電子書籍の書評ランキング

 

はあちゅうの読書めも

#6 宮下奈都「羊と鋼の森」

614PbMKEQxL 著者 ページ数 クチコミ評判
宮下 奈都 243ページ ★★★★☆
本屋大賞受賞作品。 ピアノの調律師の青年の仕事での成長を丁寧に描いていて、小説の醍醐味を心行くまで味わえた。>もっとみる

#5 紗倉まな「最低。」

51DyjDPdPOL._SX339_BO1,204,203,200_ 著者 ページ数 クチコミ評判
紗倉まな 146ページ ★★★★★
現役人気ナンバーワンAV女優の筆者が書いた初小説ということで、注目度も高く、発売前から内容にも興味が湧いたけれど一ページ目から、あまりに完成された文章と物語に衝撃を受け、ぐいぐいと引き込まれた。>もっとみる

#3 佐渡島庸平「ぼくらの仮説が世界をつくる」

81MgyHo3UvL._SL1500_ 著者 ページ数 クチコミ評判
佐渡島 庸平 120ページ ★★★★☆

道なき道を行く全ての人に

ビジネスマン、特にエンタメに携わる人にとって、胸のど真ん中にくる言葉が詰まっていて、読後は、世の中を自分の仕事で変えてやる、という気合が溢れてくる。>もっとみる

#2 あまからカルテット

41TZO96PMIL._SX340_BO1,204,203,200_ 著者 ページ数 クチコミ評判
柚木麻子 164ページ ★★★★☆
ご飯好きな私も、こんな風に食べ物がきっかけで展開していく事件が、人生の中に欲しいし、こんな風に変わらず続く友情に、憧れる。>もっとみる



» page top