電子書籍の書評ランキング

 

コミック1970,s

ポーの一族【電子コミック】

po 著者 ページ数 クチコミ評判
萩尾望都 189ページ ★★★★★

2016年、40年ぶりに再開した少女漫画の金字塔の第一巻

19世紀のある日、人々の前に現れた、男爵とその妻シーラ。そして兄のエドガーと妹のメリーベルで彩られた麗しきポーツネル男爵一家。実際は家族ではなく吸血鬼の「一族」であり、その旅は新しい一族を増やすための計画的なものだった。>もっとみる

火の鳥【電子コミック】

hinotori 著者 ページ数 クチコミ評判
手塚治虫 184ページ ★★★★★

手塚治虫が壮大なスケールで描いた宇宙ロマン

火の鳥が時空を超えて、わたしたちに「生命とは」と問いかけます。 その1巻、「黎明期」です。>もっとみる

サーキットの狼【電子コミック】

51q3Le+THtL 著者 ページ数 クチコミ評判
池沢さとし 184ページ ★★★★☆

スーパーカーブームの火付け役

ロータスヨーロッパを操る風吹裕矢は、巷では「ロータスの狼」と呼ばれ、一匹狼で知られる噂の走り屋である。 少年ジャンプ連載当時の1977年に単行本1100万部を突破し、リアルな車の設定と、少年漫画の熱い展開の融合によって、スーパーカーブームの原点にもなった伝説の熱血カーアクションにして、レース漫画の金字塔。>もっとみる

はいからさんが通る【電子コミック】

はいからさんが通る 著者 ページ数 クチコミ評判
大和和紀 216ページ ★★★★★

大正ロマン活劇の金字塔

 大正7年、花の都・東京。古く江戸時代は徳川家の旗本だった良家・花村家の一人娘、花村紅緒は女学校に通うお嬢様である。妻に先立たれ、娘の紅緒を男手一つで育てようとした父が、元気で強い子にしようと教育したため、可憐な見た目とは裏腹に、度胸があって喧嘩も強く、気立てはいいが家事が滅法苦手でガサツな性格に育ってしまう。隣近所に住んでいる幼馴染で歌舞伎役者の息子、藤枝乱丸を相手に剣術の稽古をつけるじゃじゃ馬娘になり、あまりのおてんばぶりに、教育方針を間違えたかと父の悩みの種になっていた。>もっとみる

源氏物語 あさきゆめみし 完全版【電子コミック】

あさきゆめみし 著者 ページ数 クチコミ評判
大和和紀 274ページ ★★★★★

累計発行部数は1,700万部を超えの名作

『源氏物語 あさきゆめみし 完全版』は、2008年の「源氏物語千年紀」を記念して刊行された。雑誌『mimi』(講談社)連載時のカラー原稿が初めて完全再現され、全10巻合計に及ぶ120ページをカラーで読むことができる。単行本版、大型版、文庫版などを合わせた累計発行部数は1,700万部を超え、世界各国で翻訳版が出版されているほか、宝塚歌劇団による舞台化・映像化をはじめとしたメディアミックス展開も行われている人気作品だ。>もっとみる

地獄小僧

地獄小僧 著者 ページ数 クチコミ評判
日野日出志 266ページ ★★★★☆

ホラー漫画界のカリスマ日野日出志の傑作作品

ホラー漫画界のカリスマであり、映画監督でもある日野日出志が1976年に漫画雑誌の連載で発表した作品「地獄小僧」。数ある名作の中でも傑作との呼び声が高い本作は、ホラー漫画ファンでなくとも著者の才能と魅力を感じ取ることができる一冊。>もっとみる

キャプテン 第22回小学館漫画賞少年少女向け部門受賞【電子コミック】

ちばあきお キャプテン 著者 ページ数 クチコミ評判
ちばあきお 319ページ ★★★★☆
<キャプテン あらすじ/作品紹介 第22回小学館漫画賞少年少女向け部門受賞> ちばあきおの野球漫画といったらキャプテンです。月刊少年ジャンプで1972年から連載されていました。週刊少年ジャンプのほうにはスピンオフの作品になる「プレイボール」も連載されており一時代を築いた漫画家とその作品になります。テレビアニメ化や実写映画化もされた第22回小学館漫画賞少年少女向け部門受賞作品。 キャプテンは、墨谷二中の谷口が野球部を引っ張って仲間と一緒に成長していくという野球漫画です。熱血風な野球漫画とは違い主人公の谷口君は現実的で欠点もあり見ている人たちが共感を持つことのできる等身大のキャラクターになっています。>もっとみる

