» page top
書影_R

「このマンガがすごい!2017」のオンナ編第1位&「マンガ大賞2017」第2位で大注目の『金の国 水の国』作者・岩本ナオ先生に迫る
2017年4月28日


マロニエ場面写切り抜きのコピー
『マロニエ王国の七人の騎士』の七人兄弟

若いイケメンをたくさん描きたくて始まった『マロニエ王国の七人の騎士』

―― その取材が活かされるのが、現在連載中の『マロニエ王国の七人の騎士』ですが、こちらについてもお伺いさせてください。この作品はどういった経緯で始まったのでしょうか。

岩本 これも『金の国 水の国』と同様に「読み切りを描いてください。」って言われて、すぐ描けるファンタジーを描いたら案の定長くなってしまったという感じです。そもそも、前作におじさんばかり描いて、それが嫌になって若いイケメンを描きたいなと。で、イケメンを7人ぐらいだしておけばいいかなと。まぁ、7人も出したら終わらないですよね(笑)。

―― 7人の設定は深い意味があったりしたのではなくて?

岩本 まぁ、5人以上出そうと思って、7人になった感じです。なので、設定などは後付けの要素が強いです。

編集 担当としては、岩本先生の新連載であれば表紙と巻頭カラー、特集をドーンとやりたかったのですが、読み切りということだったので、巻中カラーで掲載枠を取っていました。そうしたら、話が終わらず連載になってしまって、前回同様にひっそりと新連載が始まるという…

―― まんま前作と同じパターン(笑)。

編集 ただ、読み切りの予告を載せたいのでタイトルを教えて下さいと連絡したら、このガチファンタジーなタイトルが来たので「これは大作になるわ!」って瞬間に思いました。

―― 編集担当としては、もう大作の予感がしたと。タイトルにある「マロニエ」ってセイヨウトチノキという木なのですが、先生はそもそもこの木をご存知だったのですか?

岩本 木自体は知っていました。ただ特に意味はなくて、いくつかの候補の中からマロニエが一番落ち着くなという感じで決まりました。

キャラ紹介
『マロニエ王国の七人の騎士』の七人兄弟と名前。

―― では、登場人物7人と同じように上手くハメ込んだ感じですね。7人の名前が「眠くない」とか「博愛」、「暑がりや」などとなっていますが…

岩本 いや、読み切りだと思っていたので、適当につけてます。適当につけているので、週に2回くらい後悔しています。変な名前付けちゃったなって。

―― この名前はそれぞれが訪問する国と逆になっています。例えば、「眠くない」が訪れるのは「夜の長い国」です。この設定も名前ありき?

岩本 そうですね。なので、今、すごく困っていますね。読み切りの予定で、ちょいちょい出て、すぐ終わる予定だったので。
今、それぞれの国のモデルとなる国の資料を集めるのに必死です。例えば、夜の長い国だと北欧のイメージですので、白夜の資料をという感じです。

――この作品でやりたいことなどありますか?

岩本 色々な風景を描きたいなっていうのと、ものすごくエンタメで行きたいなっていう事です。あとは、今まで全然ラブシーンを描いた事がないので、めちゃくちゃイチャイチャする漫画を描きたいなと思っています。

―― 現在はマロニエ王国のお姫様と新しく出てきた黒髪のエレオノーラだけですが、これから女性がもっと増えてくると。

岩本 はい。今回はさいとうちほ先生を目指しているので(笑)。一巻の発売日も決まっていて、2017年8月10日の予定なので、よろしくお願いします。

―― 最後に先生のファンや読者の方々に一言いただければと思います。

岩本 『金の国 水の国』が2年半ぶりの単行本で、気長に待っていてくれた方も沢山いらっしゃったのと、この作品から読み始めてくれた方も結構いらっしゃるみたいで、本当に大変ありがたいなと思っています。これからも気長に待っていてくれたら嬉しいなと思います。

岩本ナオ(いわもと・なお)
岩本ナオアイキャッチ1月10日生まれ、岡山県出身。月刊flowers 2004年5月号『その彼女の存在』でデビュー。
『町でうわさの天狗の子』で第55回小学館漫画賞 受賞。
『金の国 水の国』は[このマンガがすごい!2017オンナ編] 第1位を受賞した。
現在、月刊flowersで『マロニエ王国の七人の騎士』を連載中。

●「金の国 水の国」第1話試し読みはこちら
●「金の国 水の国」購入ページはこちら
●「マロニエ王国の七人の騎士」第1話試し読みはこちら

★★★岩本ナオ先生のサイン色紙をプレゼント!!★★★
今回の岩本ナオ先生のインタビュー記事を読んでくれた方の中から岩本先生直筆のサイン色紙を抽選で1名様にプレゼント!!

こちらの企画は終了致しました!



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる