#143 一生してる予感

 あなたの「一生」が、好き。
 あなたに会うまで、「一生」っていう言葉は、知ってるけど、ホントにあるとは思ってなかった。
 おとぎ話の中の、空想上の動物みたいなものだと思っていた。
 でも、あなたと出会って、「一生」は実在することが、リアルにわかった。
「一生、一緒だよ」
 あなたの「一生」という言葉は、リアル。
 長く感じないのが不思議。
「後で、会おうね」というくらい、リアル。
 あなたに会うまでは、「一生」って、どうやって証明できるのかしらと、疑っていた。
「一生」が、凄く長く感じられた。
 そんなものは、あり得ないと思っていた。
「一生」という言葉が、うさん臭いと思っていた。
 決して、嫌いだというわけではなかった。
 むしろ、最高に望んでいた。
 だからこそ、軽々しく「一生」という言葉を使いたくなかっただけ。
 今、あなたの腕の中にいる。
「一生」こうしていたい。
「一生」こうしているような、気がする。
 根拠のない、予感がする。
「一生」は、実在した。
 あなたの「一生」は、死ぬまでじゃない気がする。
 死んでも、続く。
 生まれ変わっても、こうしている。
 来世も含めて、一生こうしている感じがする。
 あなたとの3秒間のキスの中にも、「一生」を感じる。
 あなたとの「一生」が、リアルで好き。

 

~次回は1月15日(金)更新予定です~



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top