» page top
top

イノベーションの力で渋谷エリアに新しい書店の形を提案する。 BOOK LAB TOKYO代表、鶴田浩之さん
2016年8月31日


3-1

クラウドファンディングで開店資金集め。

――「BOOK LAB TOKYO」の開業資金をクラウドファンディングで集められたそうですが、クラウドファンディングを使った理由やそこで大変だったことはありますか?

鶴田 最近、世の中的にはこのクラウドファンディングという仕組みを使うことが当たり前になってきていると思います。自分とってもクラウドファンディングが身近な存在だったので、大変だったということは特にないですね。

―― いざ募集してもお金を集めるのって大変ですよね?

鶴田 プロジェクトを行うためにどういう努力をしているのか、そのプロジェクト自体への情熱や熱意がどのくらいあるかとか、そういうことが重要だと思います。
「BOOK LAB TOKYO」はローカルビジネス、ローカル店舗なので、どうしても渋谷界隈の人しか支援するメリットがないという欠点があります。そういう意味では集めにくいかなと少し感じてはいました。
その欠点を克服するために、募集の途中から全国にコーヒー豆をブレンドして作って発送しますというリターンを設けたら、そういう枠でも募集が集まりました。

3-13-2
※画像はAppStoreより

本に特化したフリーマーケットで古本の流通に革命を起こす!

―― 本のフリマのアプリとして「ブクマ!」というサービスをリリースするとお伺い致しました。こちらのサービス詳細やコンセプトを教えて貰えればと思います。

鶴田 「BOOK LAB TOKYO」は、新刊の書籍を販売する書店ですけど、「ブクマ!」は古本の流通に革命を起こすというのが目的の本に特化したフリーマーケットサービスです。「ブクマ!」では、バーコードを読み取ると該当の本が出るようにして、定価を設定するだけで出品できる仕組みになっています。
早ければ、10秒で出品できるわけです。これなら、家に眠っているもう読まない本とかをたくさんスキャンして、1人あたり30冊以上出品するお客様も、もしかしたら出てくるかもしれないと思っています。
出品が増えると流通する冊数が、国内の本のサービスの中で一番多くなるだろうと思っています。そのことによって商品が探しやすくなり、本の二次流通の可視化というものができると考えています。

―― 出版業界からすごい反響を呼びそうですね。

鶴田 そうですね。普通のエンドユーザーの方にいっぱい認知してもらいたいので、今いろいろな施策を考えています。最終的に「古本売るならこのアプリで」というのを目指しています。なので、町の古本屋さんにも呼びかけて大口の出品者として参加してもらうとも考えています。スマートフォンだけあれば導入できるので、町の古本屋さん1件でも導入してくれたら5,000冊とか1万冊とか流通する本も増えてくると思います。

>次ページ「「BOOK LAB TOKYO」はお客様との体験の中で作られていくお店」



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる