電子書籍の書評ランキング

 
» page top

編集部のおすすめ本

3月のライオン

sanngatsu 著者 ページ数 クチコミ評判
羽海野チカ 185ページ ★★★★☆
3月18日(土)に実写映画の上映が開始される『3月のライオン』の原作。 『ハチミツとクローバー』で一躍注目を浴びた羽海野チカの作品で、「マンガ大賞2011」で大賞を獲得し、第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した当作品。昨年の10月からはNHKでアニメも放映中されている。>もっとみる

食糧人類

410Espn92WL 著者 ページ数 クチコミ評判
蔵石ユウ (著), イナベカズ (著), 水谷健吾 (著) 192ページ ★★★
普通に高校生活を送っていた主人公の伊江と、友達のカズ。 ある施設に入れられてしまい、伊江たちの日常が突然非日常に変わってしまいます。>もっとみる

それでも町は廻っている

soremachi 著者 ページ数 クチコミ評判
石黒正数 200ページ ★★★★★
本日(2月14日)最終巻が発売された『それでも町は廻っている』通称『それ町』。 主人公の歩鳥は名探偵にあこがれる女子校生。ミステリ好きにはムフフなあるあるネタが散りばめられているのがたまりません。>もっとみる

僕は友達が少ない

haganai 著者 ページ数 クチコミ評判
平坂読 263ページ ★★★★☆
金髪転校生、周囲から恐れられている主人公、羽瀬川小鷹。常に不機嫌なオーラを発している三日月夜空。容姿端麗、頭脳明晰であるがゆえに同性から忌み嫌われている柏崎星奈。この3人を中心に話は展開されていきます。3人の共通点は、”友達がいない”こと。 夜空が友達を作る目的で立ち上げた「隣人部」の活動を巡って、ストーリーは動いていきます。>もっとみる

からかい上手の高木さん

karakai 著者 ページ数 クチコミ評判
山本崇一朗 155ページ ★★★★★
「あの頃に戻りたい!」「こんな学校生活を送りたかった!」と戻れない過去にもどかしさを感じつつ、ニヤニヤの海に飛び込んでみてください。>もっとみる

波よ聞いてくれ

namiyokiitekure 著者 ページ数 クチコミ評判
沙村広明 192ページ ★★★★★
秀逸なセリフ回しは、沙村ワールドの真骨頂!ラジオという媒体が持つ魅力を存分に引き出す、最高にロックでパンクな作品。>もっとみる

響 小説家になる方法

hibiki 著者 ページ数 クチコミ評判
柳本光晴 202ページ ★★★☆☆
主人公である女子高生・鮎喰響は文芸雑誌の新人賞に応募条件を満たさない形で小説を送り、ゴミ箱に捨てられる。しかし、偶然その原稿を読んだ編集者・花井は文芸に革命が起こせると確信し世に出したいと思い、住所も年齢も電話番号も記載されていない著者を捜し出そうと決める。一方で投稿者の響は自分の才能に気づかず高校で文芸部に入部しアクロバティックな日々を過していた。>もっとみる

空挺ドラゴンズ

kuutei-dragons 著者 ページ数 クチコミ評判
桑原太矩 208ページ ★★★★★
主人公は、天空を泳ぐ龍(おろち)と呼ばれる巨大生物を追う捕龍船のメンバー。 「食」の本質に迫った、究極のファンタジーグルメ漫画!>もっとみる

約束のネバーランド

yakusoku 著者 ページ数 クチコミ評判
白井カイウ(著)・出水ポスカ(絵) 198ページ ★★★★☆
マンガ大賞2017ノミネート作品の今作。信じていたもの、変わらないと思ってきたものが裏側では違う意図があったと知る主人公エマ。エマ、戦略家のノートン、博識のレイの3人が生き抜くために脱走計画を企てる。果たして、3人は生き抜くことができるのか…?>もっとみる