81zjyjtZ9rL._SL1500_

ドロシーおばさんの大事なことに気づく【電子書籍】

ドロシーおばさんの大事なことに気づく【電子書籍】

著者 ページ数 クチコミ評判
ドロシー・ロー・ノルト、加藤諦三 (著) 141ページ

人生に悩める人に捧げる詩

 感受性の豊かさは才能だ。一つの言葉から十汲み取れる人間もいれば、その言葉を全く理解できない人もいるだろう。
本書の原作者(※)であるドロシー・ロー・ノルト氏の教育本「子どもが育つ魔法の言葉」は日本でも100万部を超える大ベストセラーとなっている。彼女の詩はシンプルで美しい。しかしそれゆえ読者によってさまざまに解釈され、彼女の伝えたいことがきちんと読者に伝わっているのか、という懸念はある。
そのドロシー・ロー・ノルト氏の詩を独自の解釈で読み解いたのが本作の著者、加藤諦三氏である。心理学を専門とする加藤氏は、ニッポン放送のテレフォン人生相談を長年担当し、特に家族の人間関係相談を得意とする。その傍ら、ハーバード大学の客員研究員も務めている。自身の著作も膨大であるが、特にアメリカの研究を翻訳し、日本に紹介してきた実績がある。
 多くの人が悩み、間違えている「大事なこと」とは? 加藤氏自身が自分探しの結果気づいた「大事なこと」とは? この本を読み終えたときには、きっとあなたも「大事なこと」に気づいているはずだ。

(※ 本書は米国の教育学者、ドロシー・ロー・ノルト博士の20行詩「大事なことに気づく」を、加藤諦三氏が、精神分析の知見から読み解いたものである。)

みんなの感想

◆普段は詩を読まない人にオススメ

冒頭の詩はさっと読んでしまい「ふーん、そうなんだ。」程度にしか思わなかったです。でもそのあとの加藤諦三さんの言葉一つ一つに考えさせられ、いつもの読書の倍は時間をかけてじっくり読みました。どういう人が大事なことに気づかないのか、どういう人が大事なことに気づいているのか。実際のさまざまな人間関係の話は、加藤さんの長い人生相談経験が活かされていてすごく納得できました。普段は詩を読まない人でも楽しく読めると思います。

◆子供と一緒に読みたい英語

本の最初に原文のままの詩が載っています。英語が話せない私でも辞書なしでそこそこ読めたので、きっと中学生レベルの簡単な英語なんだろうと思います。原文のあとに日本語訳が出てくるのですが、自分の解釈(直訳)との違いに驚きました。原文と日本語訳を併せてようやく意味を理解した感じです。英語に限らないことですが、学校で学ぶことと解釈のセンスは別なんだなと実感しました。自由に英語の原文が読めるように、子どもがもう少し成長したら一緒に読みたい本です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



» page top