» page top
cover_kinnei

『ヲタ夫婦』の著者 藍先生が語るアイドルヲタクの結婚”トリセツ”
2017年8月4日


次はヲタクやアイドルの関係者が元気になるような話を描きたい

―― 今後、漫画を描くテーマは、やはりアイドルものなのでしょうか?

藍:編集さんからのリクエスト次第ですが、アイドルものになると思います。
今描きたいのは、ヲタクやアイドルの関係者が元気になるような話です。「もうアイドルブームって終わっているんでしょ?」とか、「アイドルヲタクってみんな気持ち悪くてかわいそうな独身男性なんでしょ」という人もいっぱいいるし、それによって疲れてるヲタクもたくさんいるので、そういう人たちが元気になるような話を描きたいです。

―― アイドル以外の題材で、描きたいジャンルやテーマを教えてください。

藍:もし描くなら照明さんにスポットをあてた漫画を描きたいです。取材としてアカリセンターさんに行ってみたいのと、未だにそのような漫画が無いと思うので。昔からずっと興味があって、最近はプロジェクションマッピングやレーザーポイントのような技術が発展しているのに、その技術を支える裏方のことを知っている人はほとんどいないので、面白そうかなと。照明さんと演者さんとの間接的な関わりとか動く感情の機微や、そもそもどういう人なのかを知りたいです。

―― 最後にこのインタビューをご覧の方を含め「ヲタ夫婦」のファンの方にメッセージをお願いします。

藍:まず男性の読者の方ですが、独身の方がヲタクは、はかどります(笑)。女性の読者の方には、夫や彼がヲタクで困ったときは、『ヲタ夫婦』を読むと、「下には下がいるんだ」という気持ちになれるので、すごく癒やされるかもしれません。奥様のアイドルヲタクへの耐性をつけるのには、ぴったりなので、ぜひ手にとってみてください。

※藍(あい)
地下アイドル好きの漫画家。夫は元研究員(※アイドルグループ「BiS」のファンの呼称)。代表作「ミリオンドール」はTOKYO-MXで2015年にアニメ化された。「藍さんの芸能音楽研究部」にてトークイベントを主催中。

■藍先生 新刊情報

wotafufu<内容紹介>

女性アイドル好きなマンガ家・藍さんが、ガチのアイドルヲタクの旦那さん・ヲタ夫と付き合って結婚するまでを描くエッセイマンガ。アイドルヲタク同士な2人の温度差が縮まる日は来るのか? 「cakes」連載中の人気実話エッセイコミックが加筆・書き下ろしを加え、待望の書籍化!
元BiSで、現在はBILLIE IDLE®として活躍する、ファーストサマーウイカとの特別対談も収録。

 

この本を購入する

■連載情報

●隔週水曜日更新 『ヲタ夫婦』 cakesにて連載(https://cakes.mu/series/3704)

■藍先生×アイドルプロジェクト

長崎のアイドルミルクセーキと藍先生のコラボプロジェクト!!

ミルクセーキの新曲のMVをイラストを藍先生が担当!楽曲も次第順次、配信予定


詳細はこちらから

■藍先生 公式サイト

公式HP :  http://indigo-products.com/
公式Twitter :  @ai_indigopro

 

★藍先生インタビュー記念2大プレゼントキャンペーン!!

今回は藍先生の直筆サイン入り色紙1枚『ヲタ夫婦』特別限定カバーをそれぞれ1名の方にプレゼント致します!

●プレゼント応募方法
電子書籍ランキング.comのTwitterアカウント(@densyoranking)をフォローの上、下記応募ボタンを押してツイートしてくれた方の中から抽選で、それぞれ1名様プレゼントさせていただきます。

●応募期間
2017年8月4日(金)~8月31日(木)

●当選発表
当選者の方には、電子書籍ランキング.com公式Twitter(@densyoranking)のアカウントより、ダイレクトメッセージ(DM)でご連絡いたします。

●藍先生直筆サイン入り色紙

ヲタ夫婦

 

 

 

 

 

 

藍先生直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンに応募する!

●『ヲタ夫婦』特別限定カバー

ヲタ夫婦カバー

 

 

 

 

 

 

『ヲタ夫婦』特別限定カバープレゼントキャンペーンに応募する!

 

関連記事一覧

【Bookイズム 第二十回】漫画家 藍

bnr_komikado003



過去記事はこちら!

「映画には人生を変える力がある」『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』前田哲監督インタビュー

20181130_155606
講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、今月28日(金)に公開されます。本作は、筋ジストロフィー症を患っている主人公・鹿野靖明と鹿野さんを支えるボランティアの克明な記録とともに「生きる」とはど...(2018年12月26日) >もっとみる

本は日用品 『本屋の新井』の著者・新井見枝香さんの哲学

unnamed
 「新井さんがプッシュした本はヒットする!」という都市伝説(?)もあるほどのカリスマ書店員が三省堂書店にはいる。それが今回『本屋の新井』を出版した新井見枝香さんだ。 本を読む人が減り、書店も年々減り続ける状況のなか、それをもろともせず、独自のアイディアで本を売り、テレビやラジオなど...(2018年11月16日) >もっとみる

ラブコメ王・瀬尾公治先生が描く少年漫画編集部の熱い現場が舞台の『ヒットマン』

51W+hCWmhzL (1)
 『涼風』、『君のいる町』、『風夏』と3作連続アニメ化され、ラブコメ王ともいえる瀬尾公治先生。  今回は、最新作で新人編集者♂と新人マンガ家♀が少年漫画編集部を舞台に週刊20Pに命を懸ける情熱を描いた『ヒットマン』が10月17日に発売された。...(2018年10月29日) >もっとみる

どうして目がよくなると若返るの? 著者・日比野佐和子先生と、監修・林田康隆先生に聞いてみた

4
  関連記事一覧【立ち読み連載】日比野佐和子先生の新刊『目がよくなると 10歳若返る』 ←毎日17時更新!!//   10月に発行されたゴマブックスの新刊『目がよくなると、10歳若返る』。この本の著者である日比野佐和子先生は、『眼トレ』をはじめ累計55万部を超える著書のほか、アンチエイジング専門医としてテレ...(2018年10月25日) >もっとみる

直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い

IMG_4328(I)のコピー
今回は芥川賞に4回、直木賞に2回ノミネートされ、第159回直木賞が念願の受賞となった島本理生さんです。 受賞作の『ファーストラヴ』は、ある事件をきっかけに見えてきた家族間の闇に迫るミステリー風の作品となっている。 電子書籍ランキング.comでは、受賞した思いから作品への思いまでをお伺いしました。...(2018年09月28日) >もっとみる