電子書籍の書評ランキング

 
» page top

編集部のおすすめ本

64(ロクヨン)【電子書籍】

61ebOhsfaEL._SX353_BO1,204,203,200_ 著者 ページ数 クチコミ評判
横山秀夫 503ページ ★★★★★

数々の伏線が読者を翻弄する警察ミステリー

警察組織のおける特殊な役職の一つ、広報官。主な仕事は警察が取り扱っている事件や事故に対するメディアへの対応を行う仕事だ。記者会見の準備や進行、また事件の捜査をスムーズにするために、報道管制をしてメディア発表を制限したりなど、警察とメディアの広報の窓となる存在。 広報室とマスメディアの間で起きた騒動を端緒に、様々な事件が絡み合い、さらに刑事課との対立や、警察本庁の思惑も複雑に交錯する。 数々の伏線が読者を翻弄するミステリー長編。>もっとみる

ジョーカー・ゲーム

51z-EdrhT9L._SX350_BO1,204,203,200_ 著者 ページ数 クチコミ評判
柳広司 173ページ ★★★★☆

新世代のスパイ小説!ジョーカーシリーズの第一作

吉川英治文学新人賞&日本推理作家協会賞を受賞した、柳広司のジョーカー・ゲーム。シリーズ累計120万部を突破した大ヒット作の第一作目であり、実写映画化やアニメ化もされた極限のスパイ・サスペンス。>もっとみる

新装版 獄中記(1) 地獄篇

51G1zV9hb8L._SX373_BO1,204,203,200_ 著者 ページ数 クチコミ評判
ジェフリー・アーチャー(著)
田口俊樹(訳)
235ページ

貴族議員まで上り詰めた著者の世界的大ベストセラーの獄中体験記

 著者のジェフリー・アーチャーは、大学時代より、活動的な性格で卒業後には会社を立ち上げ、1960年代後半には当時、最年少議員として政界入りを果たす。 政治家にして作家という肩書を持つジェフリーが、刑務所で体験した出来事、職員や受刑者たちの様々な表情を記した獄中記録の一冊。>もっとみる

別れぬ理由

417EICTenUL._SX373_BO1,204,203,200_ 著者 ページ数 クチコミ評判
渡辺淳一 205ページ ★★★★★

現代の夫婦像を考えさせられる名作

 欲求5段階説を説いたアメリカの心理学者マズローによれば、人間が順に「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求」「尊厳欲求」が満たされると「自己実現欲求」が芽生えるという。ならば社会的に満たされているはずの人間は、不倫で何を満そうとしているのか。生きて行く上で大切な本質を考えさせられる作品。>もっとみる

「羊と鋼の森」

614PbMKEQxL 著者 ページ数 クチコミ評判
宮下 奈都 243 ★★★★☆

2016年本屋大賞受賞作品

 『羊と鋼の森』は、2016年4月、全国の書店員が“今、いちばん売りたい本”を選ぶ「本屋大賞」を受賞した宮下奈都の小説。初版の発行部数は6,500部だったが、口コミを中心に評判が広がり、累計発行50万部を突破するベストセラーとなった。>もっとみる

怪奇四十面相 江戸川乱歩・名作ベストセレクションⅡ(3)【電子書籍】

611DLiYtTzL._SX373_BO1,204,203,200_ 著者 ページ数 クチコミ評判
江戸川乱歩 155 ★★★★★

「怪人二十面相」シリーズの名作

日本の推理小説作家の先駆者・江戸川乱歩が世に送り出した作品の中から、選び抜いた名作をシリーズ化。今作の「怪奇四十面相」は、1936年に執筆された少年向け推理小説の「怪人二十面相」シリーズの第8話目にあたります。>もっとみる

精霊の守り人【電子書籍】

精霊の守り人 著者 ページ数 クチコミ評判
上橋菜穂子 360 ★★★★★

NHK放送90年大河ファンタジーとして放送中

中央アジアから中国、朝鮮半島を含む大陸文化を取り入れた独特な雰囲気で描かれる、自動文学ファンタジーの傑作。野間児童文芸賞新人賞などを受賞した作品。>もっとみる

ワセダ三畳青春記【電子書籍】

ダウンロード 著者 ページ数 クチコミ評判
高野秀行 293 ★★★★☆

若かりしノンフィクション作家の波乱に満ちた日常

ノンフィクション作家として、辺境を訪れ、数々の探検をしてきた高野秀行氏。彼が22歳から33歳までの約11年間を過ごした、三畳一間のアパート「野々村荘」で巻き起こる愉快な出来事を綴った青春記。>もっとみる

ガソリン生活【電子書籍】

915kSnnYU9L._SL1500_ 著者 ページ数 クチコミ評判
伊坂幸太郎 315ページ ★★★★☆

主人公は車!?車目線で語られる新感覚ミステリー!

2011年11月から2012年12月の約1年の間、朝日新聞の夕刊で連載していた伊坂幸太郎の人気小説が文庫になって登場。 ちょっと頼りない二十歳の兄・望月良夫と、十歳でありながらいつも大人びた発想と機転の良さを発揮する弟の亨。兄弟はあるとき突然、有名女優が死亡した交通事故をめぐる騒動に巻き込まれてしまいます。 この物語の主役の車目線で語られるストーリー展開で味わう、心温まる新感覚ミステリー!>もっとみる

小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯【電子書籍】

51auTg0uiwL._SX344_BO1,204,203,200_ 著者 ページ数 クチコミ評判
古川智映子 193ページ ★★★★☆

2015年度下半期朝ドラの原作

 「広岡浅子」という名前にピンとこなくても、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」といえば誰もが一度は耳にしたことはあるだろう。2015年10月の放映開始以降、連続して20%代の高視聴率をキープしている作品である。テレビ離れの風潮をもろともせず、視聴者からの人気は高く反響も大きい。最近ではある登場人物の最期の出演が世の女性たちに「五代ロス」を引き起こしたとニュースにもなった。なぜこんなにも人の心を鷲掴みにしてはなさないのか、そのヒントは「あさが来た」の原案にもなった本書に記されている。>もっとみる