自己啓発の電子書籍

 
» page top

自己啓発・思想哲学・心理学

自己啓発のおすすめ電子書籍

一流力 一人の一流は 百人の二流に勝り 千人の三流に勝る

一流力 一人の一流は 百人の二流に勝り 千人の三流に勝る 著者 ページ数 クチコミ評判
クリス 岡崎 66ページ ★★★★★
私が本書籍に惹かれたのは、タイトルの一流力というキーワードです。一流とは言えない私ですが、なんとなくその言葉が気になってしまい、読んでみました。 本書籍では一流の人間とはどのような生き方、考え方そしているか、また一流の人間になるためにはどうあるべきかを、独自の切り口から論じています。読んでみて私が感心したのは、一流の人間は自分自身の意識をしっかりもち、未来を信じる力があるということです。>もっとみる

マーフィーの教えに学ぶ 幸せな成功者になるための50の法則

マーフィーの教えに学ぶ 幸せな成功者になるための50の法則 著者 ページ数 クチコミ評判
浜本哲治 293ページ ★★★☆☆
この書籍はそんなジョセフ・マーフィーの教えを一般の方にもわかりやすく、日々の生活に落とし込みやすく出来るように作成した一冊になっています。 中でも私が他のマーフィーの言葉や教えを用いた書と違うなと感じたことは、この著者なりの理解している部分、この著者の実体験を交えてさまざまなメッセージを私達へと送ってくれることです。 自分のやりたいこと、夢などに行き詰りかけているという方。 是非この一冊をご覧になってください。>もっとみる

何もかもがうまくいかないとき 心のつかえがとれる31のヒント

何もかもがうまくいかないとき 心のつかえがとれる31のヒント 著者 ページ数 クチコミ評判
小倉 広 おぐら ひろし 90ページ ★★★☆☆
色んな事が上手く行かずに八方塞がりになりことって、長い人生、そう多くはありませんが何回かは必ずやってくるものです。 丁度今努めている会社で入社2年目の子がスランプに陥ってしまい、落ち込んでいる所を目にしました。そんな様子を目にしてある本を進めました。 それが「何もかもがうまくいかないとき 心のつかえがとれる31のヒント」です。>もっとみる

ハピモテ体質になれる美人の習慣

ハピモテ体質になれる美人の習慣 著者 ページ数 クチコミ評判
佐藤富雄 さとう とみお 147ページ ★★★☆☆
女性にとってもっとキレイになりたい、いつまでも美しくありたいという美容はやはり最大の関心事ですよね。私もおこがましいですが、もっと美容に関する知識をつけたいと思ってこの書籍「ハピモテ体質になれる美人の習慣」を手にとってみました。>もっとみる

心配ぐせを直せばすべてが思いどおりになる

sigeta 著者 ページ数 クチコミ評判
斎藤 茂太 さいとう しげた 211ページ ★★★★☆
精神科医である斉藤茂太氏の晩年の著作である本作は、心配をするのは当たり前と述べ、心配性であることをプラスに変えるようわかりやすく説いています。>もっとみる

成功の女神に好かれる人嫌われる人 ~努力しなくても成功する人 努力しても成功しない人~【電子書籍】

成功の女神に好かれる人嫌われる人 ~努力しなくても成功する人 努力しても成功しない人~ 著者 ページ数 クチコミ評判
佐藤康行 66ページ ★★★★☆

実践できる方法論

この本を読む人の中では、「自分もいつか成功者になりたい」と考えている人が多いのではないでしょうか? ただ、当然ながら本を読むだけで成功者になれるわけではないですよね。この本を読んだ上で、実践をしていくことが重要なこと、ということを考えていないといけませんよね。 この本において紹介しているのは、「成功者」になるためにはどんなことが必要なのか、という実的な話ばかりです。タイトルからすると一見、宗教的な、スピリチュアルな雰囲気を感じるかもしれませんが、実際の内容はものすごく現実的な内容となっているので、参考になること、実践してみたいことが多いのがポイントです。>もっとみる

仕事ができる人できない人 ―「あの人はできる!」と納得させる20のルール【電子書籍】

仕事ができる人できない人 ー「あの人はできる!」と納得させる20のルール 著者 ページ数 クチコミ評判
中島孝志 90ページ ★★★★☆

小さなルールの積み重ね

仕事が「できる人」と、「できない人」なら、当然できる人であった方がよいでしょう。ただ、現実問題として「できる人」になれていない人に向けているのが本書なのかもしれません。 特に本書は「仕事に追いかけられている人」「仕事が遅いと叱られる人」「仕事に能力の限界を感じる人」を対象としています。 本書によれば、「仕事ができるか」、「できないか」、というのはそれほど大きな違いがあるわけではないと書かれています。「ちょっとしたコツを知っているかどうか」程度のことが分水嶺となっているというのです。 具体的にいくつかの項目を紹介していくと、例えば第一章は朝起きてからオフィスに出勤するまでにするべきことが示されています。その内の一つに「朝起きてから家を出るまでの記述」というのが>もっとみる