» page top
Slack for iOS Upload

ついに実現!日本を代表するホラー漫画家による対談。日野日出志×犬木加奈子。 二人がホラー漫画に秘める想いとは?そして二人の意外な関係とは・・?(前編)
2016年7月29日


昔は、ホラーブームで波に乗って、結構好きな事やらせてくれた

――じゃあ、ちょっと先生の個人的なお話からということで、日野先生と犬木先生の自分たちの作品で一番好きなキャラクターを教えてください。

(日野先生)自分のですか? うーん。自分のだけど、ほとんど1作品、1作品ごとにキャラが違うので、本当にシリーズでやってるとすれば、自分のキャラですね。『Mコレクション』ってホラー映画を40本以上やってるんだよね。これは、「私の名は日野日出志です」ってやってる作品で、いろいろ種類があるんです。そのエピソードを1つずつ紹介していくって形式で、やってたんだよ。

(犬木先生)それは、自分が主人公って形でやってました?

(日野先生)うん、俺なんだよ。

(犬木先生)ああ、そっかあ、なるほどね。じゃあ、自分語りみたいなみたいな感じで、ホラーと怪奇の世界をやってたんですね。

(日野先生)そうそう。

(犬木先生)知らなかった。そんな形でしたっけ?

(日野先生)そうなんだよ。で、『Mコレクション』のラストは、俺の子供が出てくるんだよ。で、全く自分の自覚がないんだけども「父ちゃん死んでんだよ」って子どもに言われて「俺が?」っていう話になってる。

(犬木先生)ああ、なるほど。

(日野先生)細かいところ忘れちゃったんだけど。自分の似顔絵があるじゃないですか、全く違う絵なんですけど。本当はコピー機に自分の顔をつけて、プリントして、ちょっと書き加えて、実際の顔を出したっていうのがラストなんですよ。

(犬木先生)なるほどねー。いろいろ実験をやったんですね。昔は正直言って、ホラーブームで波に乗って売れてたりすると、結構好きな事やらせてくれたりしたんです。だから、そういう冒険的な事が、出来たりしたんですけれどねー。

――犬木先生は、自分の作品で好きな作品とか思い入れのあるキャラクターはいらっしゃいますか?

(犬木先生)そうですね、キャラクターでいったら、好きっていうよりも1番最初にヒットして、それで一気にバーッと広がったという意味で、『不思議のたたりちゃん』のたたりちゃんですね。実は、あれは結局、私の分身なんですよ。本当に子供のころの私で、今でもああいうちょっと、内面というか性格的なものがあんな感じですっていう。だから、付き合っている人には、結構バレちゃうと思う。キャラクターとして好きなのは、やっぱり不気田君ですねー。

――不気田君ですねー。個人的には『かなえられた願い』の悪魔も可愛くて好きです。

(犬木先生)ありがとうございます。そうですね、作品でいうとやっぱり、一番最初の初期の『かなえられた願い』とか『暗闇童話集』とかっていう短編集。やっぱり、エドガー・アラン・ポーとか星新一とかそういうのに凄く憧れてたんで、ああいうのが好きですね。日野先生もそのへんは同じだと思います。

――2人がお互いに影響を受けた部分などはありますか。

(日野先生)当然ありますね。特に私のほうが。

(犬木先生)やっぱり。途中入ってましたね、かなり。みんな入ってましたけどね、あの頃は。結構、ホラー漫画家何人かとすごく仲良くなって集まったりしてたんですけど、不思議なもので、やっぱりみんなちょっと寄ってきてましたね。

――へぇ。やっぱり先生が同世代に活躍された方々というと、『惨劇館』で有名な御茶漬海苔先生とか、『うずまき』の伊藤潤二先生ですか?

(犬木先生)そうですね。伊藤先生は、ちょっと遅れて出てくるんですけど。伊藤先生は、既にデビューもされてたんですけれども、私がばーっと色々ばら撒いた雑誌のブームには乗らないで、じっくりと「朝日ソノラマ」という雑誌でじっくり毎月24ページずつ書いていました。私はほら、あっちでもこっちで連載やってたんで、ぶわーっと波が来ましたけど。伊藤先生がブームになるのは、だから、そのあとぐらいじゃないですかね、やっぱり。そのへんはやっぱりじっくり描いて、自分を崩さずっていうふうに伊藤先生はやられてたから、賢いなあって私は思いますね。でも「誰かがブームの火付け役をやらないと、ホラーのジャンル誌ってどんなに頑張っても10万部以上いかないんだよね」っていうのを1番最初に言われて、それをどうやって打破するかっていうのが、すごく勝手に私の中であったんで。で、若いのもあって、勝手に突っ走ってました。

>次ページ「俺とあなたとはコインの裏表みたいにどっかでつながってる」



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる