電子書籍の書評ランキング

 
» page top

ビジネス・経済・起業副業

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術 【電子書籍】

指名される技術表紙 著者 ページ数 クチコミ評判
堀江貴文 , 斎藤由多加 75ページ ★★★★

“一流の仕事人”になるために必要な資質とは何か!?

『六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術 指名される技術』は、元ライブドア社長の堀江貴文氏、『シーマン』などの開発で知られるゲームクリエイターの斎藤由多加氏が、自身の体験と所感を“掘藤”という架空人物の視点として集約し、フィクション的手法でつづられたエッセイ。「心が折れそうになるような激しい競争の中で、クライアントをリピートさせる高度な技術を数多く持っている人たちがたくさんいる(本文より)」ホステスという仕事にスポットをあて、近年の日本を代表するビジネスパーソンとして知られる両著者の鋭い観察眼から、ビジネス全般に通用する普遍的な“仕事術”を探り出していく一冊です。>もっとみる

ドラッカー理論で読み解く 成功する起業家の条件 【電子書籍】

ドラッカー理論で読み解く成功する起業家の条件 著者 ページ数 クチコミ評判
安田輝久 55ページ ★★★★★☆

企業家で経済学者の安田輝久がドラッカー理論で、有名企業家の戦略を徹底分析

著者の安田輝久氏は、29歳の時にFX専門会社を起業して以来、多岐にわたる業種に経営参画し、その総年商は100億円以上にもなったという一流の“起業家”でありながら、37歳で幼少期の夢であった世界一周旅行を実現した後、子会社すべてを売却して大学院へ進んだ“経済学者”でもあるという、異色の経歴の持ち主です。 本書では事業戦略設計の基礎である「ドラッカー理論」をベースに、DeNAの南場智子氏、サイバーエージェントの藤田晋氏、スペースXのイーロン・マスク氏ら有名起業家たちが歩んだ道のりとその“戦略”を徹底分析。スタートアップ企業を軌道に乗せ、成長させていくための体系的な行動を検証し、「成功する起業家の条件」を導き出しています>もっとみる

リクルートで学んだリーダーになるための77の仕事術 【電子書籍】

リクルートで学んだリーダーになるための77の仕事術 著者 ページ数 クチコミ評判
小倉広 146ページ ★★★

アドラーのベストセラー作家が語る

 考えの違う複数の人間が一緒に行動する時、そこには必ずと言っていいほど対立や葛藤がうまれる。人間関係やコミュニケーションについての書籍が数多く出されるのもそれだけ人々が他人との関係に悩んでいるからだろう。特に会社という場所は、色んな思惑が錯綜するから、そのぶん人間関係も複雑になってくる。そんな時、チームのモチベーションを高め、組織を牽引していく魅力的な「リーダー」がいれば、それだけで場の空気は変わってくるだろう。では、リーダーになるためには(リーダーを育てるには)どうすればいいのか?>もっとみる

人生はタイム・マネジメントで変わる!シリーズ 【電子書籍】

人生はタイム・マネジメントで変わる 著者 ページ数 クチコミ評判
フランクリン・プランナー・ジャパン株式会社 86ページ ★★★
仕事をするうえで、時間管理(タイム・マネジメント)は重要なことの一つ。それを「あなたはどう考えますか?」と投げかけ、限りある時間を有効に使うための手引きを示しているのがこの「人生はタイム・マネジメントで変わる!」シリーズなのである。 タイム・マジメントを行うことで、仕事の効率化だけでなく、人生にとって「もっとも大切なこと」を発見し、それに基づいた計画や行動をとることで、人生をもっと有意義なものに出来るようにできるのである。 ではそうするためにはどの様にすればいいのかというと、時間という貴重な資源をどのように使うかがカギとなるのだ。人生における充実感や達成感、仕事で成功する未来の自分、そして価値のある人生を送るために、タイム・マネジメントをすることは「ライフ・マネジメント」にもつながってくるのである。 「人生はタイム・マネジメントで変わる!」と題された全4冊の本書は、第一作目となる「タイム・マネジメント基礎編」ではタイム・マネジメントとはどういったことなのか、自身の価値観をどの様に捉えているかといったことを踏まえて、1週間や日々のスケジュールを立てて、それを守るためのマネジメントのヒントが掲載されているのである。>もっとみる

