» page top
satozaki eyecatch画像

【出版記念インタビュー】元プロ野球選手・里崎智也氏に聞く’’里崎流エリートの倒し方’’
2017年3月3日


satozaki 4

週刊少年マガジンで連載している「●●」という野球マンガが好き!

―――里崎さんは、マンガをよく読まれているとお伺いしました。好きな作品や理由をお伺いできますか?

里崎 現在、週刊少年マガジンで連載している『8月アウトロー』という野球マンガが好きです。少年マガジンではもう一つ『ダイヤのA(エース) 』という野球マンガがありますが、これはある程度ストーリー展開も固まっているので、個人的には『8月アウトロー』のほうがおもしろいです。あとは、週刊少年サンデーで連載している『声優とアクト』も好きで毎回楽しみにしていますし、『MAJOR 2nd』も、前シリーズの『MAJOR』から読んでいたので、引き続き読んでいます。
単行本だと、『土竜の唄』と『キン肉マン』は好きで読んでいます。週刊誌に連載していないマンガは、単行本を買わないと続きが分からないので買って読んでいます。なので、週刊誌に連載しているマンガは単行本では買わないです。あと、僕が小さいころ読んでいた『名門!第三野球部』と『おはようKジロー』も好きですね。

―――マンガは週刊誌と単行本で読まれているとお伺いしましたが、現在ではスマートフォンなどでもマンガを読めます。アプリ等を使って読まれたことはありますか?

里崎 「マガジンポケット」を利用して読んでいます。というのも、元々本誌で読んでいたマンガがそのアプリに移行することがあり、その作品の続きを読むだけですね。ですので、電子書籍のストアで購入してマンガを読むことはないですね。

satozaki 5

今までにない選択肢’’を見つけることができる本

―――3月1日に発売されます『エリートの倒し方 ~天才じゃなくても世界一になれる僕の思考術50』インタビュー記事を読んでいる読者へ向けてメッセージをお願いします。

里崎 エリートの倒し方 ~天才じゃなくても世界一になれる僕の思考術50』は、今までにない選択肢を見つけることができる本だと思います。まずは、その選択肢を知ることが重要だと思いますし、その選択肢を取捨選択するのは読者次第だと思います。読んでみて何か使える術があれば使って欲しいですし、考える選択肢を増やす機会だと思って読んでもらえればと思います。
スポーツ畑出身の僕が、いきなり全然畑の違うビジネス本を書くことで、今までとは違った視点の新しい内容のものが書かれていると思うので、何かにトライする材料にして貰いたいなと思います。

・里崎智也(さとざき・ともや)
1976年徳島県出身。1998年ドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団。2005年、2010年の日本一の立役者としてチームに貢献。2006年にはWBC日本代表に選出され、正捕手として世界一に貢献、ベストナインにも選出。2014年9月28日、対オリックス戦を最後に現役生活から退く。2014年の引退後は、野球解説者やキャスターとして幅広く活躍。今年、3月1日には2年ぶりとなる著書『エリートの倒し方 ~天才じゃなくても世界一になれる僕の思考術50』を発売した。

里崎智也さん新刊情報

里崎書影

<内容紹介>
日本一、世界一を経験した元千葉ロッテマリーンズの正捕手、里崎智也氏が初のビジネス書を出版する本作。
どうしたら、”エリート”と呼ばれる才能ある人間を追い抜くことができるのか。そのためには、今の自分には何が足りないのか、どうしなければいけないかというような、ビジネス書でありながらも、若い社会人の方や成長志向の方に読んで頂きたい著書である。
『小さなこだわりは捨てろ』、『何か一つ小さなことを極めろ』など、本作を読めば、成長するためのエッセンスや学びを多く吸収することができると言える著書である。新しいステージに進む多くの方にオススメしたい本作です。



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる