米アマゾン、最大400店の書籍実店舗を計画か

米アマゾン、最大400店の書籍実店舗を計画か

2016年2月3日

 ロイター通信によると、米アマゾンは米国において最大400店の書籍実店舗の出店を計画していると米ショッピングモール運営ジェネラル・グロース・プロパティーズのサンディープ・マスラニ最高経営責任者が明らかにしたという。

今回の報道はアマゾンの公式な発表によるものではないので確かかどうかは不明だが、同社がオンラインでの販売だけではなくリアル店舗での販売を強化しようといるのは確かのようだ。

以前当サイトでも「Amazon 米・シアトルで初の実店舗型書店をオープン」という記事を公開しているように、同社は昨年の11月にシアトルでリアル店舗をオープンしている。

その店舗ではネット上のレビューが紹介されたり電子書籍端末kindleが試せるなどアマゾンならではの展開がなされている。

シアトルの店舗はトライアルで、それがうまくいったので店舗数を拡大するという戦略なのだろうか。真意は不明だが、同社の動向に益々の注目が集まっている。

 

ロイター

http://jp.reuters.com/article/amazon-com-bookstore-idJPKCN0VC025





» page top