電子書籍の書評ランキング

 
» page top

中谷彰宏の新・妄想日記

#669 優しさの、ハンカチ。

 あなたのハンカチが、好き。  あなたと、パーティーに出かけた。  シャンパングラスを、返す時に、いつこぼれたのか、指が濡れた。  次の瞬間、あなたが、何かを差し出している。・・・>more

#667 糸が切れても、弾き続ける。

 あなたの、弾き方が好き。  あなたと、津軽三味線の演奏会に行った。  これまで、長唄の三味線は、聴いたことがあった。  津軽三味線を生で聴くのは、初めてだった。・・・>more

#666 寝ている間も、優しくしてくれる。

 あなたの背中にほっぺをつけて眠るのが、好き。  あなたの背中に、抱きついて、眠るのが好き。  前から包まれて眠るのもいいけど、背中から、抱きついて眠るのも、好き。  本当は、両方同時にしたいくらい。・・・>more

#665 お箸の上を、滑らせるように。

 あなたのお箸の持ち替え方が好き。  あなたと、和食のお店。  気が付かなかった。  私は、お箸の使い方が、きちんとしているつもりだった。  あなたのお箸の使い方を見て、恥ずかしくなった。・・・>more

#664 お殿様の、御成り。

 あなたの御成りが、好き。  あなたと、船から浜離宮に上陸した。  こんなところに、入口があるなんて、知らなかった。  前にも、来たことがある場所なのに、全くちがう場所に思えた。  同じ場所でも、どこから入るかで、ちがって見える。・・・>more

#663 狭い隙間に、入っていく。

 あなたの少年時代を思い浮かべるのが、好き。  あなたと、隅田川クルーズで、橋の下をくぐっていく。  いつもは、上から見ている橋を下から見るって、不思議な感覚。  道を走っている時は、橋は見ていない。・・・>more

#662 橋が、パレードでやってくる。

 あなたと乗る船が、好き。  あなたと、浜離宮に行った。  あなたとの待ち合わせは、最寄りの駅ではなかった。  浅草だった。  浜離宮には、だいぶ離れていた。  目的地に、いきなり行かない所が好き。・・・>more

#661 テーブルの、パティシエに。

 あなたのミルフィーユが、好き。  あなたと、アフタヌーンティー。  ミルフィーユがあった。  私は、ミルフィーユが好き。  だけど、大変。  上手に、食べることができない。・・・>more

#660 思い切って、優しく。

 あなたのスコーンの切り方が、好き。  私は、香りの中に、漂っていた。  ホテルのラウンジ。  アフタヌーン・ティー。  三段重ねのアフタヌーンティー・スタンドが届く。  どれから、食べようか、迷う。・・・>more