電子書籍の書評ランキング

 
» page top

電子書籍ニュース

#499 あなたの係に、させて

nakatani
あなたの係が、好き。 あなたの腕の中にいると、不思議なことが浮かんでくる。 想像力の、スイッチが入る。 つい、あなたを「上様(うえさま)」と呼んでしまった。 ふざけてるつもりは、全くなかった。 大奥のドラマが、好き。 それまで、時代劇に興味がなかった。 大奥に関心が湧いたのは、あなたに出会ってから。 あなたは、将軍様。...(2019年06月10日) >もっとみる

#498 朝食のあとの、ゴロン

nakatani
あなたとの朝食のあとのゴロンが、好き。 幸せな夢で、目が覚める。 夢の中でも、目が覚めても、あなたがそばにいる幸せ。 昨夜は。 つい、気持ちよすぎて、寝てしまった。 もったいない。 もっと、あなたを味わえばよかった。 寝ちゃったらもったいないと思いながら、落ちてしまった。...(2019年06月07日) >もっとみる

#497 朝の光の中で、神々しく

nakatani
朝の光の中のあなたが好き。 朝、あなたがシャワーを浴びる間が、私の贅沢(ぜいたく)な時間。 少しだけ、ベッドの中で、余韻を味わう。 幸せを、反芻(はんすう)する。 シャワーが、あなたの体を弾く音が聞こえる。 お湯の香りと、あなたの香りが、バスルームから漂ってくる。...(2019年06月03日) >もっとみる

第四十七回 私のBOOKイズム 仲俣由菜

re_nakamata01
第四十七回目を迎える、私のBookイズム。 今回は地元・富山を中心に活躍している仲俣由菜(なかまた・ゆな)さんです。ティーン・エイジャーの彼女が好きな本をご紹介しています! 是非、ご一読ください!     仲俣由菜(なかまた・ゆな)   2002年、富山県生まれ。...(2019年05月31日) >もっとみる

#496 宇宙の果てまで、追いかけて

nakatani
あなたの考えているときが、好き。 公園の池のほとりで、少年を見かけた。 少年は、何かを見つめていた。 何を見つめているのか、分からなかった。 あなたに、似ている。 あなたの黙っているときの、たたずまいに似ていた。 ふと、あなたが黙る。 そのとき、あなたはぼんやりしているわけではない。 逆だ。...(2019年05月31日) >もっとみる

#495 一緒に、マイペースで

nakatani
あなたと美術館に行くのが、好き。 あなたと、美術館に行く。 あなたは、黙って味わっている。 私も、黙って味わっている。 この時間が、好き。 特に、何かを話しているわけでもない。 美術館は、話ができない。 できない分だけ、もっとたくさん、話している気がする。 音声ガイドを聴いている。...(2019年05月27日) >もっとみる

#494 男性まで、優しくする

nakatani
 あなたの優しさが、好き。  あなたといると、優しくなれる。  あなたにだけじゃない。  他の誰にも、優しくできる。  今から思うと、いつもはもっと、イライラしている自分がいた。  口には出さなくても、我慢していた。  今は、我慢すらしなくなった。  あなたは、優しい。...(2019年05月24日) >もっとみる

#493 あなたの非日常が、私の感度を研ぎ澄ます

nakatani
あなたの非日常が、好き。 あなたに会うと、感じる。 あなたには、もちろん、すごい電流が流れている。 それだけじゃない。 私の感度が、上がる。 感度が、研ぎ澄まされる。 見えなかった景色が、見えてくる。 感じなかったものを、感じるようになる。 あなたは、非日常。 あなたといると、正装している気分になる。...(2019年05月20日) >もっとみる

#492 私の全身が、唇になる

nakatani
あなたの唇が、好き。 あなたと、キスをする。 あなたの唇と、私の唇が触れる。 気持ちいい。 あなたの唇が、私の唇全体を、かわいがってくれる。 私の唇全部で、あなたを味わう。 もっと、もっと。 変なことを、考えた。 私の唇って、どこまでが唇なんだろう。 赤いところまでが、唇。...(2019年05月17日) >もっとみる

第四十六回 私のBOOKイズム elfin'(花房里枝&厚地彩花)

elfin'_5th_アー写
第四十五回目を迎える、私のBookイズム。 今回は"容姿"と"声"という人の印象を司る2つの要素に"美しさ"を兼ね備えた次世代のニューヒロインを発掘する「全日本美声女コンテスト」をきっかけに結成された注目の4人組美声女ユニット「elfin'」のみなさんにご紹介いただいています! ...(2019年05月16日) >もっとみる