» page top
top

イノベーションの力で渋谷エリアに新しい書店の形を提案する。 BOOK LAB TOKYO代表、鶴田浩之さん
2016年8月31日


2016年6月25日、渋谷道玄坂にひとつの書店がオープンした。25歳の起業家、鶴田浩之氏が率いるスタートアップ企業「Labit」が手掛けた「BOOK LAB TOKYO」だ。約1万冊の書籍が揃えられ、カフェスペースも併設されている。同書店は、クラウドファンディングで開店資金の一部を調達した。
今回は、そんな「BOOK LAB TOKYO」の代表の鶴田浩之氏に「BOOK LAB TOKYO」のコンセプトやこだわり、さらに現在開発中という古本専用のフリマアプリ「ブクマ!」について語っていただきました。

1-1

きっかけは消費することを促されている違和感

――「BOOK LAB TOKYO」を始めたきっかけを教えてください。

鶴田 きっかけは、私がお世話になっている個人投資家方との会話の中で生まれました。その方は、今までに100社以上ベンチャー企業に投資をされているのですが、投資以外で「何か、若い人たちやクリエイターの役に立てることないかな?」と相談を受けたんです。その時に私の中でふと出てきたのが、「書店なんてどうですか?」という言葉でした。

―― 元々書店を運営してみたかったのですか?

鶴田 いいえ。ただ私自身、本が好きということや、過去に『PRAY FOR JAPAN – 3.11 世界中が祈りはじめた日』という本を出版したことが影響しています。きっかけとして一番大きかったのは、私がさまざまな本屋さんへ足を運ぶ中で、その書店からライフスタイルを押し付けられているというか、消費することを促されているような違和感を覚えていたことです。

――書店さんからですか?

鶴田 はい。それぞれの書店には書店ごとのコンセプトがあると思うのですが、なんとなくそこから消費させられているという感覚があるんです。僕はずっと「作る」ことを趣味というかライフワークにしてきて、それが仕事にもなっているので、その「作る」ということに重きをおいた本にまみれたいという願望みたいなものがあったからだと思います。

1-2

――渋谷の道玄坂を選んだのはなぜですか?

鶴田 渋谷の道玄坂というエリアは、かつて「シリコンバレー」になぞられて「ビットバレー」と呼ばれていたのですが、最近再開発が進んで以前とは違った新しいエネルギーが出てきているなぁと感じでいたんです。そんな中、今年の3月になっていい物件が見つかったという連絡を受けて、この物件に決めました。

―― 店内のインテリアや空間デザインみたいなところも、こだわっていますよね?

鶴田 そうですね。「Labit」のオフィスデザインを担当していただいた、トレイルヘッズの山口陽平さんという方に、全体のコーディネートをお願いしました。店内にはバリスタもいるのですが、その方も山口さんに紹介していただきました。

>次ページ「「コンセプト書店」、「イベントスペース」、「妥協しないコーヒースタンド」の3本柱」



過去記事はこちら!

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる

「テレビゲームを一生懸命やっていれば、褒め称えられる世界になってほしい」国内eスポーツの第一人者・筧誠一郎氏の想い

ReIMG_4316
昨今、「eスポーツ」という言葉を耳にする機会が増えていますが、なぜ「テレビゲーム」が「eスポーツ」と呼ばれているのか疑問を持たれているかたも多いと思います。そのような疑問について、日本のeスポーツ第一人者である筧誠一郎さんにお話をお伺いしました。...(2018年08月30日) >もっとみる