【特集】リクエスト殺到で復刊!! 和泉修さんの『健康で長生きできれば思うツボ 足ツボ健康法』内容紹介&みんなの感想

【特集】リクエスト殺到で復刊!! 和泉修さん・著『健康で長生きできれば思うツボ 足ツボ健康法』内容紹介&みんなの感想

2016年9月9日

今年7月、お笑いタレント・木村祐一さんの妻で女優の西方凌さんが、待望の第一子を妊娠したことを発表しました。

このニュースと共に話題となったのが「足識食癒施術法」です。

昨年より不妊治療を行っていた西方凌さんは、夫の紹介でお笑いタレント・和泉修さんが運営する足識食癒施術法サロンに通い、食事療法を実践することで体質改善に成功。

自身のブログで「私にとって、この食事療法は妊娠力を上げる大きなチカラになったと思います」と紹介したことで、一躍注目を集めました。

ニュースの反響もあってか、和泉さんが2007年に書き下ろし、長らく絶版となっていた『健康で長生きできれば思うツボ 足ツボ健康法』が、多くのリクエストを受けてAmazon プリント・オン・デマンドで復刊!

「足識食癒施術法」の原点とも言える本書の内容や、読んだ人の感想をまとめてみました!

 

健康で長生きできれば思うツボ 足ツボ健康法

sokushikishokuyu01<内容紹介>
Yahoo!ニュースでも話題となったキム兄こと木村祐一&女優・西方凌夫妻の第1子誕生。夫婦は長らく子宝に恵まれなかったが、キム兄は先輩芸人の和泉修を頼ることに。夫は嫁に「ある人に会って欲しい」と、足識食癒施術法サロンを営む和泉を紹介。サロンを訪れた凌夫人に、和泉は足ツボの施術をし、「現代人は栄養を摂り過ぎているから、おかずを3割お米を7割の食事にしなさい。栄養があるとされている物の多くをやめて、白い野菜(大根、カブ、白菜など)を中心に…」という食事療法を伝授。すると夫人は、3日後から冷え性が改善、体温がグッと上がり妊娠しやすい体質になったという。そんな夫妻の救世主となった和泉。彼が2007年に書き下ろした著作がこちら。足識食癒施術法の原点とも言える本書は長らく絶版になっていたが、不妊症に悩む夫婦・カップルに圧倒的なリクエストによって復刊! (Amazon.co.jpより)

<著者について>
和泉 修(いずみ しゅう)。本名、釘田修吉。1962年生まれ。大阪府出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。同志社大学大学院総合政策科学研究科修了。2005年から大阪産業大学客員講師に就任。2007年には大阪国際大学経営ビジネス学部客員教授として就任。浪速高校時代には赤井英和さんに憧れてボクシング部に入部。1980年高校フェザー級チャンピオンになり、1981年ロスオリンピック候補選手となる。吉本興業に所属した後1990年にはプロデビュー(ウェルター級)し2戦2勝。大学卒業後、「清水圭・和泉修」(圭・修と略称)として幾多の賞を受賞し活躍。現在は高山トモヒロと「ケツカッチン」として漫才を、またタレントとして活動中。2011年、『Shu Izumi Salon 3S 足識食癒施術法』を誕生させサロンを開業。施術と共に、食育や健康についての講演を各地で行っている。 (Amazon.co.jpより)

 

みんなの感想

 

◆ 気軽に楽しく読める

「足識食癒施術法」という名称は何やら難しそうですが、書いているのが芸人さんということもあり、気軽に楽しく読める内容でした。 食事療法はハードルが高いイメージがありましたが、この本には「そんなものなかなか売ってないし、毎日は食べられないよ……」と嘆きたくなるような食材は何ひとつ出てきません。 誰でも実践できそうなところが良いと思いました。

◆ いつの間にか体の調子が良くなった

この本に書かれている食事改善はとてもシンプルで、はじめは「本当にこんな食生活で体が良くなるの!?」と半信半疑でしたが、実際にやってみるといつの間にか体の調子が良くなっていて驚きました。 体重も少しずつ落ちています。 合う合わないはあるかもしれませんが、今まで色々試してダメだった人にもおすすめしたい健康法です。

 

 kindle   





» page top