電子書籍の書評ランキング

 
» page top

中谷彰宏の新・妄想日記

#817 さりげなく、拍手もなく。

あなたのさりげなさが好き。 あなたと、カフェのテラス。 建物の奥に、バーカウンターがあるから、バーかもしれない。 早い夕食をした後。 夏は、時間が錯覚する。 晩ごはんを食べた後なのに、明るい。・・・>more

#816 雷雨に、テラスで。

あなたの予感が好き。 あなたと、カフェ。 「テレス席も、ありますが」 さっき、天気予報で、「雷雨」と言っていた。 今は、気持ちのいい青空。 あなたは、どうするか。 あなたは、迷わない。・・・>more

#815 漆の器に、口づける。

あなたの唇の感触が好き。 あなたと、和食店。 和食店は、香りが好き。 ずっと、何の香りか気づかなかった。 それは、漆の器の香りだった。 子どもの頃、「漆に触ると、かぶれるよ」と、おばあさんから教わった。・・・>more

#814 秘密基地に、潜入させて。

あなたの秘密基地が、好き。 あなたと尾行をまきながら、謎のビルの狭い階段を登る。 ドキドキしてきた。 階段を登って入るからだけではない。 期待感で、ドキドキしている。 このまま、どこに行くのか。・・・>more

#813 尾行を、まくように。

あなたの私立探偵っぷりが、好き。 あなたと、銀座。 今日は、どこに行くか、楽しみ。 銀座のお店は、路面店を、歩きながら眺めるだけで、楽しい。 大通りから、一本中に入った。・・・>more

#812 あなたの背中の、星空で。

あなたの背中の星空が好き。 あなたの背中に、ボディミルクを、塗っている。 私の楽しみの一つ。 また、体が変わった。 あなたの体は、どんどんかっこよくなる。 コツコツと、トレーニングしている。・・・>more

#811 神様の、絶妙なデザイン。

あなたの背中に、ボディミルクを塗るのが好き。 あなたが、シャワーから出てくる。 「クリーム、塗って」 あなたが、言う。 子どものような言い方が、かわいい。・・・>more

#810 やがて、出会うことになる。

あなたの伏線が好き。 あなたと、ビュッフェ。 この間の、紳士の男の子は、今日はいない。 そのかわり、今日は、淑女がいた。 あなたの背中に、座っている。 お父さんと女の子の二人組。・・・>more

#809 紳士が、紳士を育てる。

あなたの男の子への接し方が好き。 あなたと、ビュッフェ。 このお店は、ヘルシービュッフェなので、ママと子供の組み合わせが多い。・・・>more

#808 全てが、幻想小説のように。

あなたの幻想小説感が好き。 断崖絶壁を、バックで通り越した後、いくらか幅のある道で、止まった。 この幅で、すれ違いできるのかしら。 私達の車は、谷側。 少しでも当たると、こするというより、谷底に落ちてしまう。・・・>more