#170 あなたの食べ方が、好き

あなたの食べ方が、好き。
夕方、1人で、とんかつ屋さんに入った。
今日は、中華の予定だったけど、この間、あなたとトンカツの話が出たのを思い出して、急きょ変更。
席に案内されて、メニューを選ぶ。
組み合わせを考える。
その間に、隣の席に、次のお客さんが入ってきた。
ヒレカツ膳。
隣の男性も、ヒレカツ膳。
隣といっても、テーブルがくっついているので、4人がけに、壁側に並んで座っている形。
近すぎるので、顔は見えない。
このお店では、キャベツが先に運ばれてくる。
ほぼ同時にお店に入って、ほぼ同時に注文したので、まるで2人組のよう。
こういう時、たいてい感じが悪いことが多いのに、ちっとも感じが悪くない。
見えないけど、紳士の気配がする。
ひょっとして、あなた。
まさか。
でも、なんで話しかけないの。
あなたは、こういういたずらをよくする。
靴を確認した。
ピカピカに磨かれた靴。
ますます、確信を得た。
ドレッシングやソースは、2人の真ん中にあって、共用する形になっている。
見たいのに、見れない。
ヒレカツが、届く。
ソースのひしゃくの柄が、いつのまにか、私の方を向いている。
やっぱり、あなたでしょ。
私は、ドキドキしながら、話しかけないで、あなたの食べる気配を感じていた。
あなたの、食べ方が紳士的で好きだなと、味わっていた。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top