大島弓子さんの『グーグーだって猫である』が待望の電子書籍化

大島弓子さんの『グーグーだって猫である』が待望の電子書籍化

2016年4月29日

d7006-2322-333586-1
画像はPR TIMESより

 KADOKAWAは、『本の旅人』で連載され、第12回手塚治虫文化賞短編賞も受賞した大島弓子さん作の『グーグーだって猫である』(角川文庫 全6巻)が、4月25日に全巻電子書籍化されたことを発表した。

かけがえのない“家族の一員”である猫との何気ない日常を描いた本作。
2008年に小泉今日子さん主演(監督・犬童一心)で映画化され、2014年にWOWOW「連続ドラマW」枠にて宮沢りえさん主演でドラマ化された。
今年の6月11日よりWOWOW「連続ドラマW」枠で、その続編となる「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」が放送される予定。

これを機に、ドラマの放送の前に電子書籍化された本作をで読みなおしておきたい。

【参照】
PR TIMES:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002322.000007006.html
マイナビニュース:http://news.mynavi.jp/news/2016/04/27/137/





» page top