#186 何事も、なかったかのように

 あなたの、紳士的なところが好き。
 あなたと、階段を上るところだった
 ベビーカーを押している外国人のカップルがいた。
 ご主人が、2人分のスーツケースを運び、奥さんがベビーカーを持って、階段を上ろうとしていた。
 途中に踊り場がある、長い階段だった。
「お手伝いしましょうか」
 と私が、声をかけた。
 気づいたあなたは、
「バッグ、持っていてくれる」
 と、私にバッグを渡した。
 そして、ベビーカーを、奥さんと一緒に運んだ。
「大丈夫ですか」
 と、奥さんに声をかけた。
 なんていう景色かしら。
 私は、その景色に、見とれた。
 スーツを着て、ソフト帽をかぶった紳士が、ベビーカーを運んで、階段を上がっている。
 ここは、どこ?
 時代は、19世紀末?
 まるで、映画の中のような世界だった。
 ベビーカーには、女の子の赤ちゃんが、乗っていた。
 あなたは、ベビーカーの女の子の赤ちゃんを、微笑みながら、見つめていた。
 赤ちゃんも、あなたを見つめていた。
 赤ちゃんは、あなたに身をゆだねていた。
 赤ちゃんも、今、何が起こっているのか、わからない状態だった。
 上まで上げると、会釈をして、その場を立ち去った。
 その後、タクシーの中で、あなたはそのことについて、何事もなかったかのように、何も話さなかった。
 それが、紳士だった。
 私は、濡れていることを、黙っていた。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top