» page top
inochibujpg

人気シリーズ『花鳥風月シリーズ』が初の電子書籍化!!綾崎隼先生が明かす裏側事情
2017年2月3日


 

akatohaiiro1aotomusyoku

恋愛小説としてだけでも楽しめる作品になっていることが「恋愛ミステリー」の条件

―― 先生はいわゆる「恋愛ミステリー」というジャンルの作品ですが、先生の中で「恋愛ミステリー」とはどういった内容のものを指しているとお考えでしょうか。よろしければ、作品名なども挙げて教えて頂ければと存じます。
また、先生の作品が「恋愛ミステリー」というジャンルに分類されることについて先生ご自身がどう感じられているのかも合わせてお伺いできればと存じます。

綾崎 もう七年前の話になりますが、デビュー直後、『蒼空時雨』に対して頂いた感想の中で「恋愛ミステリー」の文言を発見しました。それまで、少なくとも私は「恋愛ミステリー」という言葉を聞いたことがありませんでしたし、ジャンルとして存在を意識したこともありませんでした。以前から、あった言葉だったのでしょうか。ただ、その時、自分の作品を評する言葉として、ぴったりだと思って、「恋愛ミステリー」の文言を宣伝文に入れて欲しいと、自分から担当編集に伝えたことを記憶しています。なので、このジャンルに分類されることは、望むところですし、嬉しいです。

―― 確かにあまり「恋愛ミステリー」という言葉は聞きませんね。宣伝文に「恋愛ミステリー」と入るようになったのは、まさに読者の方の感想だったんです。先生は「恋愛ミステリー」というジャンルはどういった内容が分類されると考えますか。

綾崎 私の作品として、本格ミステリーを書くという意識で挑戦した『赤と灰色のサクリファイス』のような物語もありますが、基本的には、恋愛小説が土台としてあって、そこに広義のミステリー要素を含めた作品が、「恋愛ミステリー」というジャンルなのかなと考えています。『サクリファイス』には、フーダニットというミステリー的な主題が根幹にありますが、最後まで読んでもらえば分かる通り、実は恋の仕掛けもまた重要な主題となっています。
大前提として、恋愛小説としてだけでも楽しめる作品になっていることが「恋愛ミステリー」の条件と言うか、私はそういう意識で書いています。ミステリー的な仕掛けのせいで、人間関係や登場人物の行動に無理が出たり、心情が犠牲になるようでは、本末転倒だと思うんです。登場人物たちのための物語が読みたいし、私は書きたいです。

>次ページ「投稿をはじめた根幹の動機は自分が書き続けるため」



過去記事はこちら!

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる

「テレビゲームを一生懸命やっていれば、褒め称えられる世界になってほしい」国内eスポーツの第一人者・筧誠一郎氏の想い

ReIMG_4316
昨今、「eスポーツ」という言葉を耳にする機会が増えていますが、なぜ「テレビゲーム」が「eスポーツ」と呼ばれているのか疑問を持たれているかたも多いと思います。そのような疑問について、日本のeスポーツ第一人者である筧誠一郎さんにお話をお伺いしました。...(2018年08月30日) >もっとみる

マンガビジネスはどう転換していけばいいのか?『マンガ雑誌は死んだ。で、どうなるの?』著者・飯田一史さんに聞く

アイキャッチのコピー
 2017年、コミックスの売上は、紙が1666億円、電子が1711億円となり、ついに電子の売上が紙を越えた。またマンガ雑誌の売上は1995年をピークに当時の3割未満に落ち込んでいる。その状況を横目にマンガアプリが浸透し、次々と大ヒット作品が生まれている。...(2018年08月24日) >もっとみる

連ドラ初主演の松本穂香に聞く、「この世界の片隅に」で感じてほしいこと

IMG_3981のコピー
 7月からTBSの日曜劇場枠で放送される「この世界の片隅に」。こうの史代の同名コミックは累計120万部を突破し、2016年に劇場版アニメとして上映され注目を浴びたのは記憶に新しい。戦時中の広島県呉市を舞台に、暗くなっていく世の中に負けずに前を向いて生きる女性の姿を描いた作品だ。...(2018年07月13日) >もっとみる