電子書籍の書評ランキング

 
» page top

中谷彰宏の新・妄想日記

#693 はみでるより、食み出る。

 あなたの漢字が、好き。  漢字をたくさん知っている人が魅力的。  漢字は、魔法。  まるで、呪文のように感じる。  そんな言葉に、まさか漢字があったなんて、思いもよらなかった。・・・>more

#692 美人を待たせている、浪人生。

 あなたの浪人生な所が、好き。  パーティーの、続き。  あなたは、30分で失礼しますと、主催者に事前に話していた。  次は、夜の講演がある。  名刺交換を希望する列は、相変わらず、短くならない。・・・>more

#691 誰も、全貌を把握できない。

 あなたの誤解を楽しむ所が、好き。  今日は、パーティー。  パーティーでのあなたの立ち居振る舞いが、好き。  貴族然として振る舞うだけでない。  きさくに、サービス精神満載でもある。  誰もが、あなたに話しかけに、来る。・・・>more

#690 タクシーに、乗る前から。

 あなたのタクシーの運転手さんとの会話が、好き。  あなたと、タクシーに乗る。  不思議なことに、気づいた。  あなたと一緒に乗るタクシーの運転手さんは、みんな感じがいい。  私が、一人で乗る時は、ハズレもある。・・・>more

#688 手術、されてみたい。

 あなたの打ち合わせの雑談が、好き。  あなたが、打ち合わせをしている。  仕事の打ち合わせは、あっという間に、終わる。  その後は、仕事とは、関係のない話をしている。・・・>more

#687 幼馴染の、ように。

 あなたの友達のなり方が好き。  あなたと、ホテルでランチ。  新しくできたホテル。  皇居が見下ろせるテラス。  馬場があんなところにあるなんて、今まで気づかなかった。  高層のテラスに、春風が吹いている。・・・>more

#685 あなたのテレパシーを、味わって。

 あなたのカフェの味わい方が、好き。  あなたと、銀座に行った。  日曜日の午後。  人が増えている。  それは、それで平和な日常に、感謝できる。  あなたが、カフェに向かう。  昭和11年創業。・・・>more

#684 そんなあなたを、抱きしめる。

 あなたの男子への接し方が好き。  あなたは、男子も可愛がる。  男子は、気の毒だと思っていた。  女性だから、カワイがってもらえる。  抱きしめて、もらえる。  次に生まれ変わるなら、やっぱり女性がいい。・・・>more