電子書籍の書評ランキング

 
» page top

特集:映像化作品

昭和元禄落語心中 第38回講談社漫画賞一般部門受賞 【電子書籍】

昭和元禄落語心中 著者 ページ数 クチコミ評判
雲田はるこ 160ページ ★★★★
<昭和元禄落語心中 あらすじ/作品紹介 第38回講談社漫画賞一般部門受賞> 昭和元禄落語心中は、『雲田はるこ』の手により『ITAN』にて2010年より連載されているマンガ作品。第38回(2014年度)講談社漫画賞一般部門受賞作品で、同文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作と評価の高い作品2015年にテレビアニメ化されることが発表されています。 昭和元禄落語心中は、やくざ者の与太郎が刑務所で聞いた名人八雲の落語に感動し、落語の世界に飛び込んでいくお話。与太郎は、名人八雲に惚れ込み弟子入りし、苦難を乗り越え真打を目指します。師匠の同門の娘小夏と、師匠の元で一緒に下積みをおくる奇妙な3人の生活が描かれています。>もっとみる

銀の匙 Silver Spoon 第58回小学館漫画賞少年向け部門受賞 【電子コミック】

銀の匙 著者 ページ数 クチコミ評判
荒川弘 192ページ ★★★★
<銀の匙 Silver Spoon あらすじ/作品紹介 第58回小学館漫画賞少年向け部門受賞> 銀の匙 Silver Spoon は、農業高校を舞台に繰り広げられる主人公の成長物語です。主人公の八軒勇吾は、有名な進学中学校に通っていましたが、学力競争に敗れて、大きな挫折を味わいます。 寮があるというだけで、半ば投げやりに大蝦夷農業高校(エゾノー)に進学します。そこで出会ったのは、個性的な教師やクラスメイト達。そして、彼らが明るく楽しくも真面目に取り組む「農業」の世界を知ります。 勉強だけが全てだった八軒も、そんな彼らの姿を見て、今までの自分を振り返り、少しずつ挫折から立ち直りながら自分に何ができるのかを考えていきます。面白いだけでなく、リアルな農業、酪農の世界が描かれており、考えさせられる作品です。 ヒロイン、御影アキとの恋の行方も気になります。>もっとみる

味いちもんめ 第44回小学館漫画賞青年一般部門受賞 【電子コミック】

味いちもんめ 著者 ページ数 クチコミ評判
原作あべ善太/作画倉田よしみ 216ページ ★★★
<味いちもんめ あらすじ/作品紹介 第44回小学館漫画賞青年一般部門受賞> 『味いちもんめ』は、原作あべ善太/作画倉田よしみによる漫画作品。連載開始時期の1986年には『ビッグコミックオリジナル増刊号』にて連載していたが、1987年に『ビッグコミックスペリオール』に誌面を変え連載。1999年には第44回小学館漫画賞青年一般向け部門を受賞し、1995年にはテレビ朝日系列でテレビドラマ化もされた人気作品。>もっとみる

佐武と市捕物控 第13回小学館漫画賞受賞 【電子コミック】

佐武と市捕物控 著者 ページ数 クチコミ評判
石ノ森章太郎 242ページ ★★★☆
<佐武と市捕物控 あらすじ/作品紹介 第13回小学館漫画賞受賞> 「佐武と市捕物控」は、石ノ森章太郎の作品で1966年に『週刊少年サンデー』で連載、1968年に『月刊ビッグコミック』に誌面を変え連載していた作品。1968年にはNET系列でテレビアニメ化もされ1971年にはTBS系列でドラマ化もされています。2011年は世代を超えパチンコ化もされた第13回小学館漫画賞受賞作品です。 江戸を舞台に下っ引きの佐武と、あんまを営む盲目の市が、殺人事件の解決に挑むミステリー連作短編集。捕縄術の名手である若い下っ引きの佐武は、故郷を飛び出して江戸に出てきたところを岡っ引きの佐平次に拾われ、下っ引きの仕事を始めます。>もっとみる

Piece 第58回小学館漫画賞少女向け部門受賞 【電子コミック】

Piece 著者 ページ数 クチコミ評判
芦原妃名子 ページ ★★★★☆
<Piece あらすじ/作品紹介 第58回小学館漫画賞少女向け部門受賞> Pieceは、芦原妃名子による作品で2008年から2013年にかけて『ベツコミ』にて連載された少女漫画。2012年には日本テレビ系列でテレビドラマが放映された第58回小学館漫画賞少女向け部門受賞作品。本作Pieceは、大学生の水帆のもとに、高校の同級生である折口はるかの訃報が伝えられたのが物語の始まりです。彼女の葬儀に、かつてのクラス全員が集まりました。葬儀後、はるかの母親は、水帆にある頼みごとをします。>もっとみる

