#168 私の中に、軸が通る

 あなたと一緒に、眠るのが好き。
 あなたと一緒に眠ったあとは、体がスッキリしているのが、わかる。
 ピラティスに行った帰りの感覚に、似ている。
 姿勢が、よくなっている気がする。
 乳首の位置が、高くなっている気がする。
 体重が軽くなって、歩く足取りも、軽くなっていく。
 鏡に映る顔が、小さくなっている。
 不思議。
 今までは、朝起きると、腰が痛かった。
 ノドがカラカラに渇いていたのは、口を開けて寝ているせいだった。
 あなたと一緒に眠ると、起きた時の、腰の痛みも、ノドの渇きもなかった。
 あなたの大きな背中に、顔を埋める。
 あなたの背中には、羽が生えている。
 その羽の間におでこを当てる感じで丸まるのが、好き。
 おでこをつけているので、口が自然に、閉じられる。
 鼻で呼吸している。
 1人で寝ている時は、アゴが上がっている。
 だから、口が開いてしまう。
 あなたは、寝ている間も、私の身体を正対してくれる。
 究極は、あなたの上にまたがると、私の軸がまっすぐになっていくのが、わかる。
 バランスボールの上にまたがっているみたい。
 今日、ピラティスで、バランスボールの上にまたがっている時、あなたの上にまたがっているところを思い出して、1人で笑ってしまっていた。
 気づかないうちに曲がってしまっている私の軸を、あなたの身体が、矯正してくれる。
 体が、どんどん軽くなる。
 体が、どんどん敏感になる。
 軸が通ると、ますます感じるようになる。
 今日、ピラティスの先生に、ほめられた。
「何か、した?」
 凄いこと、してもらった。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top