電子書籍の書評ランキング

 
» page top

対談・インタビュー

『「義憤」を作品へ昇華させたデビュー作 受賞作『影裏』 著者・沼田真佑さんインタビュー』

IMG_0364
7月19日。新たな芥川賞作家が誕生した。受賞作は自身デビュー作、初ノミネートでの受賞だ。本作は、文學界新人賞に続いての文学賞2冠に輝いた。 受賞者は、沼田真佑(ぬまた・しんすけ)、39歳の作家。言葉の端々や佇まいに独特な風情を感じる。...(2017年09月27日) >もっとみる

「まさに等身大の私」。ミュージカル「魔女の宅急便」主演の上白石萌歌さんが感じる主役キキとの共通点

TOP
スタジオジブリの宮﨑駿監督がアニメーション映画として大ヒットさせ、蜷川幸雄氏によりミュージカル化もされた『魔女の宅急便』が約20年ぶりに上演されている。『魔女の宅急便』は、1982年から2009年の27年に渡り児童文学作家の角野栄子氏が執筆した全6巻の児童書で、アニメーシ...(2017年08月25日) >もっとみる

「マンガ大賞2017」受賞作『響 〜小説家になる方法〜』の柳本光晴はまさに”響”だった!?

hibiki_2
「マンガ大賞2017」に輝いた『響 〜小説家になる方法〜』。「マンガ大賞 2017」の授賞式でもその発言から主人公の響にそっくりと言われた柳本光晴(やなもとみつはる)先生。作者の柳本先生と主人公の響に共通するのは、自分への信念だった。...(2017年08月10日) >もっとみる

『ヲタ夫婦』の著者 藍先生が語るアイドルヲタクの結婚”トリセツ”

cover_kinnei
地下アイドルとそのヲタク達の両方に光を当てた、話題作『ミリオンドール』の著者が描く、自身初のエッセイ『ヲタ夫婦』。この作品では、アイドルヲタク同士の交際から結婚までの苦悩や葛藤を、赤裸々に綴っている。 電子書籍ランキング.comでは、漫画家として「アイドル業界に還元したい」と強い想いを語る藍先生にインタビューを行...(2017年08月04日) >もっとみる

新進気鋭の作家 住野よる×注目若手女優 浜辺美波 『君の膵臓をたべたい』対談インタビュー

IMG_0104(レタッチ済)
『君の膵臓をたべたい』。このタイトルを見てどう感じるだろうか?「SF? それともミステリー?」そう思われる読者の方も多いだろう。しかし、この作品は青春群像劇なのだ。 本にまつわる賞を数多受賞した本作、待望の実写映画が7月28日についに幕が上がる。...(2017年07月26日) >もっとみる

【漫画「ガタガール」って? 話題作「ガタガール」作者・小原ヨシツグ先生の生態に迫る…!】

61Ki9XXHqmL-1-horz
「ガタガール」という漫画をみなさんはご存知だろうか? 干潟をテーマにした作品なのだが、連載打ち切り、読み切り漫画の掲載、そし再連載と、この漫画には幾つものドラマがあった。 そのドラマの裏側で、作者・小原(おはら)ヨシツグ先生は、何を感じていたのか。...(2017年07月07日) >もっとみる

【漫画家 堀尾省太が語る、新刊『ゴールデンゴールド』への想い 作者 堀尾省太先生インタビュー】

508c2a6cc8af020581f304cf58375b72-3
“奇才”と呼ばれる作家は数多(あまた)いるが、今回インタビューした堀尾省太は中でも特異な存在と言えるだろう。1996年に『磯助』でアフタヌーン四季賞大賞を受賞し作家デビューを飾り、2008年~2014年にかけて『刻刻(こっこく)』をモーニングTWOにて連載。...(2017年06月05日) >もっとみる

Jユースを描くサッカー漫画『アオアシ』がマンガ大賞2017でトップ5入り!!小林有吾先生に聞く作品の魅力!

アオアシ8集表1のコピー
マンガ大賞2017でも上位にランクインした作品『アオアシ』。同作品は、数多くあるサッカー漫画でも注目を浴びなかったJリーグのユースチームに焦点を当てた作品である。この作品は、愛媛県在住の漫画家小林有吾先生と取材・原案協力でスポーツライター・漫画原作者でもある上野直彦氏がタッグを組ん...(2017年05月19日) >もっとみる

「このマンガがすごい!2017」のオンナ編第1位&「マンガ大賞2017」第2位で大注目の『金の国 水の国』作者・岩本ナオ先生に迫る

書影_R
「このマンガがすごい!2017」のオンナ編で1位となり、「マンガ大賞2017」でも2位となった作品『金の国 水の国』。同作品は、「マンガ大賞2017」にノミネートされた他の作品とは違い一巻で完結していながらも、非常に高い評価を受けた作品だった。...(2017年04月28日) >もっとみる