土竜の唄 第59回小学館漫画賞一般向け部門部門受賞 【電子コミック】

土竜の唄 著者 ページ数 クチコミ評判
高橋のぼる ページ ★★★★
<土竜の唄 あらすじ/作品紹介 第59回小学館漫画賞一般向け部門部門受賞> 土竜の唄は、『高橋のぼる』による漫画作品。2005年より『週刊ヤングサンデー』にて連載されましたが、同誌休刊後の2008年からは『ビッグコミックスピリッツ』にて連載されてます。2014年には『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』というタイトルで三池崇史を監督に迎え実写映画化もされている人気作品です。 土竜の唄は潜入捜査官「モグラ」をテーマにしたアクションあり、ギャグあり、エロスありの漫画です。 谷袋署交番に勤務する菊川玲二は揺るぎない正義感を持った熱い男だが、まっすぐ過ぎるがゆえにやり過ぎてしまうことの多い問題児。>もっとみる

マギ 第59回小学館漫画賞少年向け部門受賞【電子コミック】

マギ 著者 ページ数 クチコミ評判
大高忍 192ページ ★★★★☆
<マギ あらすじ/作品紹介 第59回小学館漫画賞少年向け部門受賞> マギは、大高忍による週刊少年サンデーにて2009年より連載中の少年漫画です。第7迷宮「アモン」の周囲に広がる町チーシャンに住む若者、アリババはアモン攻略を夢見ながらも、その一歩を踏み出せずに御者をしていたのです。そんな彼にある日、アラジンと名乗る謎の少年に出会い、「ジンの金属器」を探しているという彼と、彼の持つ笛に潜むウーゴくんの力を借り、迷宮攻略へと乗り出します。>もっとみる

絶叫学級 第59回小学館漫画賞児童向け部門受賞【電子コミック】

絶叫学級 著者 ページ数 クチコミ評判
いしかわえみ 187ページ ★★★★☆
<絶叫学級 あらすじ/作品紹介 第59回(平成26年度)小学館漫画賞(児童向け部門)受賞> 『絶叫学級』は『いしかわえみ』の作品で『りぼん』にて2008年から2015年まで連載されたホラー漫画です。本作は、第59回(平成26年度)小学館漫画賞(児童向け部門)受賞作品で、また2013年6月には実写映画も公開されており、過去もテレビ東京系列でテレビアニメ化もされている評価の高い作品。 この本の主人公は黄泉という下半身のない幽霊で、読者を日常から恐怖と狂気の世界へと引き込む案内人として出てきます。 黄泉は秋元優美と言い、生前いじめに遭っていましたが、家庭科室でガス爆発を起こしいじめの主犯格とともに亡くなってしまします。その後封印されていた黄泉という神に意識を乗っ取られしまい、以後恐怖の案内人となります。>もっとみる

怪盗ジョーカー 第58回小学館漫画賞児童向け部門受賞 【電子コミック】

怪盗ジョーカー 著者 ページ数 クチコミ評判
たかはしひでやす 184ページ ★★★☆
<怪盗ジョーカー あらすじ/作品紹介 第58回小学館漫画賞児童向け部門受賞> 『怪盗ジョーカー』は、『たかはしひでやす』作の漫画作品で、2007年に『別冊コロコロコミック』4月号で連載開始、その後2008年には誌面を変え『月刊コロコロコミック』にて連載されています。2014年には独立局のTokyo MXなどを中心にテレビアニメ化されました。 少年漫画のなかでも、特に最近注目を集めている「怪盗ジョーカー」。彼は、さまざまなマジックのようなトリックを駆使し、世界中のお宝を狙います。相棒のハチと一緒に旅を続け、お宝をゲットしていきます。>もっとみる

第56回闇金ウシジマくん 小学館漫画賞一般向け部門受賞 【電子コミック】

闇金ウシジマくん 著者 ページ数 クチコミ評判
真鍋昌平 208ページ ★★★★
<闇金ウシジマくん あらすじ/作品紹介 第56回小学館漫画賞少年少女部門受賞> 『闇金ウシジマくん』は、2004年より『ビッグコミックスピリッツ』で連載されいてる真鍋昌平のマンガ作品。経済・犯罪漫画という珍しい題材で題名のちょっとコミカルな雰囲気とはギャップがある作品。「闇金ウシジマくん」は、2010年と2014年に毎日放送系列でテレビドラマも放送されました。なお実写映画化もされています。 闇金ウシジマくんは、10日5割やパチンコ中毒者に1日3割のあり得ない超暴利闇金融のカウカウファイナンスの営業者である丑嶋の日常や、そのカウカウファイナンスにお金を借りにくる客のエピソードや社会の裏の姿を描いたストーリーとなっています。>もっとみる