電子書籍の書評ランキング

 
» page top

中谷彰宏の新・妄想日記

#267 あなたに、見抜かれたい

あなたの、面接が、好き。 初めて、あなたに会った時、なんであんな風に、言ったんだろう。 私から、声をかけた。 「この後、空いてますか」 とは、言わなかった。 あなたが、空いてるはずはない。・・・>more

#266 舌が、味を探しにいく

あなたの感覚が、好き。 あなたに会って、私の感覚が変わった。 風景の見え方が、変わった。 いつも歩いている道が、こんなにキレイだと気づかなかった。 音楽の聞こえ方が、変わった。・・・>more

#265 背中から、抱きしめさせて

あなたの胸の厚みが好き。 あなたを、後ろから抱きしめる。 あなたの胸は、どこまでも、厚い。 見ていても、厚い。 抱きしめると、見ていた時より、さらに厚いのがわかる。 手が届かない。 横幅よりも、奥行きが広い。 大木。・・・>more

#264 私の中のみんなを、かわいがって

あなたが、他の人と、違うところが好き。 あなたは、気づいてくれる。 私の強いところと、弱いところに。 強い私を知っている人は、いる。 でも、その人は、強い私しか知らない。 弱い私を、知っている人はいる。・・・>more

#263 ほぐれると、感じやすくなる

あなたのマッサージが、好き。 目に見えないマッサージ。 特に、押したり、もんだりするわけではない。 あなたといると、バリバリに凝った体が、気がつくと、ほぐれている。 不思議な感じ。・・・>more

#262 腕枕をしながら、回転してる

あなたと歩くのが、好き。 あなたの歩き方が、好き。 あなたの歩き方は、まるでダンスのよう。 私の左側を歩いていたかと思うと、さっと回転して、私の右側にいる。 今度は、私を回転させて、また左側にいる。・・・>more

#261  コートの、上から

あなたの体温が好き。 夏は涼しいのに、冬は温かい。 井戸の水のよう。 外に出て、気づいた。 寒い。 スプリングコートを、忘れた。 昼間は春の日差しになってきたけど、夜はまだ、冬の名残。 冬と春のリレーゾーン。・・・>more

#260 中が立って、外がまだの時が好き

あなたの乳首が、好き。 乳首が立つ瞬間が好き。 最初は、普通の状態。 そこから、キュンと立ち上がるのを感じると、私もキュンとなる。 あなたの乳首は、カワイイ。 感じやすい。・・・>more

#259 一緒に、唇が開いていく

あなたを見ている、女の子を見るのが好き。 あなたと歩いている。 すれ違う女の子が、あなたを見ている。 あなたを見る女の子が、好き。 その瞬間、前に見たAVを思い出した。 AVを見ている時、不思議なことに、気づいた。・・・>more