#167 あなたの体温に、包まれて

 あなたの、コートが好き。
 この季節は、着るものが難しい。
 お昼は暖かいけど、夜は、まだ寒い。
 お昼用の格好をしていくと、夜寒い。
 夜用の格好をしていくと、昼、暑苦しい。
 今日は、あなたと朝から一緒。
 うれしい。
 こういう日が、難しい。
 朝も、お昼も、夜も、一緒。
 時間ごとの天気予報で、温度を調べた。
 朝、出かける時に、スプリングコートをいったん着たけど、玄関で、やっぱり脱いだ。
 朝のうちは、日が当たって、気持ちよかった。
 正解。
 夜になって、日が沈むと、一気に寒くなった。
 冬よりも、風が冷たく感じた。
 やっぱり、着てくればよかった。
 あなたは、オシャレなスプリングコートを着ている。
 昼間も、暑苦しそうでなかった。
 あなたと一緒に、晩ご飯を食べ終わって、外に出た。
 車に乗るまでの辛抱。
 信号待ちをしている時、ふわりと暖かくなった。
 あなたが、自分の着ていたスプリングコートを、かけてくれた。
 まるで、あなたに抱きしめられているような暖かさだった。
 あなたの体温が伝わる。
 あなたは、私にかけるために、一日、着てくれていたのね。
 スーツだけになっても、あなたはちっとも寒そうにしないのが、好き。
 やっぱり、スプリングコート、着てこなくて、正解だった。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top