11人いる! 第21回小学館漫画賞少年少女部門受賞【電子コミック】

11人いる! 著者 ページ数 クチコミ評判
萩尾望都 323ページ ★★★★☆
<11人いる!あらすじ/作品紹介 第21回小学館漫画賞少年少女部門を受賞>  11人いる!はSF漫画の巨匠、萩尾望都の代表作の一つでSFファンでなくても始終見どころ盛りだくさんの作品。1975年別冊 少女コミックにて連載された本作は、第21回小学館漫画賞少年少女部門を受賞するなど評価の高い作品で1977年には、NHKにてテレビドラマ化、さらに1986年にはアニメ映画化もされています。 あらすじは、宇宙大学最終試験のテスト生である主人公タダトス・レーンが10人しかいるはずがないテスト生が11人宇宙船の中にいることによって、様々な境地に追い込まれていく物語です。誰が偽物のテスト生で何のためにいるのか?また宇宙船の中で53日間生き延びるという最終試験に合格出来るのか?など、不安に戸惑うテスト生達の心境が描かれているところが大きな見どころとなっています。そして、船内で起きる様々なアクシデントにより心理的に追い込まれていくテスト生達がいかなる行動を取っていくか、結末を見るまで息がつけない程スリリングなストーリー展開を繰り広げている作品です。>もっとみる

地獄の子守唄 【電子コミック】

地獄の子守唄 著者 ページ数 クチコミ評判
地獄の子守唄 229ページ ★★★★☆

漫画史上屈指の最悪な読後感

『地獄の子守唄』は、「日野日出志」の代表作の1つで、表題作「地獄の子守唄(少年画報1970年)」の他「胎児異変 わたしの赤ちゃん(週刊少年キング1973年)」・「恐怖列車(少年アクション1976年)」・「蔵六の奇病(少年画報1970年)」の4つの短編漫画が併録された電子書籍版のコミックスです。 表題作「地獄の子守唄」は、漫画史上屈指の読後感が悪い作品としても有名です。どのように悪いかは、ここではあえてネタバレせず、是非ご自身の目で確かめていただきたいと思います。前置きも周到で作者である日野日出志は「これから、狂気と異常にみちた恐るべき告白をする」旨を伝え、「気の弱い人や病人はこれから話す物語を見るべきでない」と念を押しています。 さらに「わたしはもちろんのこと編集部も責任を負わないからそのつもりで!!」と最終警告をしたうえで日野日出志は告白を始めます。わたしは狂っているのだろうかと発作が起こると自損行為を行う現在のわたしから幼少期の思い出に話が移行します。幼少期の思い出として生きたまま動物を火あぶりにしたり、犬の臓器を取り出し持ち帰り宝物として隠し持つなど確実に危ない、猟奇趣味全開の人間性を告白します。 『地獄の子守唄』は、「日野日出志」の代表作の1つで、表題作「地獄の子守唄(少年画報1970年)」の他「胎児異変 わたしの赤ちゃん週刊少年キング1973年)」・「恐怖列車少年アクション1976年)」・「蔵六の奇病(少年画報1970年)」の4つの短編漫画が併録された電子書籍版のコミックスが発売されています。 まず表題作「地獄の子守唄」は、漫画史上屈指の読後感が悪い作品としても有名です。どのように悪いかは、是非ご自身の目で確かめていただきたいです。前置きも周到で作者である日野日出志は「これから、狂気と異常にみちた恐るべき告白をする」旨を伝え、「気の弱い人や病人はこれから話す物語を見るべきでない」と念を押しています。 さらに「わたしはもちろんのこと編集部も責任を負わないからそのつもりで!!」と最終警告をしたうえで日野日出志は告白を始めます。わたしは狂っているのだろうかと発作が起こると自損行為を行う現在のわたしから幼少期の思い出に話が移行します。幼少期の思い出として生きたまま動物を火あぶりにしたり、犬の臓器を取り出し持ち帰り宝物として隠し持つなど確実に危ない、猟奇趣味全開の人間性を告白します。>もっとみる

魔太郎がくる!! 【電子コミック】

魔太郎がくる!! 著者 ページ数 クチコミ評判
藤子不二雄(A) ページ ★★★★★☆

過激!!故に改変・封印された異色ホラー漫画

『藤子不二雄(A)』の異色作品『魔太郎がくる!!』は、1972年から1975年にかけて『週刊少年チャンピオン』で連載された漫画作品。人間の悪の感情がこれでもかと描かれており、圧倒的迫力でせまってくる物語で、氏の作品の中でも、かなり独特なホラー漫画です。 主人公の「浦見魔太郎」は、イジメられっ子で、いつも不良や悪い大人に目を付けられてしまい、精神的苦痛、肉体的苦痛の両方を受けてしまいます。そんな魔太郎は、我慢の限界に達すると「このうらみはらさでおくべきか」という不気味なつぶやきと共に、復讐行為を開始します。>もっとみる



» page top