#187 あなたの翼の下が、好き

 あなたの腋(わき)の下が、好き。
 あなたに会う。
 あなたは、両手を広げて、私を迎え入れてくれる。
 私は、あなたの胸の中に、飛び込む。
 私の両手は、あなたの厚い胸の両脇に、吸い込まれていく。
 私が、入れているのではない。
 あなたの腋の下が、私の両手を吸いこんでいく。
 あなたの腋の下には、風が吹いている。
 さっき、外であなたを見ている時、感じた。
 外は、暑かった。
 真夏日になると、天気予報が、何度も伝えていた。
 風ひとつなかった。
 まわりにいる人は、みんな暑そうな顔をしていた。
 あなたの腋の下に、風が吹いていた。
 あなたは、どんなに暑くても、汗をかかない。
 涼しげな顔をして、微笑んでいる。
 その理由は、あなたの腋の下に、いつも風が吹いているからなのね。
 まるで、私の腕が入るために作られたような、腋の下に、私の腕が吸い込まれていく。
 ここが、好き。
 どこまでも、どこまで、私の腕が吸い込まれて、どこかに伸びていく。
 あなたの胸の厚みを感じる。
 風を、感じる。
 私の身体が、軽くなっていくのがわかる。
 私が手を入れているのは、腋の下ではなかった。
 あなたの、翼の下だった。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top