電子書籍の書評ランキング

 

受賞作品

淡島百景1【電子コミック】

81G8lKa6lbL._SL1500_ 著者 ページ数 クチコミ評判
志村貴子 155ページ ★★★★☆

第19回文化庁メディア芸術祭優秀賞作品

第19回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した本作(Webサイト『ぽこぽこ』にて連載中)の待望の単行本第1巻がついに登場! 晴れて淡島歌劇学校に合格し、通称『寄宿舎』と呼ばれる合宿所に入所した田畑若菜は、寮長でルームメイトの本科生・竹原絹江をはじめ、共に学ぶ同士たちと出会います。 華やかなだけではない、裏では欲と嫉妬が渦巻く世界に足を踏み入れてしまったことに、多少、後悔にも似た気持ちに駆られる若菜でしたが、舞台で活躍することを夢見て期待と不安を胸に抱きながら学校生活をスタートさせる。>もっとみる

キャプテン 第22回小学館漫画賞少年少女向け部門受賞【電子コミック】

ちばあきお キャプテン 著者 ページ数 クチコミ評判
ちばあきお 319ページ ★★★★☆
<キャプテン あらすじ/作品紹介 第22回小学館漫画賞少年少女向け部門受賞> ちばあきおの野球漫画といったらキャプテンです。月刊少年ジャンプで1972年から連載されていました。週刊少年ジャンプのほうにはスピンオフの作品になる「プレイボール」も連載されており一時代を築いた漫画家とその作品になります。テレビアニメ化や実写映画化もされた第22回小学館漫画賞少年少女向け部門受賞作品。 キャプテンは、墨谷二中の谷口が野球部を引っ張って仲間と一緒に成長していくという野球漫画です。熱血風な野球漫画とは違い主人公の谷口君は現実的で欠点もあり見ている人たちが共感を持つことのできる等身大のキャラクターになっています。>もっとみる

アイアムアヒーロー 第58回小学館漫画賞一般向け部門受賞 【電子コミック】

アイアムアヒーロー 著者 ページ数 クチコミ評判
花沢健吾 ページ ★★★★★☆
<アイアムアヒーロー あらすじ/作品紹介 第58回小学館漫画賞一般向け部門受賞> 『アイアムアヒーロー』は、花沢健吾の作品で『ビッグコミックスピリッツ』にて、2009年より連載開始。2016年には実写映画化が予定されている第58回小学館漫画賞一般向け部門受賞作品。 「アイアムアヒーロー」は、いわゆるゾンビ物の漫画です。町中にゾンビがあふれ、主人公達は犠牲者を出しながらも、必死に闘います。しかしただの恐いだけのゾンビ漫画ではありません。ゾンビになった人々は普通の一般庶民です。主人公は彼女がゾンビになってしまったとき倒すのをためらいます。>もっとみる

昭和元禄落語心中 第38回講談社漫画賞一般部門受賞 【電子書籍】

昭和元禄落語心中 著者 ページ数 クチコミ評判
雲田はるこ 160ページ ★★★★
<昭和元禄落語心中 あらすじ/作品紹介 第38回講談社漫画賞一般部門受賞> 昭和元禄落語心中は、『雲田はるこ』の手により『ITAN』にて2010年より連載されているマンガ作品。第38回(2014年度)講談社漫画賞一般部門受賞作品で、同文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作と評価の高い作品2015年にテレビアニメ化されることが発表されています。 昭和元禄落語心中は、やくざ者の与太郎が刑務所で聞いた名人八雲の落語に感動し、落語の世界に飛び込んでいくお話。与太郎は、名人八雲に惚れ込み弟子入りし、苦難を乗り越え真打を目指します。師匠の同門の娘小夏と、師匠の元で一緒に下積みをおくる奇妙な3人の生活が描かれています。>もっとみる

章太郎のファンタジーワールド ジュン 第13回小学館漫画賞受賞 【電子コミック】

章太郎のファンタジーワールド ジュン 著者 ページ数 クチコミ評判
石ノ森章太郎 274ページ ★★★
<章太郎のファンタジーワールド ジュン あらすじ/作品紹介 第13回小学館漫画賞受賞> 章太郎のファンタジーワールド ジュンは、石ノ森章太郎の作品で『COM』にて、1967年から1971年まで連載された独創的な作品。漫画好きならばこういった特殊な構成の作品も是非押さえておきたい。第13回小学館漫画賞受賞作品。 章太郎のファンタジーワールド ジュンは、漫画家を目指し、漫画家への憧れを抱き、日々絵を書いたりと物語を考えることに明け暮れる主人公の章太郎は、厳格な父と一緒に暮らしています。ある日、章太郎の父親は、漫画家を目指す息子にそのようなくだらない夢を追いかけるのではなく、もっと地に足をつけて現実を生きろという意向から章太郎の書いた漫画を破り捨ててしまいます。傷つき落ち込んだ章太郎が、落胆にくれていると、一人の少女が現れます。章太郎は、その少女に導かれるようにして、様々な幻想世界を旅します。そして、旅を通して章太郎は成長し・・・・・。>もっとみる