失敗の本質 【電子書籍】

失敗の本質 著者 ページ数 クチコミ評判
戸部良一 , 寺本義也 , 鎌田伸一 , 杉之尾孝生 , 村井友秀 , 野中郁次郎 290ページ ★★★★☆

最上級の日本的組織論研究本

失敗の本質は、旧日本軍の組織的研究が複数の著者によって書かれています。ベストセラーの本として、失敗の本質は、52万部売り上げています。作家には、防衛大学教授などをつとめている戸部良一、鎌田伸一、村之尾孝生、村井友秀、早稲田大学商学学術院教授などをつとめている寺本義也、組織論研究者の野中郁次郎となっています。 失敗の本質の内容は、日本の企業組織に示唆を与える内容となっており、日本軍の戦略や組織の面に注目をして敗戦の原因とは何かがえがかれています。失敗した作戦の題材は、ミッドウェー作戦やノモンハン事件、ガダルカナル作戦、レイテ沖海戦、インパール作戦、沖縄戦という、大東亜戦争における6つとなっており、原因を掘り下げています。>もっとみる

迷ったときのリーダー論 ―あなたがピンチを脱する15のコツ 【電子書籍】

迷ったときのリーダー論 ―あなたがピンチを脱する15のコツ 著者 ページ数 クチコミ評判
小倉広 59ページ ★★★★

リーダーのあるべき姿とは

社内コミュニケーションを考える上で「リーダーシップ」というのはよく言われることだ。しかし、そもそも「リーダー」とはどういう人のことを言うのだろうか? その名の通り、チームをリードしていく人物。仕事ができて同僚からの信頼も厚いスーパーマン。多くはリーダーと言うと第一に完璧で力強い、親分肌の人物を思い浮かべるのではないだろうか。もちろん、リーダーも様々だから、チームをぐいぐい引っぱっていくだけでなく、同僚や部下の話をじっくり聴くことで結束を固め、いい仕事をしていくというタイプもいるだろう。いずれにしてもリーダーというのは何か問題がおきてもそれを上手く解決できる術を身につけた人物のように思える。  しかし、本当にそうだろうか? リーダーだって人間なのだ。悩むことだってある。かと言って他人が自分を頼ってくる程には自分は他人を頼ることができない。そこが辛いところだ。では、リーダーは迷ったとき、どうすればいいいのか? 「迷ったときのリーダー論 ―あなたがピンチを脱する15のコツ」で描かれるリーダーは先のものとは若干趣が異なる。失敗するし、断酒を宣言しておきながら「やっぱりやめた」とばかりに酒を飲む。>もっとみる

非常識な速読術【電子書籍】

非常識な速読術 著者 ページ数 クチコミ評判
わらし仙人 207ページ ★★★★★

左脳速読術の指南書

「速読」というのは、人生を広げることが出来る技術の一つです。 人によって読書に対する考え方というのは様々です。一冊の本をじっくりと読み込んでいくことが重要だと考える人もいれば、ともかく多くの本を読んでいくことが重要だとする人もいます。 しかし、そのどちらが良いのか、ということを自分で判断するためにも、後者が出来るだけの速読術というものを持っている方が便利であることは間違いありません。そういった意味でも人生を広げることが出来ることは間違いないでしょう。 この本の特徴は、特に難しい事をするのではなく、簡単に「速読」をマスターできるような方法を紹介しています。特にビジネスに活かすに当たって、通常の60倍早い読書を実現出来る方法を紹介しています。というと、どうしても信じられないという人が多いことでしょう。>もっとみる

営業力が身につく顧客攻略ゲーム【電子書籍】

営業力が身につく顧客攻略ゲーム 著者 ページ数 クチコミ評判
佐藤 康行 135ページ ★★★★

営業力をゲームで鍛える

営業本を何冊か読んでいる人なら、恐らく佐藤康行の名前を知らないということはないでしょうか?この人の著作というのは営業本として高い評価を得ているものが多いといわれています。今回紹介する本書も、佐藤康行による営業を語った一冊です。 多くある営業ノウハウ本と違っている点として、一つ一つの営業の方法にスポットライトを当てるのではなく、より根本的な解決に向けた道筋を示しているのが特徴です。 何より重要なのは、多くの伸び悩む営業マンが抱えている問題点をカテゴライズし、それを解決するための方法を紹介していることです。 例えば実例として、最初のゲームとして紹介されている「秘密のドアゲーム」というのがあります。>もっとみる

サンタさん営業 ドロボー営業

佐藤康行のサンタさん営業ドロボー営業 著者 ページ数 クチコミ評判
佐藤康行 133ページ ★★★★★
本の中では、サンタのような営業がいいのか、それともドロボーのような営業がいいのかについて紹介しています。営業と言う利害関係がはっきりした環境で、サンタさん営業をやり続けるためには、しっかりとした理由付けが大切です。そうすることで、モチベーションを常に高くもつことができますよね。企業などではどんどんデジタル化が進んでいますが、営業だけは人と人との直接的な繋がりは消えることはないかもしれません。>もっとみる