#211 微笑みながら、集中

 あなたの字が好き。
 あなたの字を書くところが、好き。
 あなたが字を書く時、笑っている顔が、怖いくらいに真剣になる。
 あなたが連れて行ってくれる てんぷら屋さんは、好きなネタを、テーブルに備え付けてある紙に書き込んで、オーダーする。
 あなたは、ジャケットのポケットからボールペンを取り出して、まるでお習字をする時のように、丁寧に書いていく。
 海老、茄子、南瓜、鰯、玉葱……。
 一画、一画、お手本を書くように、魂を込める。
 平仮名ではなく、漢字で書いているのも、セクシー。
 オーダーシートに書くには、もったいないくらいの達筆さで、書き込んでいく。
 メニューも真剣に選んでいるけど、それ以上に、真剣に書いている。
 お店に対するリスペクトを、感じる。
 食材に対してのリスペクトを、感じる。
 私に対しての愛情を、感じる。
 笑っているのに、集中している。
 私を、かわいがってくれている時も、きっとそんなふうに、微笑みながら、集中しているに違いない。
 私は、それどころじゃないから、あなたを見ることができない。
 本当は、一瞬だけ、見たことがある。
 同じ顔をしていた。
 字を書く時と。
 微笑みながら、集中していた。
 その集中する微笑みに、ますます感じて、それ以上、見続けることはできなかった。
 オーダーシートを書いているあなたを、チャンス到来と、眺めることにした。
 でも、思い出して感じてしまって、それ以上、見ることはできなくなった。
 てんぷら屋さんにいることを、忘れてしまっていた。



【中谷先生のおすすめ電子書籍TOP3】 紹介記事はこちらからどうぞ



» page top