ガラスの城 第16回小学館漫画賞 【電子コミック】

ガラスの城 著者 ページ数 クチコミ評判
わたなべまさこ 194ページ ★★★
<ガラスの城 あらすじ/作品紹介 第16回小学館漫画賞> ガラスの城は、『わたなべまさこ』によるヨーロピアンロマン風少女漫画で、週刊マーガレットにて1969年から1970年まで連載されていた作品です。 主人公は、ロンドンで穏やかに暮らしていた、双子の姉妹であるイザドラとマリサです。この姉妹の運命は、母親の事故死をきっかけとして大きく変わることになりました。イザドラは、母が残した遺品から、妹のマリサが伯爵の娘であると知ってしまいました。伯爵の娘は、失踪中ということになっていました。真実を隠し、イザドラは伯爵令嬢に成りすますことに成功しました。姉妹の人生は、入れ替わってしまったのです。美しくも残忍なイザドラは、自分の欲のために人を殺そうとしたり、策略を練ることに必死です。人の良すぎる妹マリサは、イザドラの行為によって翻弄されていくことになります。>もっとみる

銀の匙 Silver Spoon 第58回小学館漫画賞少年向け部門受賞 【電子コミック】

銀の匙 著者 ページ数 クチコミ評判
荒川弘 192ページ ★★★★
<銀の匙 Silver Spoon あらすじ/作品紹介 第58回小学館漫画賞少年向け部門受賞> 銀の匙 Silver Spoon は、農業高校を舞台に繰り広げられる主人公の成長物語です。主人公の八軒勇吾は、有名な進学中学校に通っていましたが、学力競争に敗れて、大きな挫折を味わいます。 寮があるというだけで、半ば投げやりに大蝦夷農業高校(エゾノー)に進学します。そこで出会ったのは、個性的な教師やクラスメイト達。そして、彼らが明るく楽しくも真面目に取り組む「農業」の世界を知ります。 勉強だけが全てだった八軒も、そんな彼らの姿を見て、今までの自分を振り返り、少しずつ挫折から立ち直りながら自分に何ができるのかを考えていきます。面白いだけでなく、リアルな農業、酪農の世界が描かれており、考えさせられる作品です。 ヒロイン、御影アキとの恋の行方も気になります。>もっとみる

味いちもんめ 第44回小学館漫画賞青年一般部門受賞 【電子コミック】

味いちもんめ 著者 ページ数 クチコミ評判
原作あべ善太/作画倉田よしみ 216ページ ★★★
<味いちもんめ あらすじ/作品紹介 第44回小学館漫画賞青年一般部門受賞> 『味いちもんめ』は、原作あべ善太/作画倉田よしみによる漫画作品。連載開始時期の1986年には『ビッグコミックオリジナル増刊号』にて連載していたが、1987年に『ビッグコミックスペリオール』に誌面を変え連載。1999年には第44回小学館漫画賞青年一般向け部門を受賞し、1995年にはテレビ朝日系列でテレビドラマ化もされた人気作品。>もっとみる

佐武と市捕物控 第13回小学館漫画賞受賞 【電子コミック】

佐武と市捕物控 著者 ページ数 クチコミ評判
石ノ森章太郎 242ページ ★★★☆
<佐武と市捕物控 あらすじ/作品紹介 第13回小学館漫画賞受賞> 「佐武と市捕物控」は、石ノ森章太郎の作品で1966年に『週刊少年サンデー』で連載、1968年に『月刊ビッグコミック』に誌面を変え連載していた作品。1968年にはNET系列でテレビアニメ化もされ1971年にはTBS系列でドラマ化もされています。2011年は世代を超えパチンコ化もされた第13回小学館漫画賞受賞作品です。 江戸を舞台に下っ引きの佐武と、あんまを営む盲目の市が、殺人事件の解決に挑むミステリー連作短編集。捕縄術の名手である若い下っ引きの佐武は、故郷を飛び出して江戸に出てきたところを岡っ引きの佐平次に拾われ、下っ引きの仕事を始めます。>もっとみる

Piece 第58回小学館漫画賞少女向け部門受賞 【電子コミック】

Piece 著者 ページ数 クチコミ評判
芦原妃名子 ページ ★★★★☆
<Piece あらすじ/作品紹介 第58回小学館漫画賞少女向け部門受賞> Pieceは、芦原妃名子による作品で2008年から2013年にかけて『ベツコミ』にて連載された少女漫画。2012年には日本テレビ系列でテレビドラマが放映された第58回小学館漫画賞少女向け部門受賞作品。本作Pieceは、大学生の水帆のもとに、高校の同級生である折口はるかの訃報が伝えられたのが物語の始まりです。彼女の葬儀に、かつてのクラス全員が集まりました。葬儀後、はるかの母親は、水帆にある頼みごとをします。>もっとみる



» page top