自己啓発の電子書籍

 
» page top

自己啓発・思想哲学・心理学

自己啓発のおすすめ電子書籍

お金の願望を捨てるとお金が無限に入る ――円は縁で引き寄せられる 【電子書籍】

お金の願望を捨てるとお金が無限に入る 著者 ページ数 クチコミ評判
佐藤康行 124ページ ★★★☆

お金を稼ぐための考えかたとは

お金に困らない生活というのは誰でも一度は夢を見ることではないでしょうか?お金に関する本は色々ありますが、この本の表紙には、衝撃的な一文が添えられていました。「お金の願望を捨てるとお金が無限に入る」というものです。 流石にこの言葉は多少過剰なものではあるものの、本の内容は全体として「お金を稼ぐため」の考えかたを紹介しているものです。ただ、特徴的なのはどうやってお金を稼ぐのか、という方法論を中心としているのではなく、どのような考えでお金を稼ぐのか、という精神論が中心となっている、ということです。>もっとみる

20代は勉強に狂いなさい!

20代は勉強に狂いなさい! 著者 ページ数 クチコミ評判
中島孝志 48ページ ★★★★☆

20代によって未来が変わる

ビジネス系の啓蒙書で有名な中島孝志による、20代の生き方を示した一冊です。 同氏の本として『30代は仕事に狂いなさい!』があり、その前の時期にあたる20代における心構えを示しているものだと考えれば良いでしょう。 『30代~』に於いては、30代でいかにして仕事をきわめ、人間関係を構築するかによって40代以降のビジネスパーソンとしての存在感が変わる、としていました。対して本書では、20代における勉強によって、30代、ひいては40代のビジネスパーソンとしての価値に影響を及ぼす、としています。 20代というのは、まだまだ存在感のある時代ではないと本書は示しています。ただ、30代になると否応なくその存在感が増し、40代を超えるとさらに存在感ある存在・・・・・>もっとみる

30代は仕事に狂いなさい!【電子書籍】

30代は仕事に狂いなさい! 著者 ページ数 クチコミ評判
中島 孝志 116ページ ★★★☆

30代の仕事のありかた

この本は30代の人は勿論のこと、30代を前にしている人に向けた一冊です。 本書では30代というのは人生のターニングポイントとなる時であるため、この時にどのようにして働くのか、ということが重要になっている、とまず示しています。 この時期にどのような仕事をして、人間として成長を遂げ、人間関係を構築出来たかどうか、というのが40代以降のビジネスパーソンとしての能力を分けることになるというのです。 ただ、本書はあくまでも著者、中島孝志本人の体験をベースにして考えられている一冊です。全てのことが全員に当てはまるというものではありません。いわゆる>もっとみる

捨てる生き方 幸運、金運、人運、引き寄せの法則 【電子書籍】

捨てる生き方 幸運、金運、人運、引き寄せの法則 著者 ページ数 クチコミ評判
佐藤 康行 118ページ ★★★

自分を見つめなおす一冊

この本はいわゆる自己啓発本や啓蒙本と呼ばれるような類の本だと考えて頂いて概ね間違いかもしれません。この通りにしていれば絶対に幸せになれる、という方法論を示すものではなく、こう考えることによって幸せになることができる、という内面からの変化を促すものだからです。 外在的なものを変化させるよりも、内在的なものを変化させる方が容易であることから、生き方の選択肢の一つとして考えてみると良いと思います。 さて、この本における主軸となる主張は「全てが欲しいと思うのであれば、全てを捨てろ」ということです。この部分だけを聞いても何を言っているのか検討がつかないという人が多いかもしれません。物質的なもの、あるいは概念的なものを捨てることによって、精神的なものを手に入れる事ができる、という>もっとみる

ダイヤモンド・セルフ【電子書籍】

ダイヤモンド・セルフ 著者 ページ数 クチコミ評判
佐藤康行 86ページ ★★★☆

ダイヤモンドは自分のなかに

この本は営業マン向けの書籍や啓蒙本などで有名な佐藤康行先生によって書かれた、生き方を考える一冊です。 本当の自分というのはどういうものなのか?ということを考えたことがある人は多いのではないでしょうか。毎日をなんとなく生きているものの、本当の自分は別の場所にいるような、別の生き方をしているような、そんな感覚を覚えている人も多いかと思います。 この本では、「本当の自分」とはなにか、ということをこのように定義しています。「本当の自分」とは、”あなたの想像をはるかに超えた、まさにダイヤモンドのように光り輝き、完全で完璧で、そして無限の可能性を持つ、愛にあふれた奇跡の存在。”>もっとみる

