電子書籍の書評ランキング

 

ビジネス・経済・起業副業

「キンドル出版代行サービス」の正しい選び方【電子書籍】

kindle 著者 ページ数 クチコミ評判
石井貴士 ★★★★☆

一攫千金のススメ、サービスの内容を惜しまず公開!

月額980円でいつでも、どこでも、好きなだけ本を読めるKindle unlimitedのサービスが日本でも開始した。実に約12万冊の本が読み放題のサービスだが、実はこれは個人ビジネスのチャンスでもある―――。>もっとみる

トップ営業マンは極道だった 実録 修羅場の人間学【電子書籍】

51yaiGUJ+BL._SX373_BO1,204,203,200_ 著者 ページ数 クチコミ評判
氷嶋虎生、中島孝志 80ページ ★★★★★

極道の世界からトップセールスマンにのぼり詰めた波乱万丈の半生記

 営業マンとして常にトップを走り続けるスーパーサラリーマンが、かつては裏社会に生きていた実録と、その中で培われた働く上で必要な人間学を記した営業必勝本。>もっとみる

元国税調査官が告白する税務署の残酷なホンネ: 節税か? 副業か? 冷酷な大増税時代、マイナンバー監視社会を生き抜け!

元国税調査官が告白する税務署の残酷なホンネ 著者 ページ数 クチコミ評判
根本和彦 141ページ ★★★★☆
エリート官僚、国税調査官を経験した著者が語る「政府のホンネ」「税務署のホンネ」とは? マイナンバー制度の目的と、時代の変化に対応していくスキルとは? これは元残酷な国税調査官が自分の過去を悔い改め、強い意志と覚悟を持って自分の人生を変えた、弱者への愛ある懺悔の一冊である。>もっとみる

超一流の雑談力【電子書籍】

610XY7AwFSL._SL1500_ 著者 ページ数 クチコミ評判
安田正 143ページ ★★★☆☆

本当の意味での雑談力とは?

新社会人は、入社式の後にまず新人研修を受ける。そこで社会人としてのマナーや会社の理念、方針などを叩き込まれた後、配属先で実務に就きながら、先輩に仕事を教わるのが通常の流れだろう。しかし、ビジネスシーンで重要であるにも関わらず、研修では教えてくれないことがある。それが「雑談力」である。 著者の安田正氏は、ビジネスコミュニケーションの講師、コンサルタントとして活躍しており、約1,700社の企業で指導実績を持つほか、早稲田大学の非常勤講師としても教壇に立っている。そんな超一流のカリスマ講師が語る、雑談の本当の力とは? 誰でもできる、しかもすぐに使える38のテクニックを、惜しげもなく公開した一冊だ。>もっとみる

ディズニーランド最強上司の教え【電子書籍】

91y56bTLydL._SL1500_ 著者 ページ数 クチコミ評判
香取貴信 100ページ ★★★☆☆

ベストセラー「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」の続編

本作品は2002年に発売され、18万部の大ヒットとなった著書「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」の続編である。 近年日本のおもてなし文化は海外でも注目されている。顧客に最高のサービスを提供するためのホスピタリティは、有名ホテルのマネジメントやテーマパークのノウハウを通してさまざまな本で語られている。>もっとみる

まんがでわかる指名される技術(1) 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術

K0004733_l 著者 ページ数 クチコミ評判
堀江貴文、斎藤由多加 162ページ ★★☆☆☆

ベストセラー・ビジネス書、『指名される技術』をわかりやすく漫画化

本作品は、堀江貴文氏と斎藤由多加の共著であるベストセラー・ビジネス書、『指名される技術』をわかりやすく漫画化したものです。六本木のホステスが実践する顧客をリピートさせる技術を、解説と共にストーリー形式で説明していきます。 起業家を目指す主人公、七瀬 毅は、経営者や有名人とのつながりを持ちたいと願い、六本木の高級クラブのボーイとして働き始めます。しかし実際には、起業家たちとなかなか知り合うことができません。本当にビジネスを学ぶことができるのか疑問を持ち始めた矢先、彼はホステスたちによる客のリピート率を上げるテクニックに目を奪われます。そこで彼女たちが実践していたのは、単なる水商売の商法ではなく、ビジネスにも応用できる顧客のリピートテクニックだったのです。またオシボリを配達する謎の男性、力山氏からビジネスの知識を教えてもらい、除々のビジネスの本質を掴み始めます。 顧客をリピートさせるプロの技とは一体?本当に使えるビジネススキルは、六本木のホステスから充分すぎるほど学ぶことができるのです。>もっとみる

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術 【電子書籍】

指名される技術表紙 著者 ページ数 クチコミ評判
堀江貴文 , 斎藤由多加 75ページ ★★★★

“一流の仕事人”になるために必要な資質とは何か!?

『六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術 指名される技術』は、元ライブドア社長の堀江貴文氏、『シーマン』などの開発で知られるゲームクリエイターの斎藤由多加氏が、自身の体験と所感を“掘藤”という架空人物の視点として集約し、フィクション的手法でつづられたエッセイ。「心が折れそうになるような激しい競争の中で、クライアントをリピートさせる高度な技術を数多く持っている人たちがたくさんいる(本文より)」ホステスという仕事にスポットをあて、近年の日本を代表するビジネスパーソンとして知られる両著者の鋭い観察眼から、ビジネス全般に通用する普遍的な“仕事術”を探り出していく一冊です。>もっとみる

ドラッカー理論で読み解く 成功する起業家の条件 【電子書籍】

ドラッカー理論で読み解く成功する起業家の条件 著者 ページ数 クチコミ評判
安田輝久 55ページ ★★★★★☆

企業家で経済学者の安田輝久がドラッカー理論で、有名企業家の戦略を徹底分析

著者の安田輝久氏は、29歳の時にFX専門会社を起業して以来、多岐にわたる業種に経営参画し、その総年商は100億円以上にもなったという一流の“起業家”でありながら、37歳で幼少期の夢であった世界一周旅行を実現した後、子会社すべてを売却して大学院へ進んだ“経済学者”でもあるという、異色の経歴の持ち主です。 本書では事業戦略設計の基礎である「ドラッカー理論」をベースに、DeNAの南場智子氏、サイバーエージェントの藤田晋氏、スペースXのイーロン・マスク氏ら有名起業家たちが歩んだ道のりとその“戦略”を徹底分析。スタートアップ企業を軌道に乗せ、成長させていくための体系的な行動を検証し、「成功する起業家の条件」を導き出しています>もっとみる



» page top