電子書籍の書評ランキング

 
» page top

中谷彰宏の新・妄想日記

#336 後ろから、腕枕して

あなたの、後ろからの腕枕が好き。 あなたの魅力は、言葉で表現できない。 特に、あなたの身体の心地よさは。 カッコよさは、見ればわかる。 心地よさは、身体で体験しないと、わからない。・・・>more

#335 心の声に、「いいよ」

あなたのテレパシーが、好き。 あなたと、女の子と、3人でご飯を食べた。 ご飯もおいしいし、会話も楽しい。 女の子が、楽しそうにしているのを見るのが、私は好き。 彼女は、この間会って、今日、まだ2回目とは思えない。・・・>more

#333 あなたの木に、登る

あなたの、大木みたいなところが好き。 あなたに抱きつきながら、感じた。 この感覚は、どこかで感じたことがある。 思い出した。 木登りだ。 子供の頃、木登りが好きだった。 木に登っていくと、不思議な感覚を感じた。・・・>more

#332 私のスレイマン大帝に

あなたの、好きな漫画が好き。 お気に入りの少女漫画がある。 あなたに、教えてもらった。 16世紀、オスマントルコのスレイマン大帝とハーレムの側室のお話。 実在した人物に基づいてい描かれている。・・・>more

#331 抱っこ、させて

あなたのヘトヘトが、好き。 ヘトヘトのあなたが、好き。 あなたは、一日中、世界の人々を癒やすために頑張っている。 ベッドに、大の字になって寝ている。 そんなあなたに、ご奉仕できる私は、幸せ。・・・>more

#330 夕食の前に、ひと口

あなたを、ひと口させてもらうのが、好き。 夕暮れ時。 一緒に、晩ご飯を食べに行く。 出かける支度をしている。 楽しい時間。 さて、準備ができました。 と言い終わらないうちに、あなたに抱きしめられる。・・・>more

#329 笑いながら、いかせて

あなたの、笑いながらいかせてくれるのが、好き。 あなたの腕の中で、私は、笑っている。 感じているはずなのに、笑っている。 どうして笑っているのか、自分でも、わからない。 気持ちいいはずなのに。・・・>more

#328 私の中の、路地に入って

あなたが知らない路地に入っていくのが、好き。 あなたに、ワンパターンはない。 あなたとのエッチは、毎回、画期的。 エッチに、画期的という言葉が、不思議な感じがするけど、画期的という言葉が、一番近い。・・・>more

#327 私の人生を、抱きしめてくれる

あなたの、いとおしみ方が、好き。 あなたに、かわいがられると、幸せな気分になる。 もちろん、気持ちいい。 でも、気持ちいいだけじゃない。 幸せな気分になる。 かわいがってもらっているというのとも、違う。・・・>more