天涯孤独 女子小学生が営む江の島の食堂

天涯孤独 女子小学生が営む江の島の食堂

2016年5月27日

バナー

松下幸市朗『このマンガがすごい! comics ひとり暮らしの小学生 江の島の夏』が、2016年5月25日(水)に宝島社より刊行された。本漫画は、著者が個人的にKindleで刊行していた作品で、2014年に電子書籍でリリースされ、同年Kindleストアの「4コマ部門」ランキング1位に輝いた。その後、現在に至るまで16カ月連続1位を継続している。

同作は、1980年代の江の島を舞台に天涯孤独の9歳の女の子が、1人で食堂を営みながら明るく元気に、貧乏だけど一生懸命生活する、ほろりと泣けて、ほっこりと笑えるほのぼのフルカラー4コマ漫画。今回、物語の初めからクリスマス編までを収録しており、書籍版には、電子書籍版に収録されていなかったクリスマスの追加エピソードと後日談「ひとり暮らしの中学生」が掲載されている。

作者の松下幸市朗先生は京都在中のクリエイター。宝島社刊の『ひとり暮らしの小学生 江の島の夏』で単行本デビュー。2016年になりTwitterにて『ひとり暮らしの小学生 江の島の夏』の主人公、鈴音リンの日々を川柳で綴る「リンちゃんの 日々の川柳 カレンダー」を描いている。

現在「このマンガがすごい!WEB」サイトで第一話「小学生の定食屋」を掲載。第二話は5月27日、第三話は6月3日に公開を予定されている。

<書籍概要>
■書籍名:ひとり暮らしの小学生 江の島の夏
■著者名:松下幸市朗
■発売日:2016年5月25日
■Amazonリンク:http://amzn.to/22pLJvB

<内容紹介>
『このマンガがすごい!』編集部がおくる最強WEBコミック!
累計300万PV & Amazon 「Kindleストアランキング4コマ部門」で16カ月連続1位継続中の大人気フルカラーコミックがついに書籍化!
「せつなくて泣ける! 」「心が洗われる! 」と話題になった本マンガに、作中で描かれていなかった新エピソードや続編「ひとり暮らしの中学生」を収録。

――時は1980年代。神奈川県の江の島では、9歳の女の子がひとりで食堂を営みながら懸命に生活していたのでした……。
貧乏だけど明るくてかわいい主人公・リンちゃん。ほがらかに生活する姿に、ほろりと泣けて、ほっこりと笑えるほのぼのストーリー。

関連リンク
このマンガがすごい!WEB :http://bit.ly/20EaH8Y





» page top