#173 黙りながら、話す

あなたと、黙っている時間が好き。
あなたと、ご飯を、食べている。
隣のカップルは、ずっと話している。
あなたと私は、黙っている。
決して、不機嫌なのではない。
ごきげんで、黙っている。
ごきげんでお話をするのは、簡単。
ごきげんで、黙っている状態になるのは、上級レベル。
「ああ、おいしいなあ」と、つぶやいている。
「あなたと、一緒に食べることができて、楽しくて、幸せ」と話している。
心の中で。
一緒に、電車に、黙って乗っている。
ご機嫌に、黙って乗っている。
黙って乗っているけど、心の中では、楽しいなと感じている。
黙っている感じがしない。
ずっと、お話ししている感じがする。
ただ、まわりの人が見たら、声が出ていないだけにすぎない。
あなたと一緒に、黙って歩いている。
あまりにも、あなたと話すことがたくさんありすぎて、声に出すのが、間に合わない。
声では、10しか話せないけど、あなたと私は、100話している。
回転してるコマが、止まって見えるみたい。
ベッドの中で、あなたに抱きしめられる。
「気持ちいい」って、いっぱい叫びたい。
あまりにもたくさん叫びたいから、いつのまにか、黙っているようになる。
何度も、何度も、いきすぎて、ずっといってる状態になっている。
それと似ている。
この感覚は、あなたにかわいがられた女の子しか、わからない。
と、腕の中で、話している。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top