#188 水が、流れるように

 あなたの、水のようなところが好き。
 あなたは、水でできている。
 形があるようで、形がない。
 どんな形にもなる。
 水が無限に形を変えるように、あなたの身体はどんどん形を変える。
 あなたに、キスをする。
 吸い込まれるように、キスをする。
 キスをしにいっているわけでもなく、されているわけでもない。
 それは、水が流れるように。
 重力に従って、私の唇は、あなたの唇に、流れていく。
 私の身体も、あなたの身体に、流れていく。
 水が、流れていくように。
 どんなに、離れていても、あなたに流れていく。
 今日、外で、待ち合わせをした時。
 あなたは、遠くからでもわかる。
 雑踏の中で、浮かび上がっている。
 あなたの身体全体が、微笑んでくれている。
 そして、あなたに、水が流れるように、身体ごと、投げ込まれていく。
 今から思うと、100メートルは離れていたはず。
 100メートル離れていても、水は流れていく。
 釣り糸があって、リールで戻されるように、私の身体は、あなたの唇に、吸い込まれていく。
 あなたは、受け止めてくれる。
 この一連の流れが、心地いい。
 これ以外の動線が、見当たらない。
 あなたが、漁師なら、私は、あなたに釣り上げられたい。
 抵抗できない。
 抵抗なんて、しようと思わない。
 今も、こうして、あなたに、水が流れるように、吸い込まれていく。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top