電子書籍の書評ランキング

 
» page top

電子書籍ニュース

#863 初めて会った人にも。

nakatani
あなたのひと言アドバイスが好き。 あなたと、洋食レストラン。 新しくできたお店。 お店のスペースの割には、空いている。 料理は、美味しい。 店長らしき人も、シェフも、まだサービスになれていない感じ。 せっかくなのに、もったいない。...(2022年12月05日) >もっとみる

#862 ゆっくり、速く。

nakatani
あなたのテンポが好き。 あなたと、中華レストラン。 今日は、コース料理。 まずは、前菜盛り合わせ。 5種類のっている。 どれから食べようか。 迷う。 こういう時。 私は、好きなものから食べる。 これって、マナー的には、決まり事があるかもしれない。 あなたを、ちらりと、見た。 よかった。...(2022年12月02日) >もっとみる

#861 太平洋のような。

nakatani
あなたの世界観が好き。 あなたと、カフェ。 隣のテーブルに、女の子が二人。 ゲームの話をしていた。 「あれって、なんで、今ひとつワクワクしないのかな」 「スキル的なものは、面白いんだけどね」 「結局、世界観が、イマイチなんじゃない」 「それだ」 あらっ。 と思った。 二人は、ゲームの話をしているはずだった。...(2022年11月28日) >もっとみる

#860 真空の時間に。

nakatani
あなたの作る真空の時間が好き。 今日は、イベント。 私は、事務方。 仕事モードで、硬めのビジネススーツを選んだ。 社長が、到着。 第一声。 「地味じゃない」 私のビジネススーツだった。 イベントのムードを優先するべきだったかと、反省した。 でも、事務方の役割もあるし。...(2022年11月25日) >もっとみる

#859 プチプチみたいに。

nakatani
あなたのプチプチが好き。 今日は、会議。 珍しく、白熱した。 意見が、真っ二つに、割れた。 どちらも、譲らない。 そういう時。 あなたは、静かだ。 多くを、語らない。 というより。 むしろ、黙っている。 そして、聴いている。 ちょうど。 ぶつかる二つの派の真ん中に、座っている。 まるで、緩衝材のプチプチのように。...(2022年11月21日) >もっとみる

#858 セミヌードを、撮られたい。

nakatani
あなたの写真の撮り方が好き。 あなたと、洋食レストラン。 夜は、ビアレストラン。 昼間は、日本では流石に、ビールを飲んでいる人はいない。 女性客が、多い。 ビアレストランだけど、食事のレベルが高い。 特に、洋食がおいしい。 私は、ナポリタン。...(2022年11月18日) >もっとみる

#857 立ってますよ。

nakatani
あなたの声のかけられ方が好き。 あなたと、新幹線の駅のホーム。 乗るのぞみが、入ってきた。 「襟、立ってますよ」 男性に、声をかけられた。 私? 私は、襟なしのジャケットを着ていた。 あなたが、振り返った。 振り返った先に、一人の男性が、微笑みながら、あなたを見ていた。 手は、襟を触る仕草で。...(2022年11月14日) >もっとみる

#856 通りすがりなのに。

nakatani
あなたの親しみやすさが好き。 あなたと、下町。 江戸時代の庶民の街を再現している資料館に寄る。 あなたが、解説してくれる。 まるで、あなたは、住んでいたかのように、解説してくれる。 これから時代劇を見るのが、楽しみになる。 それから、お目当てのカフェに。...(2022年11月11日) >もっとみる

#855 カッコいい、脇役。

nakatani
あなたの脇役の演技が好き。 あなたと、ランチ。 2つ星フレンチレストラン。 ランチは、12時から。 お店の前に、5分前に着いた。 ちょうど、あなたも、到着。 いつもの、ニコニコの笑顔。 それだけで、満腹。 他のカップルも、お店の前で、12時開店を待っている。 あなたは、迷わず、中に入っていく。...(2022年11月07日) >もっとみる

#854 あなたが聴いている自然の囁きを、聴く。

nakatani
あなたのキャプションが好き。 あなたのインスタのキャプションは、違う。 説明ではない。 もはや、俳句。 もはや、詩。 そもそも写真が面白い。 つい、その写真を説明したくなる。 でも。 あなたは、説明しない。 「えっ、そういうことだったの」 と、物語が、どんでん返しになる。...(2022年11月04日) >もっとみる