#164 キスもしないで、隣で眠る

 あなたの隣で、眠るのが、好き。
 気がついたら、眠ってしまっていた。
 さっきまで、お話ししていた。
 ベッドで、腕枕して。
 笑って。
 私のほうが、先に寝てしまったかな。
 キスも、まだしていなかった気がする。
 出会って、キスもしていない人の隣で、寝てしまったなんて、私にとって、初めての経験。
 こんなことって、あるのかしら。
 隣で眠るって、よっぽど、心を開いていないとできない。
 キスをして、エッチもした人じゃないと、隣で眠るなんてできないと思っていた。
 あなたは、違った。
 キスもしてない。
 エッチもしていない。
 なのに、気がついたら、隣で眠ってしまっていた。
 安心した。
 キスよりも、エッチよりも、隣で眠るって、安心しないとできない。
 どんなに眠くても、眠れない。
 眠くならない。
 隣で眠るって、最高に心を許した状態。
 それは、原始時代から、女の子の脳にインプットされているに違いない。
 隣で眠るって、最高に無防備な状態。
 目が覚めて、1秒後。
 あなたが、キスしてくれた。
 最初のキスが、目覚めのキスなんて。
 まったく、自然だった。
 100万回してきたようにナチュラルな「おはよう」のキスだった。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top