国立国会図書館、電子書籍・電子雑誌の収集実証実験を開始

国立国会図書館、電子書籍・電子雑誌の収集実証実験を開始

2015年12月4日

dbdemo_01

国立国会図書館は12月1日より、電子書籍・電子雑誌の収集実証実験を開始した。

今回の実験は日本電子書籍出版社協会の協力のもと、2020年1月末までを目処に行われ、「電子書籍・電子雑誌の収集及び長期的な保管・利用の技術的検証を行うこと」と「国立国会図書館内で電子書籍・電子雑誌を閲覧に供することによる電子書籍・電子雑誌ビジネスへの影響の検証や納入時の費用の調査分析を行うこと」の2点を目的としている。実験が順調に進めば、今後3年以内に約800冊の電子書籍が国会図書館で閲覧可能になる見込み。また利用者へのアンケートなども実施される予定だ。

国会図書館は現在、無償かつDRM(技術的制限手段)のないものに限定して電子書籍の収集を行っているが、実験の結果次第では、法改正を含めた大幅な方針の見直しも検討されるだろう。

引用元:国立国会図書館―National Diet Library





» page top