なぜ、あの人は 人付き合い が上手いのか 「人間関係」でもう悩まない心理学

なぜ、あの人は 人付き合い が上手いのか 「人間関係」でもう悩まない心理学 著者 ページ数 クチコミ評判
和田秀樹 108ページ ★★★★☆

一人では人付き合いにならない

「人間関係」というのは、多くの人の頭を悩ませる、非常に大きな悩みの種ですよね。人間関係に悩み転職をしたり、ひいては自殺まで考えてしまう人がこの国に限らず世界には沢山いるといわれています。そこまで深刻ではないとしても、「何故自分は人付き合いが上手く行かないのか?」ということを考えることは良くあることだと思います。 そんな疑問に対して、本書はプロローグからいきなり根本をひっくり返しています。「人付き合いがうまくいかないのは自分のせいだと思っていないか?」というのです。当然「自分のせいと思っている」、と答える人も多いのではないでしょうか?しかし、人付き合いというのは一人で成り立つものではない。人付き合いが上手く行か無い原因は自分ではなく、相手に有る場合も十分に考えられるとしています。>もっとみる

あの世がわかればこの世が変わる【電子書籍】

あの世がわかればこの世が変わる 著者 ページ数 クチコミ評判
中島孝志 67ページ ★★★★☆

あの世とこの世を生きる

「死んだらどうなるのだろうか?」というのは誰もが一度は考えたことが有ることだと思います。 勿論そんなことは生きている間には分かることではありません。 本書は、本当のあの世のことはわからないものの、現世に生きている中からそれを考え、それをむしろ「この世の生活」にこそ活かすことが出来るのではないか?ということを紹介している一冊です。 この本の中では、人間に限らず多くのものの死について記されています。そして、その死がどういったことをこの世にもたらしたのか、ということを合わせて紹介しているわけです。この本で言うところの「あの世」というのは、もちろん「自分がいなくなったあとのこの世」だと考えて良いと思います。>もっとみる

「モテの原理」モテるオトコに変わるための出張ホスト禁断の教え32【電子書籍】

「モテの原理」モテるオトコに変わるための出張ホスト禁断の教え32 著者 ページ数 クチコミ評判
藤崎 清十郎 66ページ ★★★★☆

モテるための心理学

「モテる」「モテない」というのは、悲しいかな男にとって至上命題の一つのようなものかと思います。 多くのことを「モテるため」を目的として行っている人は意外に多いのではないでしょうか?しかし、何をやってもモテない人というのも少なくないかもしれません。もしかすると、その努力はそもそもアプローチが間違っているのかもしれないのです。間違った努力を繰り返してはモテるものもモテませんよね。 本書は、そんな間違った努力をしている「モテたい男たち」に向けた一冊です。著者である藤崎清十郎氏は出張ホストを行っている人で、まさに「モテる」ことのプロだと言って良いでしょう。だからこそ「そうか!」と感じ取れる部分もあれば、共感しにくい部分というのも当然あるかとおもいます。>もっとみる

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 【電子書籍】

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 著者 ページ数 クチコミ評判
ティナ・シーリグ(著), 高遠裕子(訳) 244ページ ★★★★

本質を知る旅に出よう

将来、起業家となって自分の会社や自分のビジネスで成功したいと考えている人は特に珍しい存在ではないです。ですが現実問題として、そんな風に自分で起業する事が出来る人の数はそう多くはないし、更に起業した人の中でも成功を掴むとなると、また更に少なくなってしまいます。 だからこそ、自分で起業する夢を実行に移せずにいる人や、起業したものの上手く行かない人は、20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義を読んでみるべきです。この、20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義を読めば、起業してビジネスで成功するためには誰かを蹴落とさないと生き残れない、というビジネス界で思い込みがちな事が、実は誤解であるという事を理解する事が出来ます。>もっとみる

天運を拓く ~遺伝子をONにする80のスイッチ~【電子書籍】

天運を拓く ~遺伝子をONにする80のスイッチ~ 著者 ページ数 クチコミ評判
佐藤 康行 157ページ ★★★
天運【てん-うん】とは、1点から与えられた運命のことをいいます。自然の理法、天体の運行ともいわれています。 本書のタイトルはそんな意味から取っているのではないでしょうか。 天運というのは本来的には自分がどうこうできることではありませんが、その天運を変える方法が一つだけ存在しているといわれています。それは、外在的な天運の方を変えるのではなく、内在的な意識の方を変えることでです。客観的に見れば辛い運命があったとしても、自分のなかでそれを楽しむことができているのであれば、天運は変わったといってよのではないでしょうか?本書はそんな「天運の拓き方」を紹介している一冊です。 天運を拓くために必要なこととして、まず第一章に「本当の自分を知る」ことを挙げています。敵を知り己を知れば百戦危うからずです。まずは己を知らな>もっとみる