» page top
華と修羅(1)

華と修羅

著作者:谷本和弘、 井上紀良
出版社:ゴマブックス


時は大正。名門華族・唐房家三男の慎太郎は事件で死んでしまった使用人と、現当主・毅の間にできた子だった。
次期当主に長男の新を爵位させたい母や兄に疎まれていた慎太郎。
そんな時、毅が何者かに毒を盛られ、新の行動が過激になっていく。

死んだ母の願いと互いに想い合う百合子のために次期当主になる決意を決めた!

目次



谷本和弘,井上紀良