電子書籍の書評ランキング

 
» page top

電子書籍ニュース

#563 気づかれない手品

nakatani
あなたの手品が、好き。 「本職は、なんですか」 と、あなたは、よく人から聞かれている。 その都度、あなたは、答えを変える。 相手が、思わず笑ってしまうような答えを用意している。 それが、あなたのサービス精神。 あなたは、何を聞かれても、面倒くさそうな顔をしない。...(2020年01月20日) >もっとみる

#562 プレゼントは、8メートルのバラ

nakatani
あなたのサプライズが、好き。 あなたと、待ち合わせた。 いつもの、待ち合わせ場所。 メールが、届く。 「秘密の場所にいるから、おいで」 メールの指示通りに、歩く。 そんなところに、道はないはず。 行ってみると。 確かに、細い道がある。 あら、こんなところに、こんな道って、あったかな。 あなたの指示通りに、進む。...(2020年01月17日) >もっとみる

#561 さっきからいた、あなた

nakatani
あなとの現れ方が好き。 あなたと、待ち合わせる。 「暖かい所に、いてね」 その一言が、優しい。 その一言で、温まる。 ワクワクして、ドキドキして、それでなくても、温かい。 外で、待っていると、あなたがコートで、くるんでくれる。 待ち合わせ場所も、面白い。...(2020年01月14日) >もっとみる

#560 ノートを、開くと

あなたの授業のノートが、好き。 あなたの授業を、受ける。 復習する時間が好き。 ノートを、開く。 ノートの中から、あなたが現れる。 あなたの香りが、立ち上る。 胸の奥まで、あなたの香りを味わう。 コロンを付けているわけではない。 あなたに、コロンは要らない。 あなたが、コロンだから。...(2020年01月10日) >もっとみる

#559 冷たいのと、熱いのと

nakatani
あなたの後味が、好き。 あなたと、アイスクリームと熱々のスイートポテトのデザートを食べた。 冷たいものと熱いものを、同時に食べる贅沢(ぜいたく)。 不思議な感覚。 これは、あなた自身。 会ってる時も、好き。 会った後に残る余韻が、好き。 香りが、残っているわけでもない。 爽やか。 スッキリ。...(2020年01月06日) >もっとみる

#558 冬靄の中の、朝の散歩

nakatani
あなたとの朝の散歩が、好き。 あなたと、朝の散歩。 冬の朝に散歩に誘う、あなたが好き。 朝ご飯の前に、散歩。 まるで、領地の敷地内を散策するように歩く。 公園の中。 都会の中の公園なのに、こんなに自然があるなんて、今まで気づかなかった。 木々というより、林。...(2020年01月05日) >もっとみる

#557 長い夜は、お得

nakatani
あなたの長い夜が、好き。 急に、夜が早くなった。 早くなったというより、暗くなった。 同じ夜でも、暗く感じる。 真夜中かと思ったら、まだ夕方だったりする。 だんだん暗くなってくるはずなんだけど、まるでスイッチをオフにしたように、急に暗くなる気がする。...(2019年12月30日) >もっとみる

#556 袖に、入れているだけなのに

nakatani
あなたの袖の入れ方が好き。 あなたにコートを、着せてもらう。 まだ、着せてもらっていない。 あなたに、背を向けたまま。 場所は、レストランのクローク。 あなたは見えないけど、ほほ笑んでいるのが分かる。 クロークのかわいい女性も、照れたように、ほほ笑んでいる。 彼女も、魔法にかかっている。 そんなとき。 あっ。...(2019年12月27日) >もっとみる

#555 背中を向ける、幸せ

nakatani
あなたに、背中を向けるのが、好き。 レストランでの食事のあと。 クロークに預けていたコートを受け取ろうとすると、係の女性がほほ笑んであなたを見ていた。 私のコートは、既にあなたが持ってくれていた。 あなたが、あまりにディズニーな持ち方でコートを持っている。...(2019年12月23日) >もっとみる

#554 独り言まで、優しい

nakatani
あなたの独り言が、好き。 あなたと、美術館の中。 何かが、聞こえた。 あなたが、何かをささやいている。 私に? 独り言? 誰かと、話している? 絵と? それとも、目に見えない誰かと? あなたは、よく独り言を言っている。 話しかけているわけではない。 返事を求めているわけではない。 あなたの独り言は、優しい。 温かい。...(2019年12月20日) >もっとみる