» page top
cover_kinnei

『ヲタ夫婦』の著者 藍先生が語るアイドルヲタクの結婚”トリセツ”
2017年8月4日


自分が漫画家として将来どうなりたいかを考えられる作家さんでないと生き残りづらい

―― 現在、GANMA!以外にもマンガBANG!やcomico(コミコ)などコミック読み放題サイトが数多く存在していますよね。当時の環境と比べてどのように感じますか?

藍:私はアプリ漫画でデビューして以来、そのフィールドを主戦場としてやれていることは運の良い事だなと思っています。アプリで漫画を読む人と紙書籍の漫画を読む人では、お金を払う感覚に大きな隔たりがあって、なかなかそれを超えられないという話はすごく聞きます。
アプリ漫画は基本的に無料なので、学生さんなどの若い方や主婦の方が暇潰しで読むケースが多いそうで、その読者層が熱狂的にお金を出したくなるようなコンテンツにアプリ発の漫画を育てることに関しては、まだ誰も成功していないように感じます。
私の場合は特殊で、アイドルという軸があったので、アイドルに関連したお仕事を頂く場合もあったり、アプリ漫画以外で活動する場を頂く機会が多くあったので、アイドルという専門性に助けられました。アプリ漫画やWebマンガ出身としては、自分が将来どう生計をたてられるのか、編集さんや仕事で出会うと大人たちと対等に交渉ができるか、新しいプラットフォームや価値観をどう作品に取り込めるか、ビジネスマンとしての視点をもって考えられないと生き残りづらいなと感じます。だから、作家自身が無料公開する事を思考停止で有り難がってては駄目だし、そこからどうやって自分が生き残れる価値を生み出せるか、シビアに考える必要があると思います。フリーライダーの読者数やPV数にとらわれがちですが、作家として自分はどんな価値を人に与えられるのか、気をつけて生きています。

―― 藍先生ご自身は、電子書籍で読書はされますか? 電子書籍を使うきっかけや理由、こだわりを教えてください。

藍:私は両方の楽しい所だけを取って読んでいますね。ビジネス書や小説はKindleでよく買ってます。他にはLINE漫画を使って『進撃の巨人』(著=諫山創)をめっちゃ読んでいます。ニコニコ静画でも、好きな古めの少女漫画家さんの作品がたまにあるので、みつけては読んでいます。なぜ電子書籍かというとCD以外のモノを物理的に積むスペースがないからです。一方で、オードリー若林さんの本はいつも紙書籍で買っています。推しごとに感覚が近いからかもしれません。
ヲタ夫も漫画好きで、毎週、『週刊少年ジャンプ』(集英社)と『週刊少年マガジン』(講談社)と『週刊ヤングマガジン』(講談社)を買っています(笑)。最近では、そういう人は少なくなってきていますよね。

次ページ>ヲタクの妻みたいなポジションを妻視点で描いている作品が無かった



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる