電子書籍の書評ランキング

 
» page top

読み放題 読み放題トップへ

華と修羅 もくじをみる

谷本和弘,井上紀良

時は大正。名門華族・唐房家三男の慎太郎は事件で死んでしまった使用人と、現当主・毅の間にできた子だった。
次期当主に長男の新を爵位させたい母や兄に疎まれていた慎太郎。
そんな時、毅が何者かに毒を盛られ、新の行動が過激になっていく。

死んだ母の願いと互いに想い合う百合子のために次期当主になる決意を決めた!

三国志 諸葛孔明 もくじをみる

横山まさみち、林房雄

三国志の世界と歴史上最高の軍師・諸葛孔明を、『スーパージェッタ―』、『冒険ガボテン島』などで有名な巨匠・久松文雄が描く感動巨編。
群雄割拠の後漢末に現われた英雄・諸葛孔明。

太平記 もくじをみる

横山まさみち

"源平合戦、元寇の後に訪れた武士による治世――――――。
しかし、そこでもたらされた平和はそう長くは続かなかった。楠木正成、足利尊氏、新田義貞……時代は英雄を渇望していた。
歴史漫画の巨匠・横山まさみちが描く『太平記』、そして英雄たちの生きざまを描く!

西郷隆盛 もくじをみる

横山まさみち、林房雄

維新三傑のひとり・西郷隆盛を、歴史漫画の巨匠・横山まさみちが描く!
巨人・西郷がいかにして己が宿命をみつけ、いかにしてその生涯をまっとうしたのか。人生が変わる一冊!

春日局 もくじをみる

久松文雄,堀和久,久保田千太郎

堀和久の名作小説を、歴史コミックの第一人者・久松文雄が描く感動巨編! 山崎の戦いで敗れた明智光秀の部将・斎藤利三の娘として生まれたお福は、幼いころより裏切り者の娘として世にさげすまれてきた――。長じて小早川家家老・稲葉正成の正室となるが、子どもを遺して離縁。果たしてお福に幸せは訪れるのか!?

てんぐ大将 愛蔵版 もくじをみる

横山まさみち

とんでもない一物の持ち主で、生まれついての商才とスケベ心に長けている吉之助。日本に国産タバコ産業を根付かせた風雲児であり、羨ましいほどの女遍歴とその商才を巨匠横山まさみちが描いた傑作。

必殺闇同心 もくじをみる

黒崎裕一郎,神江里見

いつの時代も権力と結託し法と秩序の抜け穴を潜って、 己だけの欲を満たそうとする悪は居る。 お白州で裁けぬ巨悪を闇で抹殺する者たち! それを人は闇の始末人と呼んだ! 人気テレビ時代劇『必殺シリーズ』の脚本家と 時代劇漫画の第一人者が怒涛のタッグを組んだ!

史記 大合本 もくじをみる

久松文雄,久保田千太郎

【『史記』1~5巻を収録した大合本版!】かつて日本の教養人が必ず読んだという司馬遷の『史記』。中国大河ドラマを描いた『史記』は歴史ドラマとしてのおもしろさだけでなく、人生訓や格言にもあふれた大人のための教科書だったのだ。『スーパージェッタ?』や『冒険ガボテン島』で一世を風靡した漫画家・久松文雄が描く『史記』の世界。

おんな江戸花火 もくじをみる

ケン月影

江戸から大阪へ向かう千石船が暴風雨に遭い、難破した。その船に乗っていた武士の妻が無人島へ流れ着く。ところがその無人島は極悪な罪人の流刑の地だった! 罪人の慰み者になってしまう美貌の人妻。その頃、仕置人のお銀も同じく難破した船に乗っていて、無人島の別の場所に流れ着いていた。妻とはぐれてしまったという武士と共に島からの脱出を思案していた。お銀を始めとした男女4人の運命やいかに!?

コミック・シルクロード もくじをみる

久松文雄,久保田千太郎

果てしない砂漠の彼方には、何があるのか張騫は、武帝の許しを得て、漢の使節として初めて西域へ旅立つ!

春日局 もくじをみる

横山まさみち、早乙女貢

明智光秀の片腕・斉藤内蔵介の娘・お福(のちの春日局)は、謀叛人の子という烙印の下に苦難・曲折そして数奇な運命を……

真田幸村 ―真田戦記― もくじをみる

宮崎惇,横山まさみち

北条、武田、徳川、上杉……。大国のはざまに囲まれた弱小・真田はいかにして戦国の世を生き抜いたのか……。巨匠・横山まさみちが戦国随一の智将・真田昌幸とその子、幸村、信幸たちの生きざまに迫る!

奥州藤原四代 もくじをみる

横山まさみち,今東光

平安の御世に黄金の都と呼ばれた平泉―――。 それまで未開の地だった東北で、京の都に劣らぬ黄金文化を花開かせた清衡、基衡、秀衡、泰衡ら、奥州藤原四代の物語。 前九年の役に始まる奥州藤原氏の活躍を、直木賞作家・今東光の原作で、歴史漫画の巨匠・横山まさみちが描く! 東北の成り立ちに思いを馳せる良書。 目次 第一章  八幡太郎と清衡 第二章  偽りの首 第三章  闇討ち 第四章  後三年の役 第五章  清原家滅亡 第六章  新都 平泉 第七章  自在坊蓮光 第八章  中尊寺建立 第九章  二代目 基衡

信長公記 もくじをみる

小島剛夕

天下統一を夢見て戦に明け暮れた織田信長。 側近の太田牛一が自身の日記を基に綴った、本能寺に斃れるまでの十五年間の言動をありのままに伝える『信長公記』をもとに、 巨匠・小島剛夕が描く奔放で魅力的な信長伝。

片目柳生 もくじをみる

小島剛夕

世にかなう敵なし 柳生陰流の達人十兵衛。 日本全国を渡り歩き、門弟1万余を数えた剣客。 家光公の隠密とも言われた彼の正体は...真の目的とは…。

嘉納治五郎 風雲録 もくじをみる

橋本一郎,ほんまりう

激動の明治期 群雄割拠する柔術界で 柔(やわら)を道として 制覇統一を目指す嘉納治五郎!! [主な登場人物] ●嘉納治五郎(かのう じごろう) 1860(万延元)年~1938(昭和13)年、摂津国御影村(現・兵庫県神戸市東灘区御影町)に生まれる。様々な流派がしのぎを削る明治期、柔術を道(どう)として極め、講道館柔道の創始者であり柔道・スポーツ・教育分野の発展、日本のオリンピック初参加に尽力するなど、日本に於けるスポーツの礎を築く。「柔道の父」「日本の体育の父」とも呼ばれている。 ●西郷四郎(さいごう しろう) 会津・大東流合気柔術を学ぶ西郷は、嘉納治五郎に恨みを持つ一団に襲われたのをきっかけに、嘉納の門下生となる。山嵐なる技でめきめき頭角を現す。 ●富田屋の娘・加代(かよ) 上野の花見の最中に、暴漢に襲われたところを西郷に助けられる。それが縁で西郷に恋心を抱く。 ●戸塚清次郎(とづか せいじろう) 戸塚楊心流の柔術を受け継ぐ若師匠と目され、柔術界の佐々木小次郎と異名をとる天才児。西郷四郎とは宿命のライバル。 ●飯久保恒年(いいくぼ つねとし) 柔術・天神真楊流起倒流の流れをくむ嘉納治五郎の師匠。 ●富田常次郎(とみた つねじろう) 柔らの道を極めようとする、嘉納治五郎の門下生。 ●清水次郎長(しみず じろうちょう) 荒くれ若集・猛者を集めた魚河岸の道場主で大親分。

忠臣蔵 もくじをみる

小島剛夕

悩みながらも自らの武士道を貫く清冽な生きざまを、時代劇画の至宝が小島剛夕が描いた赤穂義士伝!!

源氏~陰陽炎舞曲~ もくじをみる

MEDIL/Dimps、真崎春望、橘花夜

平安の御代―――――。数奇なる星の下に生まれし兄弟がいた。
ヒカルとゲンジ……、妖(あやかし)の跋扈する都を舞台にふたりのイケメン皇子の物語が、いま始まる

秦始皇帝 大合本 全4巻収録 もくじをみる

久松文雄,久保田千太郎

【『秦始皇帝』全4巻を収録した大合本版!】人間の栄枯盛衰はうたかたの夢、この世に生を享けた限りは、見果てぬ夢でも一度は栄華の夢を見てみたい。そう思う趙の大商人・呂不韋は秦の公子・子楚を秦の王座につけるべく活動をはじめる! 中国古代の英雄・始皇帝を巨匠・久松文雄が描く。

西郷隆盛 大合本 もくじをみる

横山まさみち,林房雄

【『西郷隆盛』1~4巻を収録した大合本版!】維新三傑のひとり・西郷隆盛を、歴史漫画の巨匠・横山まさみちが描く! 潘の窮乏を目の当たりにし、領民たちの苦悩を救うべく、星雲の志を抱いた西郷は藩の世継・島津斉彬の英明さに昏倒していく。しかし藩内には斉彬の弟・久光を擁立する動きが出て?????。巨人・西郷がいかにして己が宿命をみつけ、いかにしてその生涯をまっとうしたのか。人生が変わる一冊!

沖田総司 もくじをみる

小島剛夕

童顔の裏にひそむ魔性の剣! 動乱の幕末を清冽に生きた天才剣士 沖田総司を巨匠 小島剛夕が描く!