» page top
書影_R

「このマンガがすごい!2017」のオンナ編第1位&「マンガ大賞2017」第2位で大注目の『金の国 水の国』作者・岩本ナオ先生に迫る
2017年4月28日


マロニエ扉2+.indd
取材のために行ったというスペインの古城の絵

実は先日、取材でスペインのお城に行ってきました!

―― 話は変わりまして、岩本先生がまんが家を目指したきっかけについて教えてください。

岩本 昔からまんがが好きで、小学3年生ぐらいの時にまんが家になりたいなと思って、そのまま来ちゃった感じです。

―― 実際に描き始めたのっていつぐらいだったか覚えていますか?

岩本 最初に24ページのまんがを1本、作画して、ペン入れして、全部仕上げたのが大学生ぐらいの時ですかね。

―― それ以前に遊びとかでまんがを描いたり、絵を描いたりしたことはありましたか?

岩本 ちょいちょいですね。絵は小学3年生ぐらいの時からずっと描いていました。中学校の時にノートにコマを割って、まんがを描くみたいな事はしていました。6ページとか、そんなに長くはなかったですが。

―― そうなんですね。小さい頃からまんがを読まれていたというお話もありましたが、どんな作品を読まれていましたか?

岩本 「週刊少年マガジン」で塀内夏子先生が連載されていた『オフサイド』です。中学生のときはずっと「マガジン」を読んでいました。弟がいたので、小学生の時は「コロコロコミック」や「ジャンプ」を読んでいたのですが、塀内先生に出会ってからは「マガジン」をずっと読んでいました。「ジャンプ」はまさに黄金期で高校生のときは『スラムダンク』が流行っていました。
少女まんがでは、田村由美先生、西炯子先生や清水玲子先生の作品を読んでいました。

―― それではかなり幅広く読まれていたんですね。ファンタジーを描くきっかけはなんだったんですか?

岩本 スタンダードな学園恋愛ものとかは、あんまり読んできてなくって。やっぱり、田村先生の『BASARA』とか、ちょっと現代ではないみたいなものを読む方が多かったですね。きっかけとしてはあまりはっきりしませんが、読んできたのが学園恋愛ものではなかったというのが大きいですかね。
思い返すと、小学生ぐらいから萩尾望都先生の作品を読んでいて、ヨーロッパ風の絵が多くて、子供心に「ヨーロッパは良い」みたいなのが植え付けられたのはあります。後は大学生ぐらいの時に、イギリスのアーサー・ラッカムなどの挿絵画家の作品にハマってしまったことがあって、そこからウォーターハウスなどの中世の絵を描く人の作品を観ていく中で、こういう絵はいいなって思ってからその世界への憧れが強くなりました。で、今こういうのを描き始めちゃったみたいな感じです。

マリーン
岩本先生が興奮された、萩尾望都『ゴールデンライラック』より「マリーン」のワンシーン

――萩尾先生も「月刊フラワーズ」で『ポーの一族』の連載を再開しましたが、印象に残っている作品とかありますか?

岩本 正直、『ポーの一族』と一緒の雑誌に掲載できたので、頂点取ったなって(笑)。もういつ辞めてもいいわって気分です。
作品だと『ゴールデンライラック』という短編集の中に入っている「マリーン」という作品ですね。(「マリーン」の作中の絵をみながら)この絵が美しいんですよ!これぞ萩尾先生っていう感じの絵で。

―― やはり絵に惹かれて入られた感じですか?

岩本 絵からですね。で、それを模写する。そういえば、さいとうちほ先生も萩尾先生の絵を見ながら描いていたとおっしゃられてました。

―― ヨーロッパの話が出たのですが、ヨーロッパも結構行かれたりするんですか?

岩本 学生のときに親戚のおばちゃんに連れて行ってもらったぐらいだったのですが、……実は先日約20年ぶりにヨーロッパに行って、今連載している『マロニエ王国の七人の騎士』のお城を観てきました。スペインの田舎にあるお城です。

―― このお城は行く前から知っていたのですか?

岩本 いいお城ないかなと思って、写真を検索していたところ見つけた感じです。あまり取材旅行をしたことはないのですが、ジブリの『千と千尋の神隠し』がたまたま放映されていたのを観て、やはりいい作品を作りたいなら現地に実物を見に行かないとダメだなと思って、すぐに編集の方にお願いしました。

―― この取材に行かれた際のエピソードなどあれば教えてください。

岩本 すごい旅でした。まず、旅のコーディネーターさんに田舎の方に2ヶ所行きたいと言ったら、上級者コースですと言われて。その2つがすごく離れていて、調べたら車で5、6時間あれば行けると思ってたんです。で、それをコーディネーターさんに話したら、ピレネー山脈があるから無理だと。ピレネー山脈を車で越えたら死にますと(笑)。

編集 先生と二人で「誰だよ、車で越えられるって言ったのは」って言いながら、ピレネー山脈は避けたんです(笑)。

岩本 実際、飛行機からピレネー山脈を見たら、これは無理だなってなりました(笑)。
お城の話に戻るのですが、このお城は中がホテルになっていて泊まれるんですよ。

―― 宿泊できるんですか?もちろん、泊まったと。

岩本 泊まりました。駅に着いたら、もう目の前に城があるんですよ。田舎だし、駅から遠かったらどうしようみたいな感じだったんですけど、この駅が無人駅で改札もない駅だったんです。で、降りると目の前にお城なんですけど、誰もいない(笑)。

―― 実際に行かれてイメージも湧き、今後のエピソードなども浮かばれたのかと思うのですが、実際に宿泊してみてどうでしたか?

岩本 夜明けとかすごい鳥の声とかが聞こえるんです。ピチピチピチピチって。なんかほんとに他に音がするものがない中世にいるみたいな感じでした。宿泊した以外の部屋も見せてもらったのですが、部屋の中に普通に暖炉があったり、石作りの壁があったり、糸車が置いてあって、ベッドの周りは天蓋付きでと、本当に萩尾先生の世界がそのまんま出てきた感じでした。

編集 先生は非常に取材熱心で、ご飯も食べずに、朝から晩までずっと動画や写真を撮っていました。

>次ページ「若いイケメンをたくさん描きたくて始まった『マロニエ王国の七人の騎士』」



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる