【特集】ハリポタシリーズのスピンオフ映画公開!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

【特集】ハリポタシリーズのスピンオフ映画公開!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

2016年11月29日

ハリー・ポッターシリーズ紹介の3回目となる今回は、11月23日に上映が開始された『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』について紹介します。
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、『幻の動物とその生息地』を原作とした『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフとなる映画5部作の1作目で、シリーズの原作者であるJ・K・ローリングが脚本を担当しています。

ここでは、「ハリー・ポッター」シリーズとの繋がり及び登場人物について紹介していきます。

【特集】「ハリー・ポッターシリーズ」をまるごと紹介Ver.1はこちら
【特集】ハリー・ポッターシリーズ待望の新作!『ハリー・ポッターと呪われた子ども』はこちら

「ハリー・ポッター」シリーズとの繋がり

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、ハリー・ポッターシリーズで出てきた、ホグワーツ魔法学校の指定教科書の『幻の動物とその生息地』の執筆・編纂者ニュート・スキャマンダーが主人公となっています。
そのため直接的な繋がりはありませんが、『ハリー・ポッター』シリーズで出てきた登場人物が、2作目以降で登場するとのことです。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

〈イントロダクション〉

舞台は「ハリーポッター」シリーズの約70年前1926年のアメリカ・ニューヨーク。

ニュートは、魔法界きっての“魔法動物学者”。
ハリーたちがホグワーツ魔法魔術学校の授業で使用していた教科書「幻の動物とその生息地」を編纂した人物。
人間といるよりも動物たちに囲まれているほうが落ち着ける性格で、世界中を旅する中で発見した魔法動物を記録したり、捕獲したりしているキャラクターとして描かれる。

そんなニュートが持っているスーツケースは、魔法のアイテム。
時に危険な魔法動物たちを目いっぱい詰め込んでおり、スイッチを入れると中身が魔法使いにしか見えなくなる仕組みだという。
スーツケースに入れていた魔法動物が逃げ出したことをきっかけに、ニュートは米国魔法省と衝突し、追われる立場になってしまい、さらには魔法界の壊滅を狙う謎の組織も現れ、窮地に陥る。

なお、ハリー、ロン、ハーマイオニーたちを支えた重要なキャラクターも登場する。

登場人物

ニュート・スキャマンダー – 魔法生物を見つけて記録を取るために世界中を旅する魔法動物学者。魔法生物がなぜ重要で、どうして保護されるべきか、その理由について魔法界で教えたいと願っている。旅行中に、あらゆる種類のビーストたちを救い、それを動物園並みの広さの不思議な空間をもつトランクの中に保管し、面倒をみながら、保護している。少し不器用で、仲間の魔法使いや魔女たちと一緒にいるよりも、魔法生物たちといるほうが気楽なアウトサイダー的存在。イギリス出身で、一度はホグワーツ魔法魔術学校の生徒だったが、ビーストのせいで人間の命を危険にさらしたため、追放された。だが、ひとりだけ、ニュートをかばって反対した。

ティナ・ゴールドスタイン – ティナはポーペンティナの略称。賢く、意志の強い魔女である。ニューヨークに住み、MACUSA(アメリカ合衆国魔法議会)で働いている。一度は闇祓いだったが、感情に流され、無断で魔法を使い、職務を逸脱したことで、単調なデスクワーカーに降格された。捜査官としての地位に復帰したいと望むあまり、ニュート・スキャマンダーという名前の魔法使いの行く先々に現れるようになる。ルームメイトでもあるクイニーという非常に仲の良い妹がいる。

ジェイコブ・コワルスキー – 缶詰工場で働く“ノーマジ”(アメリカでのマグルの呼び方/普通の人間)。夢は、パン屋になることと新鮮でおいしいごちそうを作ること。資金を確保できず、これも運命と思ってあきらめかけたところで、ニュート・スキャマンダーと偶然に出会い、すべてが変わる。無意識のうちに、ニュートの魔法動物たちが引き起こす大騒動の中に飲み込まれていく。最初は不可思議なものを自分の想像だと思っていたが、すぐに、夢をはるかに超えたとんでもない冒険に巻き込まれていることに気付く。

クイニー・ゴールドスタイン – ティナの妹。活発で少し奇抜なとてもきれいな女性だが、それ以上の才能がある。MACUSAでティナと同じく単調なデスクワークをしているが、姉のように闇祓いになろうなどという野心は抱いていない。率直に言って、自由奔放な性格のクイニーは、働きたいとさえ思っていないのである。善良な心の持ち主で、姉のためならどんなことでも厭わずにやる覚悟である。さらに、彼女はレジリメンス、つまり心を読むことができる。

・エズラ・ミラー – メアリー・ルー・ベアボーンの3人の養子の真ん中。内にこもり、ことのほか気が弱く、ふたりの姉妹以上にもろい性格。メアリー・ルーの厳しいルールに少しでも違反したときに受ける虐待に対して、まったく無防備だが、その孤独によって、クリーデンスに個人的な興味を抱くパーシバル・グレイブスの巧みな操作を受けやすくなっている。

〈キャスト〉

エディ・レッドメイン/ニュート・スキャマンダー
キャサリン・ウォーターストン/ティナ・ゴールドスタイン
ダン・フォグラー/ジェイコブ・コワルスキー
アリソン・スドル/クイニー・ゴールドスタイン
エズラ・ミラー/クリーデンス・ベアボーン

幻の動物とその生息地

maboroshinodoubutsuドラゴンは全部で何種類?
ピクシー妖精の得意ないたずらは?
ハリー・ポッターの物語に登場する魔法動物が大集合!
ホグワーツ魔法魔術学校の教科書を、特別限定版として複製。
88の魔法動物の生態がくわしくまとめられている。
ハリーたちの落書きまで再現した特別限定版!

kindle

 

 

 





» page top