電子書籍の書評ランキング

 
» page top

電子書籍ニュース

#537 心臓を、かわいがられて

nakatani
あなたの厳しさが好き。 年1回の健康診断に行った。 腕を入れるタイプの血圧計で、血圧を測った。 こっそりだけど。 私は、血圧計が好き。 腕を締め付けられる感覚が、たまらない。 自宅用に買おうとする衝動を抑えている。 血圧計のこの感覚は……。 あなたに、似ている。 あなたは、甘い。 でも、甘やかしているわけではない。...(2019年10月21日) >もっとみる

#536 信号を、挟んで

nakatani
あなたのテレパシーが、好き。 あなたと、待ち合わせ。 あなたを、信号を渡ったところで待つ。 夕暮れ。 大勢の人が歩いている。 あなたが、来た。 信号の向こう側。 どんなに大勢いても、あなたは目立つ。 浮かび上がっている。 そこだけが、パートカラーになっている。 うわっ。 この人と、私は、待ち合わせている。...(2019年10月18日) >もっとみる

#535 テレパシーを、共有して

nakatani
あなたの「…………」が好き。 ホテルのロビー。 突然、あなたと会った。 約束していない。 私は、仕事。 そんなとき、あなたは聞かない。 「仕事?」とか、「何してるの?」とか。 何も、聞かない。 私も、何も聞かない。 気がついたら、ホテルのロビーで見つめている。 見つめられている。 見つめ合っている。...(2019年10月14日) >もっとみる

#534 当たった膝を、味わって

nakatani
あなたの膝が好き。 あなたと、カフェに入った。 初めて入るカフェ。 向かい合わせに座る小さなテーブルが、かわいい。 すべてが、小さな造り。 手作りパンケーキが、自慢のお店らしい。 あなたが、飲み物とパンケーキを頼んでくれる。 私の視線に、気づいてくれるのが、うれしい。 カフェまでが、美術館に見えてくる。...(2019年10月11日) >もっとみる

#533 寝転がって、作品になる

nakatani
あなたの現代アートの見方が、好き。 あなたと、美術館へ行った。 先週まで人気の企画展で、大行列だった。 その後なので、いつもより静かに感じた。 こういうときを狙って来るあなたが、好き。 大きな企画展がないときでも、美術館は生きている。 常設展が、ある。 小さな企画展が、ある。...(2019年10月07日) >もっとみる

#532 私の鈴を、鳴らして

nakatani
あなたの鈴の鳴らし方が好き。 あなたと、歩いていた。 ふと、小さな稲荷神社があった。 「お参りしていこう」 あなたは、小さな神社を見つけると、お参りをする。 一礼して、鳥居をくぐる。 あなたのお辞儀の仕方が、奇麗。 靖国神社に一緒に行ったとき、守衛さんが、あなたに敬礼をした。...(2019年10月04日) >もっとみる

#531 神々しくて、拝みたくなる

nakatani
あなたの神々しさが好き。 あなたと会うと、いいことが起こる。 プレゼンで、企画が通った。 なかなか拾えないタクシーが、目の前で、お客さんが降りて、乗れた。 会いたいなと思っていた人に、たまたま会った。 混んでいるランチのお店で、ラストの1人に入れた。 高いほうのメニューが来たけど、サービスで負けてもらえた。...(2019年09月30日) >もっとみる

#530 ご飯のよそい方が、優しい

nakatani
あなたの よそってくれるご飯が、好き。 あなたと、和食屋さんに入った。 個室のお座敷。 おひつが、届いた。 仲居さんが、女性の私のほうに、おひつを置いた。 あなたは、いつも、おひつを自分のほうに引き寄せて、よそってくれる。 あなたは、ご飯のよそい方が、上手。 おじいさんが田んぼをしていたらしい。...(2019年09月27日) >もっとみる

#529 あなたという器で、飲ませて

nakatani
あなたと飲むお水が、好き。 あなたと一緒にいると、喉が渇く。 代謝が良くなるのか。 相変わらず、緊張しているのか。 あなたと一緒にいるときに飲む、お水がおいしい。 あなたと一緒にいるときに飲んだミネラルウオーターが、好きになった。 1人でレストランに入ったときに、そのミネラルウオーターを、オーダーした。 味が違う。...(2019年09月23日) >もっとみる

#528 笑顔で、待っている

nakatani
あなたの、タクシーを待つ風情が好き。 あなたと、タクシーを待っている。 雨が降り出した。 こういうときは、タクシーはなかなかつかまらない。 つかまえようと、川上に行く人もいる。 タクシーを待っている人の顔が険しい。 1台の空車が来た。 さっと、川上に移動した人が乗り込んだ。...(2019年09月20日) >もっとみる