第5回「男女の最初のひと言が、恋愛のカギを握る!」

ゴールドフィンガー加藤鷹の恋愛講座

第5回「男女の最初のひと言が、恋愛のカギを握る!」

2016年5月5日

前回は、相手の連絡先を聞き出すテクニックを教わった。
でも、連絡先を聞いただけじゃ「何から話せばいいんだろう?」って子は多いはずだ。
今回は、恋愛のカギを握る最初のひと言のかけ方、受け方を学ぶ。

すべての恋愛は「質問返し」から始まる

たとえば、オレ、加藤鷹が女の子に
「週末、何をしているの?」
って聞いたとする。
そのとき、相手の女の子が
「週末ですか? 何もしてません」
と答えたら、オレはもうそれ以上、その子に話しかけたくなくなると思うね。

だってさ、「何もしてない」ってことはないはずでしょ?

どこにも外出しなくたって
「家でずっとテレビ見てましたよ」
とか
「ずっと寝ちゃいましたよ」
って言ってくれれば、こっちだって
「あ、そうなの? 何のテレビ見たの? あ、オレも見たよ!」
って具合に、会話が進んでいくわけ。なのに、
「何もしてません」
って言われちゃうと、こちらとしても
「あ、そう」
で会話は終了しちゃう。
それに、「会話のラインを作っていくのはオトコの役目」だと思っているオトコって意外と多い。
だからこそ、「何もしてません」なんて言われちゃうと、「あ、この子はオレと話をしたくないんだな」とか「あ、バリアを張ってるんだ」と思ってしまうんだ。

そう考えると、男女がはじめて会話するときの、最初のひと言ってとても大切だよね。
どんな返しをするかで、次の会話につながるか、さらには、恋愛へ発展するかが決まるといえる。
それに、もともとオトコという生き物は、好きなオンナの前だと、すごくセンシティブになってしまう弱い生き物。
だからこそ、そういうオトコの気持ちを汲んであげることができる人は、いいオンナだと思うし、モテる。

さらに欲をいっちゃうと、オトコは自分のことを質問されるのが好き。
たとえば、
「週末何をしていたの?」
と聞かれ、
「私は買い物をしていたのよ」に加えて、
「○○くんは何してたの?」
って質問返しをしてあげる。

この「○○くんは?」という質問返し1つで、オトコの緊張は一気にほどけるんだ。
オトコは、「あ、この子はオレに興味をもってくれているんだ」と思って、胸を撫で下ろすというわけ。
ホント、オトコって単純でしょ?

もし、気になる相手に話しかけられたら、絶対に「質問返し」するべき。
すべての恋愛は、そういうちょっとしたひと言から始まるんだから。

引用:『加藤鷹の恋愛奥義』
(次回5月12日「友人から恋人へ発展させるには?」を掲載予定)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

加藤鷹加藤鷹 タレント・元AV男優
1959年秋田県秋田市生まれ。 元AV男優であり、AV界のカリスマとして男性のみならず女性の間でも絶大な人気を博し、出演本数は15,000本、共演女優は8,500人を超える。その多くの経験から語られる「愛と性」に関する言葉は、本質を鋭く衝いており、多くのファンを獲得。TVのバラエティ番組などをはじめ、講演会など幅広く活躍、また、エイズ啓発活動など積極的に社会貢献活動も行っている。 2013年、引退を表明を表明し、現在はタレント活動や著述活動を行っている。

加藤鷹先生の著者

過去記事はこちら!

第11回「二人の距離感を見直そう~「毎日が間違い探し」精神のすすめ~」

前回は「マンネリ」の原因を学んだ。今回は加藤鷹流の「マンネリ」にならないための最大の対処法を学ぶ。 これさえ実行しておけば、「マンネリ」は防げると言っても過言ではない。 「毎日が間違い探し」の気持ちがあれば、マンネリは起こらない いろんなカップルや夫婦の話や悩み相談を聞く機会...(2016年06月16日) >もっとみる

第10回「なぜ、マンネリは起きるのか?~マンネリの仕組みをしる~」

 前回は「マンネリ」の対処法を学んだが、「マンネリ」はいつか来るものとしてつき合ってもつまらない。なぜ、「マンネリ」になってしまうかの原因を知ることが、「マンネリ」にならないための最大の対処法だ。 相手の微妙な変化や違いをキャッチできない人はキケン  マンネリの根本は、相手に飽きることから始まる。...(2016年06月09日) >もっとみる

第8回「体格はその人のキャラをあらわす!?~お尻の小さい女は神経質?~」

 今回は、恋愛のテクニックではなく体格別によるキャラ診断がテーマ。多くの人と裸の付き合いをしてきた加藤鷹ならではの統計に基づいているので、当たっている可能性は高い! マッチョはM、おデブは淡白、お尻の小さい女は神経質  血液型が当たっていると思うのは、占いではなくて統計学だからだ。...(2016年05月26日) >もっとみる

第6回「友達から恋人へ発展させるには?」

前回は、恋愛に繋がる声のかけ方、受け方を学んだ。 しかし、連絡先の聞き方や声のかけ方を学んでも、それだけではまだまだ恋愛に繋がる可能性は低い。 ただ、友達や同僚としてつき合ったり、一緒にいる過程で他人に明かしていない秘密を共有することで、恋愛対象として意識され...(2016年05月12日) >もっとみる

第4回「連絡先を上手に交換する方法とは?」

前回は、恋愛するためには頭を柔軟にする必要があることを学んだ。 今回からいよいよ相手を自分のモノにするためのテクニックを伝授! 連絡先を教えられて、喜ばないオトコなんていない! お気に入りのカレの連絡先を教えてほしいと思ったとき、キミならどうしてる? オレ、加藤鷹の知り合いの女の子...(2016年04月28日) >もっとみる

第3回「日本の人口の半分は「恋愛対象」だと思え!」

前回は、「好きな体位」からその人の性質がわかるという話だった。 今回は、良い恋愛するための考え方を教わる。 的の広さとマタの広さはイコールじゃなきゃダメ! 「私って、なんで彼氏ができないんだろう……?」 って悩んでいる子がいるよね。...(2016年04月21日) >もっとみる

第2回「好きな体位で全ての性質がわかる」

前回は、1回目として「女性のやりたいサイン」、「男性のやりたいサイン」の見分け方を学んだ。是非、実践で使ってみて欲しい。 第2回は、好きな体位からその人の性質を見抜くコツを加藤鷹氏から伝授してもらう。 バック好きな女は妄想型、騎乗位好き女は主導権型、フェラ好き女はM 僕、加藤鷹は共演するAVの女優さんに、撮...(2016年04月14日) >もっとみる

第1回「したい女のしぐさと行動はこう見破れ」

これから毎週、「ゴールドフィンガー加藤鷹の恋愛講座」と題して、コミュニケーション下手な男性、さらには女性に向けて加藤鷹流の恋愛テクニック、観察眼を紹介していく。 女性の扱いにかけては超一流の加藤鷹氏が伝授する恋愛テクニックを武器にどんどん素敵な恋愛をしていって欲しい。...(2016年04月07日) >もっとみる


» page top