#160 ノータイムで、口に含んだ

あなたの、躊躇のないところが、好き。
電気を消した、真っ暗なベッドの中で。
あなたの唇に、黒い塊を、むいて差し出した。
食べて。
あなたは、そのまま、口に含んだ。
そんなあなたが好き。
普通、「何?」って、聞くでしょ。
あなたは、「何?」って聞かないで、食べてくれる。
全面的な信頼感が、好き。
私自身が、食べられた気がする。
私も、1つむいて、口に入れた。
黒ニンニクだった。
あなたは、初めてだったのに、躊躇なく、すべて受け入れる。
「何に、効くの?」なんて、聞かない。
「ニオイは大丈夫?」なんて、聞かない。
おいしそうに、食べてくれる。
地球上で、誰も食べたことがなくて、初めて食べる謎の物体でも、あなたは食べてくれる。
珍しいものを初めて食べたのは、きっと、私たちのような仲良しだったに違いない。
地球上から、食べるものがなくなっても、あなたとだったら、生きていけるわね。
あなたは、冷蔵庫から、何かを取り出してきた。
今度は、あなたが、私の唇の前に、何かを差し出した。
私は、ノータイムで、口に含んだ。
刺激的な味がする。
甘いのに、辛い。
「マヌカ・ハニーだよ」
ニュージーランドのマヌカの木から採られたハチミツだった。
黒ニンニクにマヌカ・ハニーを合わせるあなたのセンスが、好き。
私は、あなたの指を味わった。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top