思う。自分に自信を持つために、明確な目標を持って信念を曲げずに生きることの大切さを教わった。

◆信念と誇りを持って生きることの強さ

成功だけでなく、失敗した時の名言も掲載されています。会社を大きくすることでもなく、莫大な金を得るためでもなく、「世界一のパソコンを作る」という信念を掲げ、一切の妥協を許さずに、自分が正しいと思った事に挑戦を続ける姿勢に憧れます。何より、その信念があるからこそ、自分の仕事に誇りを持てるし、好きだから辛い事でも我慢して続けられると述べられている事に説得力があり、今一度、自分の生き方を見つめ直すきっかけになりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



» page top