電子書籍の書評ランキング

 
» page top

中谷彰宏の新・妄想日記

#398 あなたの腕の中が、避暑地

あなたの涼やかさが好き。 あなたは、夏でも、スリーピース。 周りの男性は、クールビズで、ネクタイすらしていない。 あなたは、暑そうに、シャツのボタンをだらしなく開けたりしない。 第一、ナローなネクタイをキュッと、細く締めている。・・・>more

#397 魔女でも、かわいがってくれる

あなたの、魔女でもかわいがるところが好き。 魔女キルケーの絵が、好き。 ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの『オデュッセウスに杯を差し出すキルケー』の絵が好き。・・・>more

#396 脱ぐ口実を、探してた

あなたの神話的なところが好き。 『パリスの審判』を見た。 ギリシャ神話の美女ベスト3のヘラ、ヴィーナス、アテナの中で、誰が一番美女かを選ぶのを任された人間の若者パリス。・・・>more

#395 妖精のように、感じる

あなたの、眠る姿が好き。 ハーバート・ドレイパーの『イカロス哀悼』の絵を見た。 父ダイダロスの命を破って、高く飛びすぎて、翼が溶けて、海に落ちて死んだイカロス。・・・>more

#394 安全なシステムの、外側に

あなたの自由さが好き。 あなたは、桁外れの世界に生きている。 お金とか、名声とかの意味ではなくて。 あなたは、私たちの生きているシステムの外側に生きている。 だから。 私たちの発想が、追いつけるはずがない。・・・>more

#393 あなたの代わりに、ごめんなさい

あなたの代わりに、謝るが好き。 素敵な女性がいた。 文字通り「いい女」だった。 女性の私が見ても「いい女」だった。 そこにいた男性たちが、面白い。 いつもと違って、胸を張る。 胸を張り合い、声を張り合う。 自慢話が、始まる。・・・>more

#392 優しく、差して

あなたの育て方が、好き。 あなたの細い傘って、どこで売ってるのかしら。 銀座のイギリスのブランドのお店かな。 あら? ちょっと、待って。 思い出してしまった。 今日の美術館巡りは、途中から雨が降り出した。・・・>more

#391 優しく、巻かれて

あなたの傘の巻き方が好き。 雨が、やんだ。 あなたは、傘を畳んで歩いた。 すれ違った女の子が、ささやくのが聞こえた。・・・>more

#390 静かなのに、荒々しい

あなたの静かさが好き。 あなたと、温泉。 食事のあと、もう一度、お風呂に行く。 今度は、露天風呂。 違うお風呂に入れるのが、贅沢。 岩風呂は、茶褐色の金泉。 露天風呂は、炭酸泉の銀泉。・・・>more

#389 あとで、火照りが止まらない

あなたのマグマが好き。 あなたと、温泉に行った。 歴史のある温泉地。 旅館に着くと、さっそく、食事の前に大浴場に行く。 食事の前に、温泉に入るのが、贅沢。 ちょうどよい時間。・・・>more