電子書籍の書評ランキング

 
» page top

電子書籍ニュース

#511 仙人のように、セクシー

nakatani
あなたのスルーが好き。 あなたに、イラッとさせる人が近づいた。 私が、イラッとした。 ハラハラした。 あなたは、涼しい顔をしていた。 あなたが、イラッとしているところを見たことがない。 きっと、イラッとするようなことがあるに違いない。 イラッとしないのではないくて、イラッとしたところを見せない。...(2019年07月22日) >もっとみる

#510 裸で、いつも通りで

nakatani
あなたの裸のときが好き。 あなたが、シャワーを浴びたあと、裸でいる。 あなたは、裸でいるときも、スーツでいるときと、変わらない。 たいていは、裸になると、服を着ているときと、変わってしまう。 女性より、男性のほうが、変わってしまう。...(2019年07月19日) >もっとみる

第四十八回 私のBOOKイズム 中川知香

中川知香_2L
第四十八回目を迎える、私のBookイズム。 今回は、7月27日(土)から放送開始のドラマ「べしゃり暮らし」望月ひかり役にて出演する女優・中川知香(なかがわ・ちか)さんです!   BOOKイズムはなんと2回目のご出演! 読書家の注目女優が読んでいる本・マンガとは!? ...(2019年07月17日) >もっとみる

#509 ベッドで、朝まで教養の話

nakatani
あなたの教養の教え方が好き。 あなたは、楽しそうに教えてくれる。 どんなに基本的なことを知らなくても、むっとしない。 私のレベルに合わせて、教えてくれる。 ベッドの中でも、教養の話を教えてくれる。 気がつくと、エッチもしないで、朝まで教えてくれる。 エッチをするより、幸せな気分になる。...(2019年07月15日) >もっとみる

#508 いつもより、感度が増して

nakatani
あなたの、けがのときが、好き。 あなたと食事のあと、夜道を歩いていた。 新月の夜、道は暗かった。 突然、あなたが消えた。 振り返ると、あなたが腰から下が、地面に埋まっていた。 胸から上は、いつも通りの紳士のあなただった。 何が起こったのか、分からなかった。...(2019年07月12日) >もっとみる

#507 吸い込まれて、いくだけ

nakatani
あなたのハグが、好き。 あなたのハグは、どうしてこんなに気持ちいいのか、分からなかった。 街で、ハグをしているカップルを見た。 ご機嫌だったのは、男性だけだった。 女性は、しょうがないというより、むしろ、嫌がっている感じだった。 気づいた。 どこが違うのか。...(2019年07月08日) >もっとみる

#506 見ただけで、味わえる

nakatani
あなたの味わい方が、好き。 あなたと、下町の商店街に来た。 下町には、夕焼けが似合う。 商店街には、階段が似合う。 夕日が、あなたと私の影を長く伸ばす。 あなたは、こんなに高貴なのに、商店街でも、なじんでしまう。 そこが、好き。 あなたは子どもの頃、商店街で育ったことを、聞いたことがある。 だから、商店街に、すっとなじむ。...(2019年07月05日) >もっとみる

#505 横顔に、見つめられて

nakatani
あなたの横顔が、好き。 あなたと、美術展に来た。 西洋絵画の肖像画は、横顔が多い。 ダ・ヴィンチの4分の3正面肖像が生み出されてからも、横顔が多い。 彫りの深い西洋人の顔は、横顔で描くほうが、特徴を捉えやすい。...(2019年07月01日) >もっとみる

#504 坂を歩くと、恋になる

nakatani
あなたと歩く坂が好き。 あなたと、浮世絵展に行った。 広重の「名所図会」特集。 日本画に奥行きがないと言われるけど、そうなのだろうか。 広重の描く町並みには、高低差がある。 富士山も、高低差をデフォルメしている。 江戸は、坂の町。 私は、坂に、ときめく。...(2019年06月28日) >もっとみる

#503 大きすぎて、見えない

nakatani
あなたの見えなさが、好き。 あなたと、古墳を見に行った。 あなたは、古墳の多い街で、育った。 古墳を遊び場にしていたと聞いて、驚いた。 入れない古墳と、入れる古墳があるという。 入れる古墳は、もはや、それが古墳なのか、空き地なのかの区別がつかない。...(2019年06月24日) >もっとみる